日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

注目のニュース

生産局長賞にJA今金町など3経営を選賞=農業電化推進コンクール

 (一社)農業電化協会はこのほど、令和元年度農業電化推進コンクールの、大賞=生産局長賞3経営と、農業電化協会長表彰4経営を決定した。同コンクールは、農業電化による効率的な経営や、省エネルギー技術の向上・改善に対し、意欲的に取り組み地域発展に貢献した農業者を表彰するもので、今年は新型コロナウイルス感染症対策のため表彰式は開催せず、各地区事務局から表彰状を伝達した。生産局長賞受賞者と取り組み内容は次のとおり。  ▽北海道・今金町農業協同組合(馬鈴薯保管倉庫への緑化防止用LED照明の採用)、▽大阪・㈱しものファーム(農業電化を活用した施設による軟弱野菜の周年専作における、栽培の省力化と生産物の均質...

中家会長、金原・菅野副会長=全中新役員体制

専務に馬場氏、常務に山下氏  JA全中は20日、都内で通常総会を開き、令和元年度事業報告・決算等の承認を得るとともに、役員の選任を行い、代表理事会長に中家徹氏(再・和歌山)、副会長理事に金原壽秀(再・佐賀)、菅野孝志(新・福島)の両氏を選任して、新執行体制がスタートした。  学識経験者の理事では、専務理事に馬場利彦氏(日本協同組合連携機構代表理事専務)、常務理事に山下富徳氏(全中総務企画部長)を新たに選任した。比嘉政浩専務理事、金井健常務理事は退任。比嘉氏は同日付で日本協同組合連携機構代表理事専務に就任した。石堂真弘・肱岡弘典・山田秀顕の各常務理事は再任。 ※詳報は日刊アグリ・リサーチに...

ホクレンとカルビーが北海道農産物の振興に向けて連携協定

 ホクレンとカルビー㈱は5日、馬鈴しょ等の北海道産農産物の振興に向けて、流通から商品開発に至る事業全般について協業を進めるため、連携協定を締結した。今回の連携によって、ホクレンと国内最大手のスナック菓子メーカーで馬鈴しょの国内生産量の約17%(6分の1)を使用するカルビーは、共通する事業基盤の強化に取り組む。  カルビーは、2030年に向けた長期ビジョン「Next Calbee 掘りだそう、自然の力。食の未来をつくりだす。」を策定、ビジョン実現に向けた中期経営計画(2020年3月期~24年3月期)に取り組んでいるなか、今回の連携を「中計で掲げる、国産馬鈴しょ調達量40万t体制(19年3月期比...

女優の広瀬すずさんをプロジェクトの推進役に起用

国産農林水産物等販売促進緊急対策の名称を「#元気いただきますプロジェクト」に

 農水省は新型コロナウイルス感染症の拡大による影響が顕著な品目について、販売を促進するために国産農林水産物等販売促進緊急対策を実施しているが、その名称を「#元気いただきますプロジェクト」に決定した。  同プロジェクト事務局が、事業内容の周知や日本の食を担う生産者の声などの紹介、販売促進活動を後押しするキャンペーンの展開などのPR活動を行う。プロジェクトのキャッチコピーは「あなたのひとくちが、ニッポンを元気にする。」。  また、同プロジェクトがより広く認知され、国産農林水産物等の販売が一層促進されることをめざし、「食べること」をモチーフとした親しみのあるデザインのロゴマークを決めた。プロジェ...

農林中央金庫第1四半期決算の経常利益は328億円

 農林中央金庫(奥和登代表理事理事長)は4日、2021年3月期第1四半期(2020年6月末時点)の連結および単体の決算を発表した。  連結決算では、経常利益は前年同期比57・0%減の328億16百万円、純利益は同48・5%減の308億32百万円となった。経常収益は1650億円減の2897億円、経常費用は同1215億円減の2569億円となった。農林中金では、「外貨調達費用の減少等もあり、安定的な収益を確保した」と説明している。連結の総資産は前年度末比4兆2675億円増の109兆7495億円、純資産は同6048億円増の7兆8665億円となった。  また、単体決算では、経常利益は前年同期比47・...

新会長に青江氏(岡山)、新副会長に西沢氏(石川)=JA共済連

新専務に歸山・鹿嶋両常務、新常務に久保田・角野・近藤の3氏  JA共済連は30日、大阪市内で通常総代会を開き、令和元年度決算案件、経営管理委員・監事の選任など5議案が承認された。  総代会後の経営管理委員会で、経営管理委員会会長に青江伯夫氏(新/岡山県厚生連代表理事会長)、経営管理委員会副会長に西沢耕一氏(新/石川・小松市農協代表理事組合長)が選任された。中川泰宏経営管理委員会副会長は再任。市村幸太郎経営管理委員会会長、西一司経営管理委員会副会長は退任した。総代会では、監事に䂖井忠雄氏(弁護士)が新たに選任された。三間真一・曽根健次・加賀尚彦各常勤監事、甘利公人・小松初男両監事は再任。また...

JA全中が8月20日総会に向け全役員候補者を決定

副会長に菅野(福島)・金原(佐賀)両氏、新学経理事に馬場・山下各氏ら  JA全中は30日、役員推薦会議・理事会を開き、代表理事会長候補の中家徹氏(再・和歌山)はじめ全役員候補者を決定した。副会長候補には、菅野孝志(新・福島)、金原壽秀(再・佐賀)の両氏。学識経験者理事候補では、新たに馬場利彦氏(日本協同組合連携機構代表理事専務)、山下富徳氏(全中総務企画部長)が候補となった。比嘉政浩専務、金井健常務は退任となる。8月20日の総会・理事会で正式に選任・決定される。馬場氏が新専務に、山下氏が新常務となる模様で、石堂真弘、肱岡弘典、山田秀顕の各常務は再任される予定。 ※詳報は、日刊アグリ・リサー...

新会長に菅野氏(愛媛)=JA全農

 JA全農は29日、大阪市内で第44回通常総代会を開催、令和元年度事業報告・剰余金処分案、経営管理委員および監事の選任等5議案と付帯決議案、報告事項が承認された。また、総代会後に行われた経営管理委員会・理事会で新たに経営管理委員会会長に菅野幸雄氏(愛媛県)、副会長に高橋正(宮城県)・乗富幸雄(福岡県)両氏、常務理事に山田浩幹氏(秋田県本部長)を選任した。長澤豊会長、大澤憲一副会長、吉見均常務は退任した。新たな監事に北里清和(前ホクレンくみあい飼料㈱代表取締役社長)・永島聡(全農耕種総合対策部長)両氏を選任した。榎本健蔵・大西茂志両監事は退任。 ※「全農決算」「事業概況」「新任者略歴」「菅野会...

会長に山野氏(鹿児島)、副会長に今井氏(新潟)=JA全厚連

 JA全厚連は28日、新大阪ワシントンホテルプラザで第72回通常総会を開催し、令和元年度(第72年度)貸借対照表、損益計算書、剰余金処分案、事業報告、経営管理委員・監事の選任等4議案を承認した。  通常総会の終結をもって、雨宮勇経営管理委員会会長、前田隆経営管理委員会副会長が退任。その後の経営管理委員会で、経営管理委員会会長に山野徹経営管理委員(JA鹿児島県厚生連経営管理委員会会長)、同副会長に今井長司経営管理委員(JA新潟厚生連経営管理委員会会長)を新たに選任、中村純誠代表理事理事長を再任した。  また、今回の役員改選では、厚生事業審議会答申(令和元年12月12日、経営管理委員会決定)に...

会長に八木岡氏(茨城)、東理事長再任=日本文化厚生農業協同組合連合会

 日本文化厚生農業協同組合連合会(文化連)は28日、第72回通常総会・経営管理委員会を開き、任期満了に伴う役員の選任を行い、経営管理委員会会長に八木岡努氏(茨城県厚生連経営管理委員会会長)を新たに選任した。神尾透会長は退任し、顧問に。また、監事に門脇孝氏(三重北農協代表理事組合長)、常勤監事に岡田展也氏(文化連総務企画部長)を新たに選任した。東公敏代表理事理事長、伊藤幸夫・佐治実両常務理事、福田利男代表監事、村上一彦員外監事は再任。  文化連の新役員体制は以下のとおり。  ▽経営管理委員会会長=八木岡努(新・茨城県厚生連経営管理委員会会長)  ▽経営管理委員=菅野孝志(福島県厚生連経営管...

農水省幹部人事〔8月3日付〕

事務次官・枝元氏、官房長・横山氏、経営・光𠮷氏  農水省は、8月3日付で就任する幹部職員の人事異動を7月21日に発表した。  農林水産事務次官に枝元真徹氏(大臣官房長)、大臣官房長に横山紳氏(経営局長)、経営局長に光𠮷一氏(大臣官房総括審議官〔国際〕)が就く。末松広行農林水産事務次官は退任。  江藤農相は21日の定例会見で今回の幹部人事について、「現在、特に大雨について7月いっぱいで農水省として対策をまとめて示さなければいけないこと、新型コロナウイルスが未だ収束に向けた動きには至っていないことを総合的に判断して、これまで執ってきた各局でのリーダーシップが発揮されるような体制の方が望ましい...

7月豪雨を「特定非常災害」に指定=政府

 政府は14日の閣議で、九州などで大きな被害を出した令和2年7月豪雨について「特定非常災害」に指定に関する政令を閣議決定した。  「特定非常災害の被害者の権利利益の保全等を図るための特別措置に関する法律」に基づき、災害時に行政上の権利利益の満了日の延長等に関する各種の特別措置を迅速に発動できるようにしたものであり、大規模な非常災害(特定非常災害)について適用される。適用すべき措置としては、運転免許証等の「行政上の権利利益に係る満了日の延長」や「期限内に履行されなかった義務に係る免責」、「債務超過を理由とする法人の破産手続開始の決定の特例」などがあり、具体的な内容は各省庁が告示する。  また...

JA全農と農林中金がファミマへの資本参加で伊藤忠と基本契約書を締結

国産農畜産物の新たな物流・販売チャネル構築めざす  JA全農と農林中金は8日、伊藤忠商事㈱との間で、伊藤忠がその子会社を通じて、㈱ファミリーマート(以下「ファミマ」)を対象とした株式公開買付けを含む非公開化取引(以下「本件取引」)を開始するにあたり、本件取引完了を条件に、全農及び農林中金がファミマに対して資本参加(全農・農林中金合計で4・9%。株式構成図は次頁)すること、全農・農林中金・伊藤忠及びファミマの間で業務提携を行うことについて、伊藤忠との間で基本契約書を締結した。  伊藤忠では、今回のファミマ完全子会社化は、同社グループの総合力を活用したファミマのさらなる事業基盤の強化や新しいビ...

中家徹氏を次期全中会長候補の推薦者に決定=推薦会議

 JA全中は3日、次期会長候補に対する代議員の投票を締め切って役員推薦会議を開き、厳正な開票を行った結果、現職の中家徹(なかや・とおる)氏(和歌山県紀南農協会長)を「推薦者」に決定した。8月20日の通常総会で選任される運び。

全国農協観光協会=都市農村交流事業の体験交流企画を再開

 全国農協観光協会は、3月下旬から実施を見合わせていた都市農村交流事業の体験交流企画を再開する。企画実施にあたり参加者や受入関係者の健康を守る「感染予防対策ガイドライン」を改訂し、検温等の体調管理や飛沫感染防止、手洗い・アルコール消毒など衛生管理の事項を整理して新型コロナウイルスに対応したものを作成した。  再開の第一弾は、7月3~5日に実施する援農ボランティアの長野県・小布施ぶどう援農隊で、14名が参加して同地域のぶどう農家の畑で摘粒・袋かけなどの作業を手伝う。援農企画はこのほか、7月17~19日に和歌山県JAながみね管内で実施する山椒の実収穫援農隊、同25日の神奈川県大井町みかん摘果隊を...

JAグループ北海道=中央会長に小野寺氏、ホクレン会長に篠原氏

 JA北海道中央会、ホクレン、共済連北海道本部、信連、厚生連は役員の選任を行い、中央会代表理事会長に小野寺俊幸氏(JAところ)、ホクレン代表理事会長に篠原末治氏(JA士幌町)、共済連北海道本部運営委員会会長・厚生連代表理事会長に中瀨省氏(JA北はるか)を選任した。信連経営管理委員会会長の佐藤彰氏は再任。その他の役員は以下の通り。 【中央会】▽副会長理事=串田雅樹(新・JA十勝清水町)▽専務理事=柴田倫宏(再) 【ホクレン】▽代表理事副会長=畠山良一(新・JA新はこだて)、村木秀雄(新・JAいわみざわ)、西川寛稔(新・JA中春別)▽代表理事専務=箱石文祥(新・代表理事常務)▽代表理事常務=矢...

鈴木会長を再任、データ駆動型施設園芸推進事業を実施=日本施設園芸協会

 日本施設園芸協会はこのほど、令和2年度定時会員総会を開催し、令和2年度事業計画・予算等を決定し、任期満了による理事・監事の選任を行った。また後日開いた理事会で、会長の鈴木秀典氏、副会長の大出祐造氏、安井一郎氏を再任、新副会長に中澤秀樹氏(全農耕種資材部次長)、新常務に高市益行氏(日本施設園芸協会参事)を選任した。  令和2年度の事業は、新たに、「スマートグリーンハウス」(生産性向上に向けてデータ駆動型農業を実践した施設園芸、以下SGH)の展開推進を行う。SGHに取り組んだ産地の実態や優良事例調査しセミナーを開くほか、先進的な取り組みを行う生産者のネットワークを形成して情報交換会を実施し、ス...

全国農業会議所の國井会長が江藤農相を表敬訪問

全国農業会議所の國井会長が江藤農相を表敬訪問

 全国農業会議所の國井正幸会長らが6月29日、江藤拓農相を表敬訪問。「次世代に継承する活力ある農業・農村の再構築のための政策提案―新たな食料・農業・農村基本計画の実現を目指して」を提出した。食料・農業・農村政策の基本となる食料自給率・自給力の向上を実現するための具体的な施策の推進を強く望むとしており、「農地利用の最適化を推進する多様な担い手・農地対策の強化」「持続可能な農業・農村を目指す振興対策」「農業委員会等の体制整備」を求めた。

農協観光の新社長に清水氏、常務に吉野氏を選任

第31期取扱高はコロナの影響受け588億円  農協観光(田波俊明会長・藤本隆明社長)は26日、東京・外神田のNツアービルで第31期(平成31年4月~令和2年3月)定時株主総会を開き、事業報告を行うとともに、4議案を審議し原案通り承認した。任期満了による取締役の改選では20名を選任し、取締役会で代表取締役会長に田波俊明氏(全国農協観光協会会長)を再任、代表取締役社長に清水清男氏(前全国農協観光協会専務)、常務取締役に吉野浩司氏(農協観光常勤監査役)を新たに選任した。監査役の補選では諸隈修一氏(同経理部社長付担当部長)が常勤監査役に就任した。 ※清水清男代表取締役社長・吉野浩司常務取締役の略歴...

経営管理委員に14名を選任=農林中金通常総代会

 農林中央金庫は24日の通常総代会で、経営管理委員の選任を行った。  新たな経営管理委員の体制は以下の通り。 ▽経営管理委員会会長=中家徹(再任・JA全中代表理事会長) ▽経営管理委員=石川克則(再任・JAバンク代表者全国会議議長)         岸宏(再任・全漁連代表理事会長)         村松二郎(再任・全森連代表理事会長)         大川良一(新任・さがみ農協代表理事会長、6月29日付神奈川県信連経営管理委員会会長就任予定)         深山和彦(再任・北海道信漁連代表理事会長)         久保田正(再任・長崎県信漁連代表理事会長)        ...

keyboard_arrow_left トップへ戻る