日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

園芸情報センター

施設園芸経営・ハウス栽培の最新情報はこの一冊から

施設園芸農業・ハウス栽培における最新の技術・機器資材・先進的農業経営を紹介

施設園芸農業ハウス栽培・植物工場分野の専門誌です。

実際にハウス栽培や植物工場などの農業を経営する施設園芸農家・企業の皆さまを中心に、施設園芸農業ハウス栽培・養液栽培などの農業指導に携わる指導員、研究機関・教育機関の方々、施設園芸用の機器資材メーカーの皆さまなどにご愛読いただいております。

毎号、独自の視点から様々な特集をするほか、施設園芸農業ハウス栽培の、注目すべき新しい技術・施設・資材・機器と、その効果的な導入方法・経営の紹介をしています。

施設園芸農業ハウス栽培経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な農業経営法人等の現地ルポ、全国の農業試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸ハウス栽培・植物工場事情など、施設園芸農業の経営に役立つ最新情報を満載しています。

「施設と園芸」特集別索引

編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
制作・販売:日本農民新聞社
体裁:A4判 約 70頁
季刊(年4回発行)
購読料:1冊頒価838円(762円+税〔送料別〕) 定期購読(1年単位)もご利用ください。

「施設と園芸」購読お申込み


「施設と園芸」次号(196号2022年冬)予告

特集:トマト生産の最新動向(予定)
広告掲載については、日本農民新聞社内・園芸情報センター(decoding…)までお気軽にお問合せ下さい。資料をお送りいたします。

アイキャッチ

施設と園芸197号(2022年春)特集:施設園芸における災害対策と事業継続計画(BCP)

巻頭言 〇施設園芸生産の経営安定に向けて (全国農業協同組合連合会 耕種総合対策部 次長 中澤秀樹) ■特集■ 「施設園芸における災害対策と事業継続計画(BCP)」 〇施設園芸における事業継続計画(BCP)の必要性と取組の推進 (長崎県東京事務所 総務課 濵口大空) 〇園芸用施設の融雪装置の具体例と融雪能力 (山形県農林水産部 専門職大学整備推進課 課長補佐 古野伸典) 〇ハウスの風害・雪害軽減のための設計と管理 (渡辺パイプ㈱ グリーン事業部 営業企画部 田中佑一) 〇施設園芸における落雷・停電の被害と対策技術 (ホルトプラン合同会社 林泰正、農研機構 農村工学研究部...

第43回施設園芸総合セミナー オンデマンド配信 機器資材プレゼンテーション

プレゼンテーション実施企業・内容 みのる産業㈱ ◆プレゼンテーションテーマ=葉物残渣分解器ベジポストとその他オススメ製品のご紹介 ◆紹介内容=野菜残渣の廃棄処理費用を抑えたい、廃棄する場所に困っている、廃棄処理の労力を削減したい、野積みをすると近隣の居住者から苦情が来るなど、お困りの方必見!みのる産業の新商品、葉物残渣分解器「ベジポスト」をご紹介します。その他、施設園芸のおすすめ製品も合わせてご紹介します。 マックス㈱ ◆プレゼンテーションテーマ=誘引結束機テープナー 導入事例のご紹介 ◆紹介内容=「楽らくテープナーシリーズ」最新機種:HT-R45C・スリムタイプHT-R24Cにつ...

第43回施設園芸総合セミナー・機器資材展は3月28日~4月18日にWEBオンデマンド配信(視聴)に変更します

第43回施設園芸総合セミナー・機器資材展をご案内いたします。 2月17日~18日に予定しておりました東京・江戸川区のタワーホール船堀 大ホールでの開催は、新型コロナの感染が全国に拡大しているため中止し、3月28日~4月18日の間、WEBオンデマンド配信に変更して行います。テーマ、講師・講演内容は変わりません。 全体テーマ<持続可能型施設園芸の発展に向けて> 第1部「施設園芸の新しい潮流」 第2部「SDGsに対応した持続可能型施設園芸の確立に向けて」 第3部 パネルディスカッション「持続可能型施設園芸と収益性向上の方向性」 第4部 最新機器資材の動画プレゼンテーション 実施企業と紹介...

アイキャッチ

施設と園芸196号(2022年冬)特集:トマト生産の最新動向

巻頭言 〇スマート施設園芸業は持続的か (近畿大学生物理工学部 教授 星岳彦) ■特集■ 「トマト生産の最新動向」 〇トマトの生産と栽培品種の動向と課題 (農研機構 野菜花き研究部門野菜花き品種育成研究領域 施設野菜花き育種グループ グループ長 松永啓) 〇トマトの消費動向と全農における商品開発の取組み (全国農業協同組合連合会(JA全農)耕種総合対策部 営農・技術センター 農産物商品開発室 主任研究員 柴智徳、同室 松本守弘) 〇トマトの収量予測モデルと高収量生産のポイント (㈱誠和。 研究開発部 須藤裕子) 〇トマト栽培における群落内LED補光の効果 ―日本国内での実...

第43回 施設園芸総合セミナー・機器資材展 出展者・出展内容、プレゼンテーション内容紹介

㈱サカタのタネ ◆出展内容=~アルスプラウト~DIYだからいろいろできる、低コストで始められる環境制御!! ハウスの環境測定「モニタリング」から環境制御「コントロール」まで。クラウド遠隔制御なのでご自宅から、お出かけ先から、いつでも、どここでもハウス環境をチェックでき、設定変更、機器を動かすことが可能です。 イノチオアグリ㈱ ◆出展内容=イノチオアグリ㈱は、安心して儲かる農業実現のために、オリジナル設計の低コスト高機能ハウス「ドリームフィールド」と、潅水およびハウス環境を制御できるシステム「ビートシリーズ」を紹介します。併せて、労務費用の削減を目的とした労務管理ソフト、はれると社の「ag...

アイキャッチ

第43回施設園芸総合セミナー・機器資材展は2月17~18日、東京・江戸川区のタワーホール船堀で開催

持続可能型施設園芸の発展に向けて 第43回施設園芸総合セミナー・機器資材展をご案内いたします。 今回は2022年2月17日~18日に東京・江戸川区のタワーホール船堀 大ホールで開催いたします。(開催案内はこちら<PDF>) あわせて機器資材展を同ホールロビーで実施いたしますので、施設栽培・植物工場に関わる製品や技術、サービスをお取り扱いの皆様の出展をお待ちしております。 機器資材展の詳細はこちら(PDF)をご覧下さい。 ●会期 2022年2月17日(木)12:00~ 18日(金)17:00 ●出展方法 A.小間展示(屋内のみ):1小間(1.8m×1.8m,展示台,バックパネル)...

アイキャッチ

施設と園芸195号(2021年秋)特集:葉茎菜類の施設生産の動向

巻頭言 〇生産性と環境保全の両立を目指して (農研機構 総括執行役 農業環境研究部門 所長 岡田邦彦) ■特集■ 「葉茎菜類の施設生産の動向」 〇葉菜類の施設生産の現状と将来方向 ((公財)園芸植物育種研究所 理事長 丸尾達) 〇ホウレンソウの周年水耕栽培の留意点 ~苗テラス育苗によるナッパーランド~ (三菱ケミカルアクア・ソリューションズ㈱ 植物工場事業部 松田喜文) 〇施設ニラにおけるCO2の施用効果と葉先枯れ対策 (高知県立農業担い手育成センター 橋本和泉) 〇暖地(九州)におけるアスパラガスのハウス栽培技術のポイントと課題 (農研機構 九州沖縄農業研究センタ...

被覆資材の最新の動向|施設園芸農業専門紙「施設と園芸」194号

施設と園芸194号(2021年夏)特集:被覆資材の最新の動向

巻頭言 施設園芸におけるゼロエミッション化の意義と方向 (NPO植物工場研究会 会長 古在豊樹) ■特集■ 被覆資材の最新の動向 わが国の園芸用被覆資材の利用の現状と課題 (農研機構 西日本農業研究センター 川嶋浩樹) 市場の要望に応えた高機能農業用POフィルム‘スーパーダイヤスター’の開発と特長 (三菱ケミカルアグリドリーム㈱ 営業部 柘植隆司) PO系フィルムの散乱光特性の最近の動向と利用の考え方 (タキロンシーアイ㈱ アグリ事業部アグリ業務グループ 杉山聡教) カーテン資材の種類と利用法 (㈱誠和。 研究開発部研究課 新村素晴) 施設園芸の被覆資材の廃棄・リサイ...

環境に優しい養液栽培技術|施設園芸農業専門紙「施設と園芸」193号

施設と園芸193号(2021年春)特集:環境に優しい養液栽培技術

巻頭言 わが国の養液栽培の将来に向けて (明治大学農学部教授〔日本養液栽培研究会会長〕 岩﨑泰永) ■特集■ 環境に優しい養液栽培技術 わが国の施設園芸・植物工場と養液栽培の課題 (千葉大学環境健康フィールド科学センター 准教授 塚越 覚) ゼロエミッション型養液栽培の考え方と少量培地耕の特徴 (静岡大学農学部 生物資源科学科 教授 切岩祥和) 給液制御システムと環境制御システムとの連携利用 (イノチオアグリ㈱ 設計開発部 新間恵太) ロックウール培地の利用の現状とリサイクルの動向 (日本ロックウール㈱ 北島滋宣、多田亘児) ヤシガラ繊維培地に適した給液管理法 (ト...

イチゴ生産の新技術と動向|施設園芸農業専門紙「施設と園芸」

施設と園芸192号(2021年冬)特集:イチゴ生産の新技術と動向

巻頭言 日本のイチゴ生産のイノベーション (千葉大学 学術研究・イノベーション推進機構 中野明正) ■特集■ イチゴ生産の新技術と動向 わが国のイチゴ生産における現状と期待 (農研機構 東北農業研究センター 岩崎泰永) 東日本大震災後に施設の大型化・団地化が実現した宮城県のイチゴ生産 (宮城県農業・園芸総合研究所 野菜部イチゴチーム 高山詩織) 種子繁殖型イチゴ品種の将来像と〝よつぼし〟の役割 (種子繁殖型イチゴ研究会 事務局長 森 利樹) 栃木県のイチゴ品種開発の現状と今後の方向 (栃木県農業試験場いちご研究所 特別研究員 家中達広) 佐賀県のイチゴ新品種‘いちごさ...

スマート化技術の動向|施設園芸農業専門紙「施設と園芸」

施設と園芸191号(2020年秋)特集:スマート化技術の動向

巻頭言 近年のスマート化システムの発達と施設園芸への期待 (日本施設園芸協会 藤村博志) ■特集■ スマート化技術の動向 農業データ連携基盤(WAGRI)の概要 (農研機構 農業情報研究センター 農業データ連携基盤推進室 斎藤岳士) 計測・制御・情報利用のスマート化に対応したUECSの発展方向 (岡山大学 環境生命科学研究科 教授 安場健一郎) 植物生理モデルを活用する温室栽培支援システム「Thinking Farm」 (㈱ダブルエム 代表取締役社長/千葉大学講師(非常勤) 狩野敦) ハウス環境制御の高度化とクラウドサービス「アグリネットアドバンス」の特徴 (ネポン㈱ ...

選果・出荷・流通技術の動向:施設と園芸190号

施設と園芸190号(2020年夏)特集:選果・出荷・流通技術の動向

巻頭言 野菜の生産から出荷・流通の合理化と発展に向けて~「Society 5.0」実現への取組み~ 農研機構 野菜花き研究部門長 岡田邦彦 ■特集■ 選果・出荷・流通技術の動向 青果物の流通における包装による品質制御 (千葉大学大学院園芸学研究科 教授 椎名武夫) 低段密植栽培高糖度トマトの選果データに基づく販売管理と顧客への対応 (㈱新門トマト農園 代表取締役 新門 剛) JA熊本市における野菜広域選果の取組みの現状と課題 (熊本市農水局西南部農業振興センター 所長 岡本 岬) 高品位選別システムを導入した高糖度トマト専用集出荷場の概要と運用 (JAおおいがわ 高糖度...

ハウス構造の新しい動き:施設と園芸

施設と園芸189号(2020年春)特集:ハウス構造の新しい動き

巻頭言 わが国の園芸用ハウスの発展に向けて 東京大学・長崎大学名誉教授 髙倉直 ■特集■ ハウス構造の新しい動き 果菜類の多収性を実現するハウスの特性と機能 (㈱トマトパーク 後藤格士) 新型低コスト耐候性ハウス「ドリームフィールド」 (イノチオアグリ㈱ 開発課 林大策) 低コスト耐候性対応「八角ハウスシリーズ」 (渡辺パイプ㈱ グリーン事業部 グリーンハウス開発グループ グループリーダー 武田雅史) 高軒高ハウスの低コスト化と高性能化に向けたJA全農とちぎの取り組み (JA全農とちぎ 園芸部園芸資材課 阿久津剛) スペイン製低コストハウスを日本で利用する際の現状と課...

キュウリ・メロン栽培技術の動向:施設と園芸

施設と園芸188号(2020年冬)特集:キュウリ・メロン栽培技術の動向

巻頭言 いま、なぜキュウリか? 千葉大学名誉教授 日本施設園芸協会前会長 篠原温 ■特集■ キュウリ・メロン栽培技術の動向 我が国のキュウリおよびメロン生産・流通の現状と課題 農研機構野菜花き研究部門野菜育種・ゲノム研究領域上級研究員 川頭洋一 キュウリ生産における環境制御の課題とICT利用による生産性向上 JA西三河きゅうり部会改革プロジェクトサブリーダー 下村堅二 キュウリ産地の生産力向上のための環境制御技術への取り組み 宮崎県中部農業改良普及センター 藺牟田真作 キュウリのNFT・散水毛管水耕システムの開発と周年高品質多収生産の栽培 三菱ケミカルアグリドリーム㈱ ...

ハウスの高温対策の最新の動向:施設と園芸187号

施設と園芸187号(2019年秋)特集:ハウスの高温対策の最新の動向

巻頭言 施設栽培の周年化と高温期の課題 静岡大学農学部 生物資源科学科 教授 鈴木克己 ■特集■ ハウスの高温対策の最新の動向 自然換気温室の換気窓の配置・大きさと昇温抑制の効果  農研機構 農村工学研究部門農地基盤工学研究領域 農業施設ユニット長 石井雅久 高温期の遮光制御と作物生育への影響  ㈱ダブルエム 代表取締役社長 千葉大学講師(非常勤) 狩野敦 トマト大型ハウスにおける高温期の遮熱用塗布剤の利用の実際  ㈱トマトパーク 取締役 杵渕覚 ハウス栽培農業従事者の実態と熱中症予防対策  東京農業大学 国際食料情報学部 樫村修生 齊藤雄司 細霧冷房のタイプと効果的...

果樹の施設生産における最新の動向:施設と園芸

施設と園芸186号(2019年夏)特集:果樹の施設生産における最新の動向

巻頭言 果樹の施設園芸の発展に向けて 農研機構 果樹茶業研究部門 企画管理部長 中村ゆり ■特集■ 果樹の施設生産における最新の動向 ・わが国の果樹施設栽培における現状と課題、今後の方向性  千葉大学大学院園芸学研究科 園芸産業創発学研究室 大川克哉 ・ハウスミカンの省エネルギーと高品質・多収生産  大分県農林水産研究指導センター 農業研究部果樹グループ 主幹研究員 矢野拓 ・ハウスミカン栽培におけるヒートポンプの有効活用技術  佐賀県果樹試験場 常緑果樹研究担当 松元篤史 ・水稲育苗ハウスを活用したブドウのアーチ栽培  新潟県農業総合研究所園芸研究センター 根津潔 ...

施設と園芸:脱石油・低炭素化技術の最新の動向

施設と園芸185号(2019年春)特集:脱石油・低炭素化技術の最新の動向

巻頭言 施設園芸の脱石油・低炭素化に向けて 農林水産省 生産局 農業環境対策課 課長補佐 田井浩朗 ■特集■ 脱石油・低炭素化技術の最新の動向 ・施設園芸における脱石油・バイオマス利用技術の課題と展望  農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究調整官 中野明正 ・中小規模施設園芸における木質燃料(ペレット、チップ、薪等)の導入事例と活用の留意点  農研機構 農村工学研究部門 農業施設ユニット 山口智治 ・次世代事業大規模拠点における木質資源・再生可能エネルギー利用の取り組み  東海大学名誉教授(日本施設園芸協会 次世代施設園芸検討専門委員会委員) 林真紀夫 ・ハウスの保温...

施設と園芸:施設園芸の省力化・自動化技術

施設と園芸184号(2019年冬)特集:施設園芸の省力化・自動化技術

巻頭言 施設園芸における省力化・自動化の取組の現状と今後の展望について 農研機構 農業技術革新工学研究センター 所長 藤村博志 ■特集■ 施設園芸の省力化・自動化技術 オランダにおける自動収穫ロボット開発  農研機構 農業技術革新工学研究センター 内藤裕貴、Wageningen University & Research Jochen Hemming イチゴ収穫ロボットをはじめとする施設園芸の自動化技術  農研機構 農業技術革新工学研究センター 太田智彦 イチゴ生産の省力化・軽労化への取組  ヤンマーグリーンシステム㈱ 選果・園芸施設部 齋藤正 選別、搬送作業の自...

施設と園芸:花き施設生産における新技術

施設と園芸183号(2018年秋)特集:花き施設生産における新技術

巻頭言 花き施設園芸に期待するもの 農研機構 野菜花き研究部門 花き研究監 市村一雄 ■特集■ 花き施設生産における新技術 ・わが国の花き生産における課題と方向性  農研機構 野菜花き研究部門 研究領域長 中山真義 ・バラ生産におけるCO2長期長時間施用の効果  愛知県農業総合試験場 園芸研究部 花き研究室 主任研究員 奥村義秀 ・これからの花き産業に必要なお花の取組み 花き産業総合認証と日持ち保証販売  MPSジャパン(株) 代表取締役 松島義幸 ・カーネーション生産における新たな取り組み  農事組合法人香花園 理事 真鍋佳亮 ・我が国の花き流通と品質に関する諸...

施設園芸のクラウドサービスとAI、IoT|施設と園芸

施設と園芸182号(2018年夏)特集:施設園芸のクラウドサービスとAI、IoT

巻頭言 時代の変化を見通した施設園芸  農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究調整官 中野明正 ■特集■ 施設園芸のクラウドサービスとAI、IoT クラウド制御型養液土耕支援システム「ゼロアグリ」の開発 ㈱ルートレック・ネットワークス 技術統括責任者 喜多英司 モノ作り技術で農業を支える ―「何を」×「どう作り」×「どう売るか」の最適化― (一般財団法人 機械振興協会 技術研究所次長 兼企画管理室長 技術士(機械部門) 木村利明) kintoneを用いた生産管理、生産実績、生産予測管理の取り組み (森とまと農園 森雅也) (サイボウズ㈱ 農業担当 中村龍太) (㈱ダン...

keyboard_arrow_left トップへ戻る