日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

announcement おしらせ

第5回「JA営農・経済フォーラム」から JA実践事例報告の要旨を掲載しました


注目のニュースJAグループ、農水省、農業関連企業・団体、各政党等食と農のニュース

純利益は4・5%減の1106百万円=農中信託銀行

 農中信託銀行(東山克之社長)は5月29日、2020年3月期(2019年4月~2020年3月)の決算概要を発表した。  信託報酬がファンドトラスト(ファントラ)や特定金銭信託(特金)・特定金外信託(特金外)の残高伸長により前年同期比134百万円増の4416百万円、役務取引等収益が同59百万円増の886百万円、資金運用収益が配当の減少等により同33百万円減の307百万円となり、経常収益は同2・9%...

農林中金と三菱地所がサステナビリティ・リンク・ローンの契約締結

国内不動産業界で初、持続可能な事業活動・成長を支援  農林中央金庫(奥和登代表理事理事長)と三菱地所㈱(吉田淳一執行役社長)は5月29日、国内不動産業界において初となるサステナビリティ・リンク・ローン(=SLL)による金銭消費貸借契約(=本件ローン)を締結したと発表した。  SLLは、借り手の経営戦略に基づくサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(=SPTs)を設定し、貸付条件をSPTs...

もっと見るkeyboard_arrow_right

人事ニュースJAグループ、農水省、農業関連企業の人事情報

人事|農水省=6月1日付

 ▽大臣官房参事官兼消費・安全局付(経済産業省通商政策局アジア大洋州課通商企画調整官)清水正雄▽(大臣官房地方課付)農林水産技術会議事務局研究調整課長中澤克典▽消費・安全局食品安全政策課国際基準室長(大臣官房政策課調査官兼消費・安全局畜水産安全管理課付)石橋朋子▽(大臣官房地方課付)食料産業局食品流通課商品取引室長渡邉泰輔▽大臣官房政策課調査官(生産局畜産部畜産振興課畜産危機管理官)消費・安全局動...

人事|共栄火災海上保険㈱

 〔6月25日付〕▽退任(上席執行役員)佐古敏明  〔6月29日付〕▽取締役専務執行役員〔代表取締役〕(JA共済連代表理事専務)石戸谷浩徳▽同(取締役常務執行役員)名古屋宏▽取締役常務執行役員(常勤監査役)福田和彦▽同(執行役員)赤崎達也▽取締役、全国労働者共済生活協同組合連合会代表理事理事長廣田政巳▽常勤監査役(取締役常務執行役員)隈大悟▽同(JA共済損害調査㈱監査役)田頭広行▽監査役、あみた...

もっと見るkeyboard_arrow_right

イベント案内食と農、JAグループ、農水省、農業関連企業のイベント案内

施設園芸・植物工場展GPECの開催を1年延期=日本施設園芸協会

 日本施設園芸協会は7月15~17日に愛知県国際展示場で予定していた「施設園芸・植物工場展2020 GPEC in 愛知」の開催を1年延期する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言発令によるもの。開催日程は2021年7月14日(水)~16日(金)の3日間。会場は変更なく愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」(常滑市)で行う。

農業用生分解性資材普及セミナー【開催延期】

この催しは開催延期になりました。  農業用生分解性資材普及会(=ABA)は3月19日、東京・江戸川区のタワーホール船堀で「農業用生分解性資材普及セミナー2020」を開く。講演テーマと講演者は以下の通り。  ▼2018年度生分解性マルチの出荷量動向と廃棄物処理の現状(農業用生分解性資材普及会)▼農業生産におけるプラスチック問題への対応(農水省生産局農業環境対策課・大城智弘氏)▼生分解性プラスチッ...

もっと見るkeyboard_arrow_right

日本農民新聞農業・農政・農協・アグリビジネスの情報紙

アグリフューチャージャパン(AFJ)代表理事副理事長合瀬宏毅氏|日本農業経営大学校の魅力と今後

日本農民新聞 5月15日号

日本農民新聞 5月15日号

このひと これからの農業人材とその育成~日本農業経営大学校の魅力と今後~ アグリフューチャージャ...

JA全農令和2年度事業計画のめざすもの|JA全農代表理事専務野口栄氏

日本農民新聞 2020年4月25日・5月5日合併号

日本農民新聞 2020年4月25日・5月5日合併号

このひと JA全農令和2年度事業計画のめざすもの JA全農 代表理事専務 野口 栄 氏  ...

もっと見るkeyboard_arrow_right