2011年 4月 5日号 第2929号
このひと
新潟大学大学院自然科学研究科 教授
大坪 研一 氏

 わが国の食料自給率向上のため、国をあげて米粉の利用推進が進められている。3月に開催されたFOODEX2011の一環として米穀安定供給確保支援機構が開いた「米粉シンポジウム」では、米粉利用促進向けた講演が行われたが、その中から新潟大学・大坪教授の「米粉利用の現状と今後の展望」のエッセンスを紹介する。  <続きを読む>

東日本震災・原子力発電所災害に係る主なニュース
   出荷停止等の被害に「万全の補償」を 全中・全農会長が大臣に要請
   震災対策 岩手・宮城・福島県中会長が農水要請 
   戸別補償制度の申請機関1ヶ月延長など
   新潟基地に石油製品を集積=全農が被災地への供給へ基本方針
   食品事業者と情報共有化へ=農水省が今後の対応で説明会
   生乳需要の確保を中酪が農水省等に要請
   東北への飼料供給に力 北海道・九州の工場から応援出荷=全農
   JA共済 宮城県本部に窓口開設 
   出荷制限で農水が金融円滑化を要請
   被災者雇用する農業法人等を募集=全国農業会議所・全国新規就農センター
   セーフティネット資金 融資限度額2倍に拡大=日本公庫
   全農が大震災復興支援へ災害対策積立金から拠出

特集 「農業の再生戦略と農業機械化の展望」新技術セミナー3月9日さいたま市にて開催
   農研機構・生研センターと新農機が開催
   主催者挨拶=安橋隆雄新農機社長
   講演=雨宮宏司農水大臣官房審議官 食料自給率50%に向けた戦略
   事例報告=農事組合法人 ファーム・おだ 組合長理事 吉弘 昌昭 氏
        有限会社「朝日池総合農場」代表取締役 平澤 栄一 氏
        JAいわて花巻 営農推進部長 大村 保 氏

蔦谷栄一の異見私見 分散そして地域循環こそが最大の担保

NEWS
あぐり・データ ズームアップ 平成22年度産4麦の収穫量=農水省
あぐりデータ JA貯金・貸出残高/JA共済普及実績/農業物価指数/農業生産資材動向/農業機械出荷動向/外食産業市場動向調査ほか
10DAYSニュース 3月20日〜31日の主な出来事
今 号 の 主 な 内 容