農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、農産物検査に関する専門誌としてはわが国唯一の雑誌です。さらに、米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の食糧事務所の農産物検査官・検査士、民間検査機関の検査員、農協・県連・全国連の担当職員、普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査をめぐる状況が大きな転換期にあるなか、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。『農産物検査とくほん』は、食糧行政に長く関わったベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6・9・12・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  155号(2005年6月) 内容

巻頭言
  • 新たな食料・農業・農村基本計画とわが国農業の将来展望(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授 八木 宏典)
■特集■
  • 「食料・農業・農村「基本計画」(米・麦関連を中心に)」(農林水産省 総合食料局 食料企画課 課長補佐 松尾 浩則)
  • 麦産地改革支援等対策の概要について(農林水産省 総合食料局 食糧部 食糧貿易課 麦価第一係長 行本 則夫)
解説
  • 「米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針」(平成17年3月 農林水産省)について(農林水産省 総合食料局 食糧部 計画課 企画係長 田口将之)
  • 米の集荷・販売力強化をめざしたJAグループの取組み(JA全農 米穀部 事業対策課長 中地次男)
グラビアページ
  • 平成17年度検査基本標準品査定会
  • 小さな大発見 第16回「バケツ稲づくりコンテスト」
  • 第2回JAグループ『全国農産物鑑定会・意見交換会』開く
  • 全国瑞穂食糧検査協会 新事務所 竣工
  • 農水省が『お米の力」展示ブース 研究課題と加工製品を出品 (FOODEXJAPAN2005)
霞ヶ関通信
農産物検査班から
検査協会だより


人物往来

     全国JA農産物検査協議会 会長 高橋 謙治

検査民営化シリーズ
◆「第2回JAグループ全国農産物鑑定会及び意見交換会」の状況について◆
   「全国JA農産物検査協議会」の活動状況(全国JA農産物検査協議会事務局)
   JAグループ全国農産物鑑定会」に参加して(福島県JA会津みなみ下郷支店 金融共済課融資係長 小山徹)、(島根県JAいずも 指導特産課 西尾一俊)、(青森県JA鶴翔営農販売課 営農指導係長  神嘉孝)、(三重県JA松阪 米穀課 主任 山本光治)
業界だより
    精米工業からみた農産物検査への提言((社)日本精米工業会 理事・技術部長 向井敏彦)
検査技術講座
  • 水稲うるち玄米の胴割粒混入防止の指導について((財)全国瑞穂食糧検査協会 常務理事 穴井貞義)
資料・データシリーズ
    
  • 平成17年産農産物の産地品種銘柄について(農林水産省 総合食料局 食糧部 消費流通課)
  • 平成16年産主食用うるち米の指標価格の推移((財)全国米穀取引・価格形成センター)
  • 平成16年産麦類の検査実績(農林水産省 総合食料局 食糧部 消費流通課)
  • 平成16年産米の食味ランキング((財)日本穀物検定協会 公表)
話題あれこれ
  • 着検コーナー OMICによる米穀の積地検査(アメリカ編)(海外貨物検査梶@食糧部 森本 晃)
研究情報
 
  • 米の乳白などを引き起こす高温障害(九州沖縄農業研究センター 水田作研究部 栽培生理研究室 室長 森田敏)

日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3633