農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、農産物検査に関する専門誌としてはわが国唯一の雑誌です。さらに、米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の食糧事務所の農産物検査官・検査士、民間検査機関の検査員、農協・県連・全国連の担当職員、普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査をめぐる状況が大きな転換期にあるなか、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。『農産物検査とくほん』は、食糧行政に長く関わったベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6・9・12・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  159号(2006年6月) 内容

巻頭言
  • 米と日本生協連(日本生活協同組合連合会商品本部特別商品グループ担当部長 安斉伸夫)
■特集■ 米生産・流通上の3つの変革
  • 農産物検査の民営化元年に当たって( 1 )(全国瑞穂食糧検査協会常務理事 穴井貞義)
  • コメ価格センターの取引のあり方等に関する検討会のとりまとめの概要( 2 )(農林水産省総合食料局食糧部計画課管理係長 阿部健治)
  • 残留農薬基準のポジティブリスト制度スタートその影響と対策( 3 )(農林水産省消費・安全局農産安全管理課農薬対策室課長補佐 東野昭浩)
解説
  • 「米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針」(平成18年3 月) について(農林水産省総合食料局食糧部計画課)
グラビアページ
  • 平成18年度検査基本標準品査定会
  • 18年産麦の検査始まる
  • 農林水産省が「お米の力」展示 研究開発・加工製品を出品
  • 第17回「バケツ稲づくりコンテスト」
霞ヶ関通信
農産物検査班から
検査協会だより

業界ニュース

検査現場からの声
  • 宮崎県JA農産物検査協議会の設立(JA 宮崎経済連園芸農産部米穀特産課主査 沼田寛樹)
  • 商人系登録検査機関の状況(山形県米穀集荷協同組合常務理事 鈴木幹夫)
  • 農産物検査に係わる研修会の取り組みについて(北海道米麦改良協会検査課 上野健市)
  • 第3回JAグループ全国農産物鑑定会上位入賞者に聞く鑑定技術の向上策・訓練法(宮城県JA みどりの小牛田営農センター調査役 菅原伸明、富山県JA 氷見市農業生産法人開Aアグリひみ 寺林紀章、富山県JA アルプス立山営農センター営農指導員 神田明仁、兵庫県JA 淡路日の出津名支店経済課販売係長 上田宜夫)
検査技術アドバイス
  • 鑑定手法の経緯とその考え方について( 1 ) (全国瑞穂食糧検査協会常務理事 穴井貞義)
資料・データシリーズ
    
  • 平成18年産農産物の産地品種銘柄について(農林水産省総合食料局食糧部消費流通課 )
  • 平成17年産麦の概況(農林水産省総合食料局食糧部消費流通課)

地域からの声
JAコーナー
  • 販売体制の一元化と戦略の共有をめざして(JA 全農米穀部販売統括室長 金子正彦)
研究情報
  • これからの田植え〜ロングマット苗移植〜(中央農業総合研究センター農業経営研究チーム長 梅本雅)
業界だより
     日本穀物検定協会の農産物検査体制の整備(日本穀物検定協会 常務理事 関東支部長 佐々木正博)
話題あれこれ
     穀類に着生するカビ類等についてB(日本穀物検定協会中央研究所 微生物検査グループ長 法月廣子)
     農産物検査の権威と信頼性保持への道(東京食糧卸元常務 元神奈川食糧事務所長 濱裕浩)
話題
  • 農産物検査と穀粒判別器への期待(全国瑞穂食糧検査協会 常務理事 穴井貞義)

日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3631 FAX:03(3233)3666