日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

フォトニュース

農業界(農業関連団体・農業関連企業、農水省等府省庁、農業協同組合関連団体・企業・農業大学、地方公共団体など)のニュースのニュースを写真で紹介しています。

農業界の注目のニュースはこちら、農業界の人事ニュースはこちら

記事中の画像をクリックすると、画像が大きくなります。

アイキャッチ

JA全中・都道府県中央会、NHKが第53回日本農業賞の表彰式を開催

  JA全中・都道府県中央会、NHKが3月9日、東京・NHKホールで第53回日本農業賞の表彰式を開催、大賞受賞者、特別賞2点を含む8個人・団体を表彰した。  受賞者を代表して個別経営の部大賞の須藤晃氏が挨拶し、自身の経営の特徴や関係者へのお礼を述べながら決意を述べた(写真右)。  また、表彰式には坂本哲志農相も臨席し、大賞受賞者に農林水産大臣賞を授与した。

アイキャッチ

全中が臨時総会開き、食料安保強化、JA大会に関する特別決議採択

 JA全中が3月8日、都内で臨時総会を開催、令和6年度の事業計画等を承認。また、「食料安全保障の強化に向けた基本農政の確立と次期JA全国大会に関する特別決議」を採択した。総会では、来賓として、坂本哲志農相、全国農業会議所・國井正幸会長、日本生協連・土屋敏夫会長が祝辞を述べた。  また、総会席上、5年度表彰農協、農協功労者の表彰が行われた。

アイキャッチ

全農・農中主催のJAグループ国産農畜産物商談会が開幕

 JA全農・農林中金主催の「第18回JAグループ国産農畜産物商談会」が2月28日、東京・港区の都立産業貿易センター浜松町館で開幕。国産農畜産物やその加工品などの販売チャネルの拡大を目的に、JAグループの地域色あふれた商品を実際の取引につなげていくためのもの。今回は「地域の魅力を未来につなごう!四季」をテーマに全国からJAや農業生産法人など92団体(110小間)が出展している。2月29日まで。  各ブースでは、コメ・野菜・果物・畜産物・加工品等の地域色豊かな国産農畜産物の紹介、試食等が行われた。

アイキャッチ

農水省とオーストリア農林省が持続可能な森林経営で覚書に署名

 農水省とオーストリア農林・地域・水資源管理省が2月26日、「持続可能な森林経営及び木材利用に関する覚書」に署名。今後、木材の利活用のイノベーションや技術などの情報交換などを行っていく。

アイキャッチ

山野全中会長が会見で牛乳等の消費拡大を強調

 JA全中の山野徹会長が2月8日の定例会見で令和6年能登半島地震、食料・農業・農村基本法の改正等の対応について発言。また、今月14日のバレンタインデーに関連して、鹿児島県の黒糖を使用したチョコレートや、フラワーバレンタインなど、黒糖や牛乳、花の消費拡大を強調した。

アイキャッチ

日本生協連が全国の地域生協の事業概況等を発表

 日本生協連が2月6日、記者会見を開き、令和6年能登半島地震への対応、全国生協の事業概況等を明らかにした。全国65主要地域生協の2023年度の供給高(売上高)は、4月と8月を除き前年を上回った。物価上昇による客単価の増加や、店舗での顧客数の回復が主な要因としている。

アイキャッチ

全指農が設立40周年記念の「指導農業士全国研究会」を開催

 全国指導農業士連絡協議会(全指農)が1月29・30の両日、東京・千代田区立内幸町ホールで「第45回指導農業士全国研究会」を開催。農村青少年育成及びそれに関わる地域農業の諸問題について意見交換を行い、今後の指導農業士活動の推進に資することを目的としたもの。今回は全指農設立40周年の節目にあたることから、前農林水産事務次官の枝元真徹氏(大日本水産会会長)、新潟県の指導農業士でもあり村上市副市長の忠聡氏による講演、パネルディスカッションで地域農業が抱える諸課題を討論した。  二日目には総会が行われ、新規就農者の支援、親元農業者に対する支援、肥料、飼料、燃油等の高騰対策など、9項目を求めた...

アイキャッチ

日施協が栃木県で施設園芸新技術セミナー・機器資材展開催

 日本施設園芸協会が10月17・18の両日、宇都宮市の栃木県総合文化センターで施設園芸新技術セミナー・機器資材展in栃木を開催。計11名の講師が脱炭素への戦略や新技術開発、大規模化、経営改善、新規就農支援の報告を行い、関連するメーカー35社がハウス施設・栽培・環境制御装置、選別・販売機器等を展示した。

アイキャッチ

宮下農相がノウフクフェア販売メニュー試食

 宮下一郎農相が17日、農水省の「ノウフクフェア2023」で販売されるノウフク豚丼を試食。「大変美味しい。こだわりを持って丁寧に作ってくださった農産物が提供されていると感じた」と感想を述べた。

アイキャッチ

石川佳純さんが「全農オフィシャルアンバサダー」に就任

 JA全農所属の卓球選手として約12年間活躍した石川佳純さんが「全農オフィシャルアンバサダー」に就任。10月10日、東京・大手町のJAビルで「全農オフィシャルアンバサダー就任式」が開かれ、石川さんに、全農の野口栄理事長からアンバサダーの名刺をかたどったパネルが手渡された。

アイキャッチ

JAグループが国消国産カフェ&マルシェを開催

 JAグループが10月1日、東京・二子玉川ライズスタジオ&ホールで「国消国産カフェ&マルシェ」を開催。JAグループでは10~11月を「国消国産月間」と位置づけ、全国のJAグループ各組織が国産農畜産物の魅力等を発信するイベント等を開催するが、そのキックオフとして行われた。  会場には、カフェブースが設置され、JA女性組織が開発したスムージーや〝米粉のチュロス〟〝小松菜の蒸しパン〟に加え、梨スティックや小分けにした食べ歩き用のシャインマスカットが販売された。  マルシェブースでは、JA青年組織が栽培した旬の農産物や、加工品などが全国各地から集められ、販売された。  会場中央に設けられ...

アイキャッチ

山野会長、大島・樽井副会長ら全中新役員体制発足

 JA全中は18日、通常総会・理事会を開催、山野徹(鹿児島)代表理事会長、大島信之(佐賀)・樽井功(北海道)両副会長理事とする新役員体制が発足。常務理事に福園昭宏(前参事兼JA改革・組織基盤対策部長)・藤間則和(前JA全農経営企画部長)両氏が新たに就任、馬場利彦専務理事、山田秀顕・若松仁嗣両常務理事は再任した。

アイキャッチ

家の光文化賞JAトップフォーラム2023が神奈川県内で開催

 家の光文化賞農協懇話会と家の光協会は8月3・4日の両日、神奈川県内のホテルで、「JA新時代のトップの役割を問う~教育文化活動と人づくりを中心として」をテーマに、家の光文化賞JAトップフォーラム2023を開催し、290名が参加。JA全中が後援した。  広域・大規模化が進展するなか、JAは地域の拠点となる支店の運営体制を整備し、課題に向き合い解決に導く人材を育成することが求められている。同フォーラムは、新たな局面を迎えているJAのトップに求められる役割について、教育文化活動と人づくりを中心に、先進JAの実践報告、パネルディスカッションを通じて相互研究を行った。

アイキャッチ

全野研が全国大会を神奈川・藤沢市で開催

 野菜生産者が組織する全国野菜園芸技術研究会(渋谷忠宏会長)が8月2・3の両日、神奈川・藤沢市で「10年後に向けて日々進化する農業経営~人・環境と調和した持続的な農業をめざして」をテーマに、第66回全野研神奈川大会を開催。全国各地の野菜生産者やJA・普及指導関係者等が参加、農水省、日本施設園芸協会、JA全農、農林中金、JA神奈川県中央会などが後援した。  講演では元明治大学黒川農場の小沢聖氏が「作物・農家視点の技術を求めて」と題し基調講演、農水省が「我が国の食料安全保障を巡る情勢と農林水産省の取組」、神奈川県農水産部農業振興課が「神奈川県の野菜の現状と振興策」、神奈川県農業技術センタ...

アイキャッチ

G7農業大臣会合での「高校生提言」PJチームに大臣感謝状を授与

 今年4月に行われたG7宮崎農業大臣会合において提言を英語で発表した高校生のプロジェクトチームに野村農相から農林水産大臣感謝状が授与された。  「G7宮崎農業大臣会合に向けた『高校生の提言』プロジェクト」は、農業大臣会合を機に県内の高校生20人が、教育委員会で結成したコーチングスタッフの指導のもと、県内4か所の生産者の協力による現地研修や国連食糧農業機関(FAO)の協力によるG7加盟国高校生とのオンライン交流会などの体験や議論を通して提言を作成。農業大臣会合で各国の農業大臣の前で英語での発表と質疑を行った。

アイキャッチ

全農所属の卓球日本代表・石川佳純選手が引退会見

 オリンピック連続3大会でメダルを獲得し5月初めに現役引退を表明した全農所属の卓球日本代表・石川佳純選手が5月18日に引退会見を開き、これまでの選手生活で感じたこと、支えてくれた人たちへの感謝の言葉を語った。  会見では、石川選手が所属する全農の野口栄理事長がメッセージを贈り、花束を手渡した。  また石川選手は、メディアに向けた気持ちを伝えるメッセージカードを用意し、会見場に駆けつけた約200名の取材陣に配られた。

アイキャッチ

WCBF・王貞治理事長が全農・菅野会長らを表敬訪問

 「JA全農WCBF少年野球教室」実施団体である世界少年野球推進財団の王貞治理事長が5月17日、全農の菅野幸雄会長ら役員へ東京・大手町のJAビルを表敬訪問。  王理事長に、菅野会長から愛媛県産「宇和ゴールド(河内晩柑)」〔写真〕、折原敬一副会長から山形県産「ハウスさくらんぼ『佐藤錦』」、野口栄理事長から福岡県産「ぶどう『デラウェア』」がそれぞれ贈られた。

アイキャッチ

全中・農政連が食料・農業・地域政策推進全国大会を開催

 JA全中、全国農政連が5月12日、都内で「令和5年度食料・農業・地域政策推進全国大会」を開催。大会はWEBも併用して行われ、会場とオンライン合わせて4千名超が参加。中家徹全中会長がJAグループの政策提案を自民・公明両党農林幹部議員らに訴えた。  JAグループが持続可能な農業・地域づくりに向け、引き続き自己改革に取り組みながら、消費者等に対する国消国産を含む国民理解醸成及び万全な政策の確立・推進に取り組む必要があるとして、食料・農業・地域政策の推進にあたり、JAグループの意思反映をするために行われた。  大会では、中家会長が政策提案を説明。与党代表として、自民党・江藤拓総合農林政策...

アイキャッチ

全農チビリンピックが4年ぶりにフル開催

 JA全農特別協賛の「JA全農チビリンピック2023」がこどもの日の5日、神奈川県横浜市の日産スタジアムで開催。4年ぶりの全種目開催となった今回は好天に恵まれ、8200人が来場した。  トラックでは、1~3年の親子マラソン、50m走、100m走、ミニマラソンに加え新競技の「一輪車400m走」、別会場では卓球が行われ、各種目入賞者には賞状とメダルのほか、全国農協食品、全農パールライス、JA全農青果センター、JA全農ミートフーズ提供の賞品が副賞として安田全農専務から贈られた。  北海道から九州までの全国9地区で予選を勝ち抜いた16チームによる小学生の8人制サッカーの全国大会「JA全...

アイキャッチ

中酪が「牛乳」を使ってギネス世界記録達成

 中央酪農会議が3月29日、牛乳を使って「オンラインで同時に乾杯した最多人数」のギネス世界記録に挑戦する、「スゴいぞ!牛乳」ギネス世界記録®挑戦イベントを開催。  今回の挑戦は酪農業界が直面している危機と牛乳の魅力をより多くの人に知ってもらうとともに、酪農業界が一丸となってこの危機を乗り越えるための景気付けとして行ったもの。挑戦の前に、菊池淳志専務が主催者挨拶で酪農業界が抱える危機について報告。ギネス世界記録公式認定員からの世界記録に関する説明の後、中酪のCMキャラクターを務めるお笑いコンビ〝ミルクボーイ〟が音頭を取り、総勢380名超の酪農関係者が牛乳で「オンラインで同時に乾杯し...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. ...
  5. 27
keyboard_arrow_left トップへ戻る