日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

JA共済連|関連企業・団体

全農県本部会長に山内氏、共済連県本部会長に小林氏=岐阜

 JA岐阜中央会・各連は役員の選任を行い、中央会副会長に可知井実氏(新・JAとうと)、JA全農県本部運営委員会会長に山内清久氏(新・JAめぐみの)、JA共済連県本部運営委員会会長に小林徹氏(新・JAにしみの)を選任した。

社長に佐古氏=JA共済ビジネスサポート

 JA共済ビジネスサポート㈱(JBS)は6月26日に開いた総会で2019年度決算を承認するとともに、役員の選任を行い、代表取締役社長に佐古敏明氏(前共栄火災海上保険㈱上席執行役員)を新たに選任した。松永茂明代表取締役社長は退任。  2019年度の事業実績は、取扱高50億1760万円(対前年比102・7%)、経常利益7448万円(同92・4%)、当期利益4868万円となっている。  2020年度の取扱高は51億524万円を計画している。

会長に唐澤氏=JAグループ群馬

 JA群馬中央会・各連は役員の選任を行い、中央会・厚生連代表理事会長、JA全農・JA共済連県本部運営委員会会長に唐澤透氏(新・JAあがつま)を選任した。そのほかの役員は以下の通り。  【中央会】▽副会長=林康夫(新・JA利根沼田)▽専務理事=田村新衛(新/参事・共通役員室長)  【全農県本部】▽運営委員会副会長=大澤孝志(再)  【共済連県本部】▽運営委員会副会長=大塚隆夫(新・JA前橋市)  【厚生連】▽代表理事副会長=大塚隆夫(新)▽常務理事=青木昭(新・健康管理部長)

副会長に菊地氏=JAグループ栃木

 JA栃木中央会・各連は役員の選任を行い、中央会副会長、JA全農・JA共済連県本部運営委員会副会長に菊地秀俊氏(新・JAなすの)を選任した。

高橋会長再任=JA宮城中央会

 JA宮城中央会・各連は役員の選任を行い、中央会代表理事会長、JA全農・JA共済連県本部運営委員会会長に高橋正氏(再)、同副会長に松本憲氏(新・JA加美よつば)を選任した。そのほかの役員は以下の通り。  【中央会】▽常務=髙橋慎(新・総務部長)

会長に小野寺氏=JAグループ岩手

 JA岩手県中央会・各連は役員の選任を行い、中央会・厚生連代表理事会長、信連経営管理委員会会長、JA全農・JA共済連県本部運営委員会会長に小野寺敬作氏(新・JA新いわて)、同副会長に後藤元夫氏(新・JA岩手ふるさと)を選任した。そのほかの役員は以下の通り。  【信連】▽代表理事理事長=菅原和則(再)▽代表理事専務=荒木田裕樹(新・常務理事)▽常務理事=工藤孝志(新・JAバンク統括部長) 【厚生連】▽常務理事=藤尾芳彦(新・参事兼総務部長)

社長に及川氏=JA共済損害調査

 JA共済損害調査㈱は6月26日開いた総会で2019年度決算を承認するとともに、役員の選任を行い、代表取締役社長に及川尚孝氏(常務取締役)、常勤監査役に成見洋二氏(参与)を新たに選任した。  2019年度の事業実績は、取扱高50億719万円(対前年比99・8%)、経常利益2億718万円(同120・3%)、当期利益1億1592万円(同124・7%)となっている。  2020年度の取扱高は51億6500万円を計画している。 ※及川尚孝社長の経歴・顔写真は、日刊アグリ・リサーチに掲載しています。

内藤理事長再任=JA共済総研

 一般社団法人JA共済総合研究所は6月22日の通常総会で任期満了に伴う役員の選任を行うとともに、29日の理事会で内藤邦男理事長、有長光司専務理事を再任した。  通常総会では令和元年度の貸借対照表及び正味財産増減計算書の承認を受けた。また、令和元年度の事業報告を行い、これまで実施してきた調査研究等内容の検証・課題の洗い出し等により調査研究等のさらなる充実強化をはかるよう取り組んだこと等が報告された。  なお、今回の通常総会・理事会における決議・報告事項は、新型コロナウイルス感染予防の観点から、全正会員・全役員からの書面による同意等の意思表示により決議・報告があったとみなしたものである。

JAグループ北海道=中央会長に小野寺氏、ホクレン会長に篠原氏

 JA北海道中央会、ホクレン、共済連北海道本部、信連、厚生連は役員の選任を行い、中央会代表理事会長に小野寺俊幸氏(JAところ)、ホクレン代表理事会長に篠原末治氏(JA士幌町)、共済連北海道本部運営委員会会長・厚生連代表理事会長に中瀨省氏(JA北はるか)を選任した。信連経営管理委員会会長の佐藤彰氏は再任。その他の役員は以下の通り。 【中央会】▽副会長理事=串田雅樹(新・JA十勝清水町)▽専務理事=柴田倫宏(再) 【ホクレン】▽代表理事副会長=畠山良一(新・JA新はこだて)、村木秀雄(新・JAいわみざわ)、西川寛稔(新・JA中春別)▽代表理事専務=箱石文祥(新・代表理事常務)▽代表理事常務=矢...

関連企業情報|中央コンピュータシステム

 ㈱中央コンピュータシステム(櫻田巧代表取締役社長)は6月26日に開いた総会で2019年度決算を承認するとともに、役員の選任を行い、代表取締役専務に上田祥之氏(常務取締役)、専務取締役に古座野好則氏(常務取締役)、常務取締役に村井雄一(参与)・髙橋豊(参与)の両氏を新たに選任した。  2019年度の事業実績は、売上高187億4533万円(対前年比114・1%)、経常利益6億8145万円(同103・5%)、当期利益4億5741万円(同100・4%)となっている。  2020年度の売上高は180億9002万円を計画している。

人事|農林中金全共連アセットマネジメント㈱=6月25日付

▽監査役(前・㈱うおいち常勤監査役)伊藤博通

人事|JA共済連=6月22日付

▽参事兼法務・コンプライアンス統括部長(参事兼業務部長)中島英二▽業務部長(業務部次長兼業務管理室長)三條憲

人事|JA共済連(県本部長)

 【兵庫県本部】〔6月21日付〕▽本部長(副本部長)三森京介 〔6月20日付〕▽退任(本部長)仙賀秀和

浄水剤719万錠分相当額を日本ユニセフ協会に寄付=共栄火災

 共栄火災海上保険㈱(助川龍二社長)は、不衛生な水をきれいにする浄水剤を途上国の子ども達に届けるため、日本ユニセフ協会を通じて、浄水剤719万錠分(小学校の標準的なプールで約100杯分の飲料水)に相当する額を寄付した。  2015年に社会貢献活動の一環としてスタートした「Kyoei Safe  Water For Childrenプロジェクト」の取組み。同プロジェクトは、開発途上国の子ども達へ不衛生な水をきれいにする浄水剤を届けるために自動車保険料の一部を拠出し寄付するもの。2019年4月から2020年3月の1年間で集まった寄付金を日本ユニセフ協会に寄付した。

〝おうち時間を充実させよう!〟に新たに2種類のコンテンツを追加

健康維持・増進に役立つ情報を紹介=JA共済の地域貢献活動Webサイト  JA共済連は、自宅で簡単に健康維持・増進に役立つ情報を提供するWebサイト『おうち時間を充実させよう!』をこの4月から公開している。新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めながら日々の生活を過ごす「新しい生活様式」では、今まで以上に心身の健康維持が重要になるという考えから同サイトを立ち上げているが、5月28日から、同Webサイトで、家の中でひとりでもできる野球のトレーニング方法などを紹介する『HOME BASEBALL』、高齢者に向けて簡単な運動で転びにくい身体をつくる『転倒予防体操』動画の2種類のコンテンツを追加した。

JAアクセラレータープログラム第2期の8企業を決定

 JAグループのイノベーションラボ「AgVenture Lab」(荻野浩輝代表理事理事長)はこのほど、新しいアイディアやテクノロジーで農業・食料・地域のくらしの課題を解決する革新的な商品・サービスを募り、JAグループが事業支援する「JAアクセラレータープログラム第2期」のビジネスプランコンテストを開き、同プロクラムに参加する優秀賞の8社を決定した。  選ばれた各社の提案要旨は次の通り。▼㈱CuboRex=ねこ車(一輪車)を1時間で電動化するKIT「E―cat」により傾斜地等の運搬作業を効率化する、▼myProduct㈱=豊かな自然や農業、ユニークなものづくりなど地域の手仕事に特化した産業観光...

在宅エコノミー症候群予防に「レインボー体操」、WEB動画制作=JA共済連

 JA共済連は、「新しい生活様式」を心がけ大切な人と離れて暮らす人たちを応援し、まだまだ自宅で過ごす時間が多い人の運動不足解消や健康増進などを目的に、女優・仲間由紀恵さんを起用したJA共済スペシャルムービー『Rainbow Action With You』を制作、28日から公開している。  新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が全国的に解除される一方、感染拡大の予防に向けた『新しい生活様式』の定着が求められる中で、〝在宅エコノミー症候群〟などの新たな健康リスクが指摘されている。  こうした中、今回制作した動画は、自宅でも簡単に取り組むことができるJA共済の「レインボー体操」を、仲間...

人事|共栄火災海上保険㈱

 〔6月25日付〕▽退任(上席執行役員)佐古敏明  〔6月29日付〕▽取締役専務執行役員〔代表取締役〕(JA共済連代表理事専務)石戸谷浩徳▽同(取締役常務執行役員)名古屋宏▽取締役常務執行役員(常勤監査役)福田和彦▽同(執行役員)赤崎達也▽取締役、全国労働者共済生活協同組合連合会代表理事理事長廣田政巳▽常勤監査役(取締役常務執行役員)隈大悟▽同(JA共済損害調査㈱監査役)田頭広行▽監査役、あみた綜合法律事務所弁護士 明治学院大法学部法律学科教授波多江久美子▽上席執行役員(経営企画部部長職)小野山修司  〔退任〕▽(取締役専務執行役員〔代表取締役〕)武藤和文▽(同)山本雅士▽(取締役)中世古...

アイキャッチ

JA共済優績組合のJA共済大賞に会津よつば・いるま野・ぎふの3組合

JA共済連が、令和元年度に契約実績や普及活動などで優れた成績をあげた「令和元年度 JA共済優績組合」を発表。最優秀賞にあたる「JA共済大賞」に、JA会津よつば(福島)、JAいるま野(埼玉)、JAぎふ(岐阜)が輝いた。

新型コロナも補償対象に商品改定=共栄火災

 共栄火災海上保険㈱(助川龍二社長)は19日、新型コロナウイルス感染症を補償の対象とする商品改定を行うと発表した。  特定感染症を補償する同社の商品の多くは、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」における「一類感染症」「二類感染症」「三類感染症」を補償の対象としているが、同法における「指定感染症」である新型コロナウイルス感染症については、補償の対象外となっている。  共栄火災では、商品改定の背景について「このほど、新型コロナウイルス感染症が一類感染症または二類感染症と同程度の措置が講じられており、将来的には一類感染症または二類感染症として指定される見通しであること等を踏ま...

keyboard_arrow_left トップへ戻る