日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

announcement おしらせ

2019.5.31 日本農民新聞社Webをリニューアルしました。過去記事も追って移行していく予定です。


注目のニュースJAグループ、農水省、農業関連企業・団体、各政党等食と農のニュース

日本養豚協会が通常総会開催。会場から提案された「豚コレラに対する緊急動議」に対し、要請状況等を説明する香川会長

日本養豚協会が総会開き、19年度事業計画等を承認

日本養豚協会が総会開き、19年度事業計画等を承認

東海5県が経営再開へ豚コレラに対する緊急動議  (一社)日本養豚協会(=JPPA、香川雅彦...

日本俳優連合がJCAに加盟

 日本協同組合連携機構(JCA)に、協同組合日本俳優連合(日俳連、西田敏行理事長)が5月30日付で加盟(3号会員)した。  今回の加入は、JCAの存在をウェブサイトで知った日俳連の永島敏行常務理事が、「協同組合間連携により有意義な活動を行いたい」という想いからJCA加入を日俳連理事会に提案したもの。日俳連には、約2600名の俳優が加入。俳優は一人一人がTV局や制作者と対等に出演契約を結ぶことが難...

もっと見るkeyboard_arrow_right

人事ニュースJAグループ、農水省、農業関連企業の人事情報

奥原前農林水産事務次官が日本農業法人協会顧問

日本農業法人協会顧問に奥原前農林水産事務次官

日本農業法人協会顧問に奥原前農林水産事務次官

 日本農業法人協会は奥原正明(おくはら・まさあき)前農林水産事務次官を顧問とする人事を決定した。...

副会長に冨安井関農機社長、田中三菱マヒンドラ農機CEO、常務に川口氏を選任日本農業機械化工業会

 日本農業機械工業会(会長=木股昌俊㈱クボタ代表取締役社長)は6月3日、理事の選任を行い、新副会長に冨安司郎(井関農機㈱代表取締役 社長執行役員)、田中章雄(三菱マヒンドラ農機㈱CEO代表取締役社長)の両氏を、新常務理事に川口尚氏(学識経験者)をそれぞれ選任した。木下榮一郎副会長(井関農機㈱)、末松正之副会長(三菱マヒンドラ農機㈱)、森下光常務理事は退任。

もっと見るkeyboard_arrow_right

イベント案内食と農、JAグループ、農水省、農業関連企業のイベント案内

「施設園芸新技術セミナー・機器資材展」8月に千葉県下で=施園協

〝関東(千葉県)の地域農業を支える施設園芸〟等をテーマに  日本施設園芸協会(鈴木秀典会長)は、「施設園芸新技術セミナー・機器資材展in千葉」を8月7・8の両日、千葉県東総文化会館で開催する。同セミナーは施設園芸の先端技術や最新情報を紹介するため毎年開催しているもので、通算65回目。今回のセミナーは、「施設園芸・植物工場における先進技術と関東(千葉県)の地域農業を支える施設園芸」をメインテーマに...

協組懇定例研究会

 協同組合懇話会の定例研究会が7月8日、東京・新橋の共栄火災本社ビルで開催される。「日本農業・農村をどう再構築するか―農家が消える日本、農山村が輝くオーストリア」と題して㈱農林中金総合研究所客員研究員の石田信隆氏が講演する。参加費500円。問合せは(℡03―3593―0488)へ。

もっと見るkeyboard_arrow_right

日本農民新聞農業・農政・農協・アグリビジネスの情報紙

〈行友弥の食農再論〉虹の彼方へ

 年齢を重ねるうちに知人の訃報に接することが増えてきたが、今回はこたえた。農林年金理事長の松岡公明さんだ。先月28日、登山中の事故で亡くなった。享年62。あまりに若すぎた。  全中で米政策を担当されていたころ、駆け出し農政記者として取材したのが最初の出会いだ。豪放らい落な人柄にひかれたが、理想家肌で一本気なところも魅力だった。通夜で再会した全中の元幹部は「熱皿漢でね。手綱を引くのが難しい部下だっ...

アイキャッチ

日本農民新聞 2019年5月25日号

日本農民新聞 2019年5月25日号

このひと   JA青年組織とJA改革   全国農協青年組織協議会 会...

もっと見るkeyboard_arrow_right