農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、わが国唯一の農産物検査に関する専門誌です。
 米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の農政事務所(旧・食糧事務所)の職員、検査士、登録検査機関の農産物検査員、農協・県連・全国連の担当職員、農業改良普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査は平成18年4月より完全民営化されましたが、農産物をめぐる状況が大きな転換期を迎えている今、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。
 本誌は、食糧行政に長く携わってこられたベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。
 是非、ご購読下さい。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6月・9月・12月・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  170号(2009年3月 春号) 主な内容

巻頭言
  • 品質事故防止の更なる徹底と新たな取り組みに向けて
    全国農協カントリーエレベーター協議会 会長 野口好 氏

■特集■
  • 米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針(平成20年11月 農林水産省)

解説
  • 平成21年度主要食糧(米・麦)関係予算案の概要
  • 国内産農産物の銘柄設定の見直し
  • 平成19年度における登録検査機関に対する監査及び巡回点検等の結果

連載 米粉生産・消費拡大への道
  • 米の新用途利用の拡大に向けて(農林水産省総合食料局食糧部計画課)
JAトップに聞く
  • 滋賀県 JA甲賀郡 代表理事組合長 福澤昭吉 氏

地域・現場からの声
  • 鑑定に自信を持つには、一にも二にも経験、米を多く見ること(青森)
  • 誤りの原因を鑑定練習で納得するまで見直すことが必要(長野)
  • 米どころ・JA越後ながおかにおける農産物検査体制の現状と課題(新潟)
  • 新潟県における民営検査確立に向けた課題
  • 石川県のJAグループ農産物検査体制と今後の課題
  • JA香川県における農産物検査の現状と課題(香川)

JAグループ農産物検査協議会活動
  • JAグループ指導的検査員養成研修会を開催(全国JA農産物検査協議会事務局)

人物往来
  • 農林水産省総合食料局食糧部消費流通課長 中村啓一 氏

農産物検査基礎講座(3)
  • 農産物検査の実際(2) (全国瑞穂食糧検査協会)

第33回ごはん・お米とわたし
  • 作文・図画コンクール/作文部門 内閣総理大臣賞受賞作品「農家に生まれて」

業界だより
  • 穀検主催外国産農産物鑑定競技会開く(日本穀物検定協会)

交流の広場
  • 「十年日記」その後―又はわが敗戦日記(千葉共同サイロ常務取締役 山口隆右 氏)

資料・データ
  • 平成20年産米の食味ランキング(平成21年2月12日)
  • 平成20年産米の検査概況(平成21年1月末日現在)

グラビアページ
  • 米バラ検査の実際を北海道にみる

農林水産省農産物検査班から

日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3631 FAX:03(3233)3666