日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

施設と園芸

アイキャッチ

施設と園芸 187号(2019年秋)特集:ハウスの高温対策の最新の動向

巻頭言 施設栽培の周年化と高温期の課題  静岡大学農学部 生物資源科学科 教授 鈴木克己 ■特集■ ハウスの高温対策の最新の動向 ・自然換気温室の換気窓の配置・大きさと昇温抑制の効果  農研機構 農村工学研究部門農地基盤工学研究領域 農業施設ユニット長 石井雅久 ・高温期の遮光制御と作物生育への影響  ㈱ダブルエム 代表取締役社長 千葉大学講師(非常勤) 狩野敦 ・トマト大型ハウスにおける高温期の遮熱用塗布剤の利用の実際  ㈱トマトパーク 取締役 杵渕覚 ・ハウス栽培農業従事者の実態と熱中症予防対策  東京農業大学 国際食料情報学部 樫村修生 齊藤雄司 ・細霧冷房のタイ...

アイキャッチ

施設と園芸 186号(2019年夏)特集:果樹の施設生産における最新の動向

巻頭言 果樹の施設園芸の発展に向けて  農研機構 果樹茶業研究部門 企画管理部長 中村ゆり ■特集■ 果樹の施設生産における最新の動向 ・わが国の果樹施設栽培における現状と課題、今後の方向性  千葉大学大学院園芸学研究科 園芸産業創発学研究室 大川克哉 ・ハウスミカンの省エネルギーと高品質・多収生産  大分県農林水産研究指導センター 農業研究部果樹グループ 主幹研究員 矢野拓 ・ハウスミカン栽培におけるヒートポンプの有効活用技術  佐賀県果樹試験場 常緑果樹研究担当 松元篤史 ・水稲育苗ハウスを活用したブドウのアーチ栽培  新潟県農業総合研究所園芸研究センター 根津潔 ...

アイキャッチ

施設と園芸 185号(2019年春)特集:脱石油・低炭素化技術の最新の動向

巻頭言 施設園芸の脱石油・低炭素化に向けて  農林水産省 生産局 農業環境対策課 課長補佐 田井浩朗 ■特集■ 脱石油・低炭素化技術の最新の動向 ・施設園芸における脱石油・バイオマス利用技術の課題と展望  農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究調整官 中野明正 ・中小規模施設園芸における木質燃料(ペレット、チップ、薪等)の導入事例と活用の留意点  農研機構 農村工学研究部門 農業施設ユニット 山口智治 ・次世代事業大規模拠点における木質資源・再生可能エネルギー利用の取り組み  東海大学名誉教授(日本施設園芸協会 次世代施設園芸検討専門委員会委員) 林真紀夫 ・ハウスの保温...

アイキャッチ

施設と園芸 184号(2019年冬)特集:施設園芸の省力化・自動化技術

巻頭言 施設園芸における省力化・自動化の取組の現状と今後の展望について  農研機構 農業技術革新工学研究センター 所長 藤村博志 ■特集■ 施設園芸の省力化・自動化技術 オランダにおける自動収穫ロボット開発  農研機構 農業技術革新工学研究センター 内藤裕貴、Wageningen University & Research Jochen Hemming イチゴ収穫ロボットをはじめとする施設園芸の自動化技術  農研機構 農業技術革新工学研究センター 太田智彦 イチゴ生産の省力化・軽労化への取組  ヤンマーグリーンシステム(株)  選果・園芸施設部...

アイキャッチ

施設と園芸 183号(2018年秋)特集:花き施設生産における新技術

巻頭言 花き施設園芸に期待するもの  農研機構 野菜花き研究部門 花き研究監 市村一雄 ■特集■ 花き施設生産における新技術 ・わが国の花き生産における課題と方向性  農研機構 野菜花き研究部門 研究領域長 中山真義 ・バラ生産におけるCO2長期長時間施用の効果  愛知県農業総合試験場 園芸研究部 花き研究室 主任研究員 奥村義秀 ・これからの花き産業に必要なお花の取組み 花き産業総合認証と日持ち保証販売  MPSジャパン(株) 代表取締役 松島義幸 ・カーネーション生産における新たな取り組み  農事組合法人香花園 理事 真鍋佳亮 ・我が国の花き流通と品質に関する諸問題...

アイキャッチ

施設と園芸 182号(2018年夏)特集:施設園芸のクラウドサービスとAI、IoT

巻頭言 時代の変化を見通した施設園芸  農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究調整官 中野明正 ■特集■ 施設園芸のクラウドサービスとAI、IoT ・クラウド制御型養液土耕支援システム「ゼロアグリ」の開発   ㈱ルートレック・ネットワークス 技術統括責任者 喜多英司 ・モノ作り技術で農業を支える ―「何を」×「どう作り」×「どう売るか」の最適化―  一般財団法人 機械振興協会 技術研究所次長 兼企画管理室長 技術士(機械部門) 木村利明 ・kintoneを用いた生産管理、生産実績、生産予測管理の取り組み  森とまと農園 森雅也  サイボウズ(株) 農業担当 中村龍太  ...

アイキャッチ

施設と園芸 181号(2018年春)「人工光型植物工場の最新動向」

編集・発行:(一社)日本施設園芸協会  制作・販売:日本農民新聞社  体裁:A4判 約 70頁  季刊(年4回発行)  購読料:年間予約 4,112円(送料・税込)      1冊頒価 823円(送料 205円) 購読お申込み 巻頭言 人工光型植物工場の可能性と将来性 (千葉大学名誉教授 古在豊樹) ■特集■「人工光型植物工場の最新動向」 植物工場における高品質化栽培 (明治大学農学部教授、植物工場基盤技術研究センター長 池田敬) 大阪府立大学における人工光型植物工場の最新研究開発動向 (大阪府立大学研究推進機構 特認准教授 大山克己) ...

アイキャッチ

施設と園芸 180号(2018年冬)「イチゴ生産の新しい流れ」

編集・発行:(一社)日本施設園芸協会  制作・販売:日本農民新聞社  体裁:A4判 約 70頁  季刊(年4回発行)  購読料:年間予約 4,112円(送料・税込)      1冊頒価 823円(送料 205円) 購読お申込み 巻頭言 イチゴ生産の課題と展望 (農研機構 九州沖縄農業研究センター 園芸研究領域長 沖村誠) ■特集■「イチゴ生産の新しい流れ」 種子繁殖型イチゴ品種「よつぼし」の育成と普及 (三重県農業研究所 生産技術研究室長 森利樹) 種子繁殖型イチゴ「よつぼし」の高冷地育苗と全国供給 (三好アグリテック(株) 商品管理部生産...

keyboard_arrow_left トップへ戻る