日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

announcement おしらせ

2019.5.31 日本農民新聞社Webをリニューアルしました。過去記事も追って移行していく予定です。


注目のニュースJAグループ、農水省、農業関連企業・団体、各政党等食と農のニュース

ツマジロクサヨトウ|植物防疫所提供

ツマジロクサヨトウのまん延防止で緊急対策を実施=農水省

ツマジロクサヨトウのまん延防止で緊急対策を実施=農水省

 イネやトウモロコシに寄生する害虫(蛾)「ツマジロクサヨトウ」の幼虫〔写真、植物防疫所提供〕が今...

ナフィールドジャパン発足、国際農業奨学金制度に参画

農林中央金庫がスポンサー第一号に決定  生産者による農業奨学生の運営組織・一般社団法人ナフィールドジャパンが今月設立される。海外で2年間先進的な農業技術・流通等について学ぶ「ナフィールド国際農業奨学金制度(Nuffield Farming Scholars)」への、日本からの本格参加を目指す。農林中金と日本農業経営大学校を運営するアグリフューチャージャパン主催の食農ビジネスフォーラム(2日)で明...

もっと見るkeyboard_arrow_right

人事ニュースJAグループ、農水省、農業関連企業の人事情報

人事 |JA共済連(県本部長)

 【青森県本部】〔7月26日付〕▽本部長(管理部長)福士雅巳 〔7月25日付〕▽退任(本部長)小山主税  【福島県本部】〔7月26日付〕▽本部長(副本部長)服部道夫 〔7月25日付〕▽退任(本部長)菅野好雄  【山梨県本部】〔7月26日付〕▽本部長(副本部長)中込和也 〔7月25日付〕▽退任(本部長)鷹野武  【大阪府本部】〔7月26日付〕▽本部長(副本部長)織田哲治 〔7月25日付〕▽退任...

おくやみ|小澤實氏

 小澤實(おざわ・みのる)氏 (元㈱全国農協設計常務取締役、元JA全農営農技術センター次長)。5月25日死去、85歳。通夜・告別式とも近親者で執り行われた。

もっと見るkeyboard_arrow_right

イベント案内食と農、JAグループ、農水省、農業関連企業のイベント案内

全国町村会が「これからの自治体農政のあり方」テーマにシンポ

「自治体農政とは何か、その現実や可能性、そして未来」論ず  全国町村会は8月31日、東京・千代田区の全国町村会館で「これからの自治体農政のあり方」をテーマに、都市農村共生社会創造シンポジウムを開催する。全国から自治体主導の地域づくりを実践・研究している学識経験者や全国町村会の地域農政未来塾受講生が「自治体農政とは何か、その現実や可能性、そして未来」を討論する。  シンポジウムでは「自治体農政と...

JCA第60回公開研究会

 (一社)日本協同組合連携機構(JCA)は7月27日、東京・明治大学リバティタワーで第60回公開研究会を開く。JCAでは協同組合研究誌『にじ』2019年秋号で、「協同組合と教育~組合員・職員の学びと研究者の啓蒙(仮題)」をテーマに特集を企画している。研究会は、その前段として協同組合研究者・実践家等との間で幅広く意見交換し議論を深めるため、明大協同組合学研究室と共催で行うもの。  関西大学教授の杉...

もっと見るkeyboard_arrow_right

日本農民新聞農業・農政・農協・アグリビジネスの情報紙

〈蔦谷栄一の異見私見〉「家族農業の10年」で変えていくために

 「家族農業の10年」がスタートしたが、昨年12月の国連総会で決議された「小農と農村で働く人びとの権利に関する国連宣言(小農の権利宣言)」とともに、家族農業と小農についての議論が広がりつつある。  「農家・市民・地域・運動・NGO・研究者などの交流・連携を深める『場』として、2019年1月に設置」された“国連小農宣言・家族農業10年連絡会”によって、参議院議員会館と衆議院第二議員会館で既に2回に...

アイキャッチ

日本農民新聞 2019年7月5日号

日本農民新聞 2019年7月5日号

このひと   JA女性組織活動のこれから   JA全国女性組織協議会...

もっと見るkeyboard_arrow_right