日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ

農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える専門通信紙|日刊アグリ・リサーチ

【農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える専門通信紙】

日刊アグリ・リサーチ

『日刊アグリ・リサーチ』は、1966年2月に発刊以来、農林業界において、一般マスコミ等では報道されない専門的かつ具体的な動向をコンパクトな情報として発信し続け、農業、農政、農協、農業関連企業、農業試験研究機関に携わられる方々の“不可欠な情報源”として広くご愛読いただいております。発行日朝に届き検索も可能な「電子メール版」はとくに便利にご活用いただけます。

【掲載内 容】農政、農業経済、JA グループ各事業(経済・信用・共済・厚生・指導・運動・旅行)、農業技術、農業関連企業情報、人事、人物紹介
【発 行 日】日刊(土・日・祝祭日を除く)
【体 裁】①電子メール版…PDF ファイル(内容はペーパー版と同一。検索も可能)
発行日朝配信
【体 裁】②ペーパー版…B5判 横とじ 通常9ページ 郵送
【購 読 料】①電子メール版…年間 50,000 円 (税別、1アドレスへの配信)
【体 裁】②ペーパー版…年間 60,000 円 (税別・送料込)
メール版の見本
※LAN 経由等による複数端末(2~5端末程度)での閲覧をご希望の場合、下記を基本料金として、回覧される事務所及び部署の数に応じた加算価格を個別にご相談させていただきます。
1 か所=年 8 万円、2 か所=年 13 万円、3 か所=年 18 万円、4 か所=年 23 万円、5 か所=年 28 万円
※掲載内容を無断で複製・複写・転載する行為は著作権法で禁じられています。コンプライアンスにご留意ください。

ご購読のお申し込みはこちらからお願いいたします。

 

農業情報調査会
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-21
TEL:03-3233-3583 / FAX:03-3233-3666
E-mail:research@agripress.co.jp

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月18日(火)

〈主な内容〉 ◎農地バンク総決起大会で4団体が連携確認、〝話し合い〟事例に学ぶ  「現場の皆さんが一丸で人・農地の問題解決を」と農相 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る ⑫福島県  県産農林水産物等の輸出回復・拡大へ、農業者の海外への販路拡大等を支援 ◎三重県が豚コレラ対策で県内養豚農場を対象に消毒命令 ◎行政事業レビューで2事業が「抜本的な改善」=農水省 ◎田んぼの生きもの調査開く=JAあさひな、三井化学アグロ ◎市民団体が日米TAGに反対する集会を開催 企業情報 共栄火災/UPL イベント 中山間地域フォーラム設立13周年記念シンポ 行事日程 今週の農業...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月17日(月)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 農林中金代表理事専務 大竹和彦氏   農林中金 中期経営計画のねらいと実践 ◎自民党等が青少年農林漁業体験活動推進法案を衆院に提出  農山漁村の活性化と都市との共感醸成で活力向上に寄与 ◎自民党農林議員が農相に森林・林業等政策、予算確保を要請 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る ⑪神奈川県  広域農道を整備、農産物の効率的な運搬や観光農業で地域活性化促進等 ◎農地バンク5年後見直し推進総決起大会 ◎新副会長に土屋・木田両氏、新専務に藤井氏=日本生協連 ◎「津南の雪下にんじん」等3件のGIを登録=農水省 人事 日本農業法人協会顧...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月14日(金)

〈主な内容〉 ◎日本養豚協会が総会開き、19年度事業計画等を承認  東海5県が経営再開へ豚コレラに対する緊急動議 ◎戦略特区会議で5名の有識者議員が「農地の企業所有」を全国展開にと提言 ◎「棚田地域振興法案」が可決・成立=参院本会議 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 10.群馬県  ゲノミック評価の活用による和牛改良促進等 ◎農林中金大阪支店が兵庫県庁へ県産材を使った木製品を寄贈 人事 Jミルク新会長に川村氏/農流研 企業情報 共栄火災/日立オートモティブシステムズメジャメント 募集 学生論文・作文の作品=ヤンマー イベント 「施設園芸新技術セミナー・機器...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月13日(木)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉アグリビジネス投資育成取締役代表執行役 森本健太郎氏 JAグループと日本公庫のネットワーク活かし 農業法人の成長を継続的にサポート ◎政府がまち・ひと・しごと創生基本方針2019案を議論  第2期の柱に「地方へのひと・資金の流れを強化」等の新視点 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 9.秋田県  あきたこまち並収量「秋系821」令和4年市場デビューへ取組本格化 ◎福島県知事が𠮷川農相に復興・創生に向け要請 ◎自民党「和牛遺伝資源流通に関するPT」が提言を農相に提出 ◎JA生活文化活動担当者研究交流集会を都内で開催=家の光協会 団体総会...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月12日(水)

〈主な内容〉 今日の人  JA全国女性組織協議会会長 加藤和奈さん ◎農水省企画部会で産地地域づくりテーマにヒアリング  今後は「課題とされてきた経営継承で人選を」と大橋部会長 ◎「JAアクセラレーター」参加企業7社を決定=農林中金 ◎アジア太平洋農村・農業金融協会理事会を日本で開催=日本公庫 ◎「ディスカバー農山漁村の宝」大賞等決まる=農水省 ◎日本俳優連合が日本協同組合連携機構に加盟 ◎日本有機農産物協会が設立発表会・記念講演会を開催 団体総会 日本施設園芸協会/全国農協CE協議会 企業情報 NTTデータとJSOL イベント 協組懇定例研究会

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月11日(火)

〈主な内容〉 ◎日本公庫のトライアル輸出支援は6年間で250件突破  今年度はEU、米国向け輸出への支援体制強化へ5社と提携 ◎定時総会で平成30年度事業報告・収支決算等承認=全農観  10年間の中長期経営計画は「持続可能な地域づくりに努力」 ◎JCAが食育ソムリエマルシェ開催、協同組合が連携 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 8.沖縄県  県産農林水産物の付加価値向上へ効果的なマーケティング活動を実施 ◎6次産業化事業体に出資同意決定=A-FIVE ◎農中仙台支店が宮城中央森組と連携し木製品を寄贈、地域活性化を後押し 団体総会 日本食農連携機構 人事 J...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月10日(月)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 JAぎふ代表理事組合長 櫻井 宏氏   わがJAにおける旅行事業の位置づけ ◎政府が「農業新技術の現場実装推進プログラム」を承認  水田作や畑作、施設園芸等8営農類型22事例の具体例等示す ◎自民合同会議で農林水産物輸出拡大のための強化策提言了承  「農相を責任者とする政府の司令塔となる組織を新設」等 ◎豚コレラ防疫対策を全省体制で推進=対策本部 ◎日本養豚開業獣医師協会が期間・地域限定豚コレラワクチン実施を要望 ◎参院選の推薦候補者を決定=全国農政連 ◎日本労協連がみんな電力と包括提携を締結 ◎農薬適正使用を各社がポスターで呼...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月7日(金)

〈主な内容〉 ◎自民農林合同で和牛遺伝資源の流通管理についての提言了承  精液等の流通状況の把握が可能となるよう規制措置の検討、等 ◎規制改革推進会議が「第5次答申」を首相に提出=6日  農協改革は「一定の進捗」「引続き自己改革の取組を促す」 ◎第2回農福連携等推進会議で「推進ビジョン」を策定=政府 ◎定例会見で「不断の自己改革を」と中家全中会長 ◎年度内に農泊の品質を示す認証制度確立へ=日本ファームステイ協会 ◎地域医療を守る病院協が診療報酬改定要望書を提出へ ◎みらい基金が「農林水産業みらいPJ」助成対象事業の募集を開始 ◎福島大学が定例記者会見で農林中金の...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月6日(木)

〈主な内容〉 ◎国有林野管理経営法改正案が可決・成立=参院本会議  樹木採取権を創設、公益重視の管理経営推進へ ◎全国土地改良団体が「農業農村整備の集い」開き、要請書採択  「土地改良事業の計画的・安定的推進へ当初予算の増額」など ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 7.香川県  次代に繋ぐ攻めの野菜産地づくりや戦略的生産・販売の展開等 ◎「平成30年度水産白書」閣議決定 団体総会 全集連/日農工 企業決算 日本農薬/丸山製作所 企業情報 西松建設 移転 日本共済協会 ホット・ポイント マハティール首相健在! 訃報 谷口肇氏(前全中専務)

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月5日(水)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 JA全中教育部教育企画課長 田村政司氏  「第3次JA人づくりビジョン全国運動方針」2. ◎農林水産物等の輸入国規制の対応関係閣僚会議を開催  農水省に農林水産物等の輸出促進を担う司令塔組織創設など ◎食育ソムリエ養成講座が開講=JCA ◎全国豆類経営改善共励会大臣賞に山口・渡両氏、栄北部 ◎マクドナルドと読売新聞が「塩」と「新聞」の共同輸送、農水省等3省が計画認定 人事 農林中央金庫 2019年「牛乳月間」  6月の「牛乳月間」に合わせて各地でイベント開催、牛乳の魅力をPR

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月4日(火)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉JA全中教育部教育企画課長 田村政司氏  「第3次JA人づくりビジョン全国運動方針」1. ◎全国の生乳生産量は4年振り増産の734万t  2019年度生乳・牛乳乳製品の需給見通し=Jミルク ◎バター・脱脂粉乳の輸入枠は当初予定と変わらず2万t  「需給は今後とも安定する見込み」と農水省 ◎農電コン大賞のアプレ、森川氏、美らイチゴらを表彰=農電協 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 6.広島県  トマトの収益性向上へ複合環境制御技術の導入を推進 ◎農林中金旧友会が総会・春季親睦会 ◎農水省が理研農産化工㈱の事業再編計画を認定 ◎...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月3日(月)

〈主な内容〉 ◎農協改革集中推進期間が終了  「自己改革に終わりはない」と全中会長 ◎秋肥価格は尿素・重焼りん値下げ、加里・石灰窒素は値上げ=全農 ◎豚コレラの拡大感染防ぐため豚の早期出荷実施へ=農水省 ◎日施協と農水省が災害に強い施設園芸づくりで協定 ◎「穀粒判別器に関する検討チーム」第1回会合を開催=農水省 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 5.静岡県  「静岡茶」輸出拡大で米国研究機関と連携等 ◎乾椎茸第5回入札会開催、平均値は3893円の強保合=全農 企業情報 家の光出版総合サービス 企業決算 農中信託銀行 ホット・ポイント 家族のごはん

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年5月31日(金)

〈主な内容〉 ◎次期酪肉近に向け、酪農関係者からヒアリング=農水省畜産部会  不公平感のない生乳出荷先選択ルールや労働力の確保求める声も ◎「九州スマート農業技術情報連絡会議」を創設=九州農政局  スマート農業の生産現場導入や地域の農業・経済を活性化 ◎西日本地区の生活文化活動担当者研究交流集会を福岡で開催=家の光 ◎WEBストレスチェックサービスの無償提供を開始=共栄火災  業務災害補償保険の新サービス、企業のメンタルヘルス対策に対応 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 4.長野県  スマート農業を加速化、生産現場への先端技術の実装等を支援 ◎JA貯金残高4...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年5月30日(木)

〈主な内容〉 ◎園芸施設共済の掛金が最大で3割以下に=農水省  JA等と共済組合の集団加入に関する協定締結で推進 ◎令和元年産米等作付意向(4月末)を公表=農水省  主食用米は増加0県、前年並32県、減少15県 ◎第1回豚コレラ経口ワクチン対策検討会開催=農水省 ◎加工特措法案が可決、5項目の附帯決議=衆院農水委 ◎春の叙勲・農水省所管分伝達式 ◎企業年金資産残高は1・5%減の77・5兆円=JA共済連等 ◎自民党が「農福連携」テーマに農林・厚労部会等初の合同会議 企業情報 NTT東日本/ローソン 列島情報 新潟 ホット・ポイント 阮蔚さんの「中国養豚」講義

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年5月29日(水)

〈主な内容〉 今日の人  農林中金常務理事 コーポレート本部リスク管理ユニット担当 藤崎 圭さん ◎災害からの復興、スマート農業、農福連携を特集  30年度「食料・農業・農村白書」を閣議決定 ◎全国農業委員会会長大会を開き、約1800名が参加 ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 3.山口県  担い手減少や高齢化に打ち克つ、超省力化、高品質生産の技術確立 ◎卸売市場開設者等に食料品等として指定が必要な物品調査=農水省 企業決算          共栄火災 企業情報          ポケットマルシェ ホット・ポイント       「小さな農業」

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年5月28日(火)

〈主な内容〉 ◎JAグループ全国機関がアグベンチャーラボ開設  外部組織と連携し新たな事業創造、課題解決等目指す ◎19年度自治体農政の展開方向を見る 2.青森県  おうとう「ジュノハート」の全国デビューに向け販促活動を展開 ◎農林中央金庫部長級異動者の略歴2. ◎乾椎茸第4回入札会開催、平均値は3541円の弱含み=全農 ◎創立30周年感謝のつどいを開催=農協観光 ◎家族農業経営などテーマに研究大会=農業協同組合研究会 団体総会 日本炊飯協会 行事日程 今週の農業界の動き ホット・ポイント 朝鮮語を習い始めて

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年5月27日(月)

〈主な内容〉 今日の人   農林中金常務執行役員 松永 諭さん ◎人づくりトップセミナー開催、JA代表者等140名が参加=全中  3JAの事例報告等で人づくりビジョン運動の認識共有 ◎日本ベンチャー大賞「農業ベンチャー賞」にファームノート ◎豚コレラ防疫指針変更について改めて諮問=農水省 ◎農林中央金庫部長級異動者の略歴1. ◎食品ロス削減法が成立=24日 ◎「信用事業業務検定」最優秀賞受賞者を表彰=農林中金アカデミー ◎米の消費拡大へ、実質本位の弁当を紹介する「地味弁.com」公開=全農

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年5月24日(金)

〈主な内容〉 今日の人  全国農協青年組織協議会会長 今野邦仁さん ◎29年度農業生産関連事業の総販売金額は3.8%増=農水省  農産物直売所が全体の約半数を占める ◎NTT東日本が農業専業会社「NTTアグリテクノロジー」を設立  自社圃場で農産物生産、生産者にソリューション提供へ ◎中期活動計画目標の達成に向け令和元年度活動計画を決定=JA全青協 ◎農水省企画部会が次期基本計画見直しに向け食品事業者からヒアリング ◎「峠を下り始めた国内景気」=農中総研経済見通し ◎農中大阪支店が大阪府立中之島図書館へ府産材木製品を寄贈 ◎乳製品中の脂質酸化代謝生成物の簡便な...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年5月23日(木)

〈主な内容〉 ◎経常利益1245億円、純利益1035億円=農中決算  「引き続き慎重な財務運営を」と奥理事長 ◎今野会長、杉山・小林両副会長体制が発足=全青協  「皆さんの声で決めたことを我々は代弁していく」と ◎農水省が農産物検査法施行規則の一部改正等についてパブコメ募集 ◎2019年産乾椎茸春子生産量は前年比83%の2000t=全農等 ◎農協愛友会と協同組合懇話会が共同企画で講演会 ◎ミツバチのダンスを自動解析し、花の場所を推定する技術開発=農研機構 企業情報 エフエムシー・ケミカルズ 団体総会 日本フードサービス協会

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年5月22日(水)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 JA全厚連理事兼参事 榛葉道尚氏 JA全厚連新3カ年計画の方向と2019年度事業のポイント ◎自民党農産物輸出促進委が農業の「稼げる輸出」へ政策提言  「生産者と現地市場をつなぐ輸出商社の活動を応援」など7項目 ◎30年度優績JAを表彰、最優秀賞にJAぎふ=農協観光 ◎畜舎建築の検討委立ち上げ、特別法措置も視野に=農水省 企業決算  片倉コープアグリ 製品紹介  新規芝用殺虫剤「ダブルトリガー液剤」

keyboard_arrow_left トップへ戻る