農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、わが国唯一の農産物検査に関する専門誌です。
 米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の農政事務所(旧・食糧事務所)の職員、検査士、登録検査機関の農産物検査員、農協・県連・全国連の担当職員、農業改良普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査は平成18年4月より完全民営化されましたが、農産物をめぐる状況が大きな転換期を迎えている今、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。
 本誌は、食糧行政に長く携わってこられたベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。
 是非、ご購読下さい。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6月・9月・12月・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  165号(2007年12月 冬号) 主な内容

巻頭インタビュー
  • 製粉協会専務理事 門田正昭 氏
  • 平成19年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)について
    農林水産省統計部生産流通消費統計課 宮本隆明 氏

解説
  • 「品目横断的経営安定対策」の加入申請状況
  • 「「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会」について
  • 平成20年産国内産麦の入札について

研究情報
  • 開花の仕組みを利用して「花粉の飛散しないイネ」を開発する(農研機構中央農業総合研究センター)

地域・現場からの声
  • 我がJAにおける農産物検査体制と今後の課題(JAきたそらち)
  • 新潟県における農産物検査体制と今後の課題
  • 長野県における民営検査の現状と課題
  • JA農産物検査における現状と今後の課題(JAもとす)
  • 検査現場雑感―民営移行から七年が過ぎて(全農滋賀県本部)
  • 愛媛県JAグループにおける19年度農産物検査員育成研修の現状と課題(全農愛媛県本部)
  • 福岡県JA農産物検査協議会の活動状況(全農福岡県本部)
  • 大分県における民営検査の現状と課題(九州農政局大分農政事務所)

JAトップに聞く
  • 岩手県 JAいわて中央 代表理事組合長 長澤壽一 氏
  • 熊本県 玉名農業協同組合 代表理事組合長 城内孝義 氏

話題
  • 日本酒の醗酵のはなし(日本酒造組合中央会)

JAグループ農産物検査協議会活動
  • 農産物検査を巡る現状・課題・対応策(全国JA農産物検査協議会)

業界だより
  • 外国産農産物鑑定会の開催(日本穀物検定協会 松本学 氏)
  • デジタル画像処理技術を用いた印字チェック装置を発売(サタケ)
  • 「食品安全対策でのリスク評価・対応実施支援」事業を開始(三菱化学メディエンスと東京海上日動リスクコンサルティング)
  • 農産物検査に対する期待(全米販)

交流の広場
  • 精米工業会会員とともに歩んできた道
    日本精米工業会常務理事 山縣一郎 氏
  • 食中酒としての日本酒とワイン
    全国主食集荷協同組合連合会業務部長 太田雅雄 氏

資料・データ
  • 平成19年産米の検査概況(平成19年10月末日現在)

グラビアページ
  • 19年産米 作況指数99(10月15日現在)
  • 「朝組 新メニューコンテスト」の2007年度最終選考会
  • 農林水産祭「実りのフェスティバル」開催
  • 穀粒判別器精度管理試料分析検討委員会 開く
  • 「お米フォーラム2007」

農林水産省農産物検査班から
検査協会だより

日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3631 FAX:03(3233)3666