日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

announcement おしらせ

第5回「JA営農・経済フォーラム」から JA実践事例報告の要旨を掲載しました


注目のニュースJAグループ、農水省、農業関連企業・団体、各政党等食と農のニュース

豚コレラを「CSF」、アフリカ豚コレラを「ASF」に名称変更

風評被害対策で、「呼称が定着するように徹底」と農相  農水省は12日、「豚コレラ」の呼称を「CSF(Classical Swine Fever=古典的な豚の熱病)」、アフリカ豚コレラも「ASF(African Swine Fever)」に変更すると発表した。江藤農相が同日の会見で明らかにした。  豚コレラの名称変更については、与党内からも変更を求める声が出ていた。農相は、現在用いている、豚コレ...

次期基本計画、TPP等関連大綱見直しで政策提案=全中

中家全中会長らJAグループ幹部が江藤農相に要請  JA全中は7日の理事会で、「次期食料・農業・農村基本計画に対するJAグループの提案」、「新たな国際環境下における生産基盤強化等にかかる政策提案」 等を決めた。  同日、中家徹会長らJAグループ幹部は農水省を訪れ、江藤拓農相に政策提案を示し、政策の確立を求めた。 関連記事→JAグループ幹部が農相に次期基本計画等で政策提案  次期基本計画に対す...

もっと見るkeyboard_arrow_right

人事ニュースJAグループ、農水省、農業関連企業の人事情報

クボタ社長に北尾氏

クボタ社長に北尾氏=1月1日付

クボタ社長に北尾氏=1月1日付

 ㈱クボタは7日開催の取締役会で、代表取締役社長に北尾裕一代表取締役副社長執行役員を充てる人事を...

人事|JA全中=11月11日付

 JA全中は11月11日付で機構変更を行い、国際企画部と農政部を統合、新たに「農政部」とする。同日付で人事異動を行う。  ▽農政部国際企画課長兼同部輸出・知財農業推進室長(国際企画部国際企画課長兼同部輸出・知財農業推進室長)小林康幸

もっと見るkeyboard_arrow_right

イベント案内食と農、JAグループ、農水省、農業関連企業のイベント案内

ICTが変える食料・農業・農村テーマにシンポ

 日本農学アカデミーと(公財)農学会は11月3日、東大・弥生講堂で、公開シンポジウム「ICTが変える食料・農業・農村」を共同開催する。  東京農工大の澁澤栄特任教授(テーマ=コミュニティベース精密農業の課題と展望)、九大大学院農学研究院の南石晃明教授(スマート農業の現状と展望―経営視点で未来農業を考える)、農研機構農村工学研究部門の高木強治水利工学研究領域長(水利システム管理における問題点とIC...

「肥料のリスク管理」をテーマに講演会=肥料経済研

 (一財)肥料経済研究所は11月29日、東京・大手町のKKRホテル東京で「肥料のリスク管理」をテーマに講演会を開催する。「肥料取締制度の見直し」(農水省農産安全管理課課長補佐・野島夕紀氏)、「農林水産省登録認証機関から見た有機JAS・特別栽培農産物に使用する生産資材」(㈲リーファース代表取締役・水野葉子氏)、「肥料の生産・使用場面でのリスク管理」(オフィスFujiwara技術士・藤原俊六郎氏)と題...

もっと見るkeyboard_arrow_right

日本農民新聞農業・農政・農協・アグリビジネスの情報紙

日本農民新聞 2019年11月5日号

〈本号の主な内容〉 ■JAグループ担い手アグリサミット2019  JA全農がJA西日本営農技術センター(広島)で開催 ■集中連載 第2回  「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ   わがJAの自己改革と今後  福岡県 JA糸島    代表理事組合長 山﨑重俊 氏  大阪府 JA大阪南   代表理事組合長 中谷清 氏  千葉県 JAちば東葛  代表理事組合長 勝田実 氏 ...

日本農民新聞 2019年10月25日号

〈本号の主な内容〉 ■台風19号 農林水産関係にも甚大な被害 ■集中連載 第1回  「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ   わがJAの自己改革と今後  鳥取県 JA鳥取中央  代表理事組合長 栗原隆政 氏  岩手県 JAいわて中央 代表理事組合長 浅沼清一 氏  東京都 JA東京あおば 代表理事組合長 洒井利博 氏  栃木県 JAなすの   代表理事組合長 菊地秀俊 氏...

もっと見るkeyboard_arrow_right