農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、わが国唯一の農産物検査に関する専門誌です。
 米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の農政事務所(旧・食糧事務所)の職員、検査士、登録検査機関の農産物検査員、農協・県連・全国連の担当職員、農業改良普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査は平成18年4月より完全民営化されましたが、農産物をめぐる状況が大きな転換期を迎えている今、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。
 本誌は、食糧行政に長く携わってこられたベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。
 是非、ご購読下さい。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6月・9月・12月・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  178号(2011年3月) 主な内容

巻頭言
  • 猛暑の中の平成22年産米の品質
    農林水産省 総合食料局食糧部 消費流通課 流通加工対策室長 稲葉恭正

解説
  • 平成23年度主要食糧(米・麦)関係予算案の概要
     農林水産省 総合食料局 総務課予算第2班 10
  • 民間流通麦の入札に関する概要
     (財)全国米麦改良協会
  • 米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針(平成23年2月)
     農林水産省 総合食料局 食糧部 計画課 20
  • 農産物検査に関する基本要領一部改正のポイント
     (財)全国瑞穂食糧検査協会 24

JAトップに聞く
  • 長野県JAあづみ 代表理事組合長 鈴木章文

地域・現場からの声
  • 滋賀県における農産物鑑定会の概要
     JA全農しが 農産物検査課 中村正男
  • 米検査について思うこと
     農民連京都農産物供給センター 検査員 安田政教
  • もう君には「うてあえない」─ 農産物検査との決別 ─
     九州農政局福岡農政事務所 地域第三課 平石修一
  • 信頼される検査への道!
     JAさが農産部農産指導課 技術参与 吉浦邦敏

連載 米粉生産・消費拡大への道
  • 16.高付加価値の湿式玄米粉と製粉技術
     (株)西村機械製作所 常務取締役 西村元樹

話題
  • 米粉ビジネスの将来を展望する「米粉ビジネスフォーラム」を開催
  • JA全農が米穀事業に関して丸紅と戦略提携意向書締結
  • 現物弁済米の在庫数量は3,620t=昨年末現在、米穀機構が発表=
  • 加工用米取引センターを創設、透明性高い取引めざし関係10社で

JAグループ農産物検査協議会活動
  • 全国36府県から76名が参加、上位5名を優秀表彰─第8回全国JAグループ農産物鑑定会
     全国JA農産物検査協議会事務局
  • JAグループ指導的検査員養成研修会を開催─22年度は全国で143名が受講
     全国JA農産物検査協議会事務局

全集連コーナー
  • 第5回全集連全国農産物鑑定競技会の結果
     全国検査流通連絡協議会(事務局:全国主食集荷協同組合連合会 業務部 企画調整課)
  • 熊本県民間農産物検査協議会の検査員育成研修の実施
     熊本県主食集荷協同組合 参事 村上雅弘

穀検コーナー
  • 福岡県における種子検査状況
     (財)日本穀物検定協会 久留米出張所 農産物検査員 酒井佑二

検査機器情報
  • 蛍光X線によるコメ中のカドミウム検査装置の開発
     エスアイアイ・ナノテクノロジー(株) 分析技術部技術一グループ 深井

交流の広場
  • 製粉業界の昨今
     (財)製粉振興会 参事 熊田 新吉 60

資料・データ
  • 平成22年産米の食味ランキング
     (財)日本穀物検定協会
  • 平成22年産米の検査概況(平成23年1月末日現在)
     農林水産省 消費流通課 農産物検査班
  • 平成21年度外国産農産物の検査結果
     農林水産省 消費流通課 農産物検査班

グラビア
  • 農産物検査3団体が鑑定(競技)会開く
  • ごはん・お米とわたし(作文・図画コンクール)
  • バケツ稲づくりコンテスト表彰式


日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3631 FAX:03(3233)3666