日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

施設と園芸

施設園芸経営・ハウス栽培・植物工場の最新情報はこの一冊から

施設園芸農業・ハウス栽培・植物工場における最新の技術・機器資材・先進的農業経営を紹介

施設園芸植物工場分野の専門誌です。

施設園芸農業ハウス栽培植物工場の注目すべき新しい技術・施設・資材・機器と、その効果的な導入方法の紹介しています。

施設園芸農業ハウス栽培植物工場の経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な農業経営法人等の現地ルポ、全国の農業試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸ハウス栽培植物工場事情など、施設園芸農業の経営に役立つ最新情報を満載しています。

編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
制作・販売:日本農民新聞社
体裁:A4判 約 70頁
季刊(年4回発行)
購読料:1冊頒価838円(762円+税〔送料別〕) 定期購読(1年単位)もご利用ください。

「施設と園芸」購読お申込み


「施設と園芸」次号(193号2021年春)予告

特集:環境に優しい養液栽培技術(予定)
広告掲載については、日本農民新聞社までお問合せ下さい。

施設と園芸132号(2006年冬)特集:高収益を支える省力・高生産・高品質栽培技術

巻頭言 中国大陸と朝鮮半島からの果物伝播 農研機構理事・果樹研究所長 梶浦一郎 ■特集■高収益を支える省力・高生産・高品質栽培技術 単為結果性トマトを利用した高品質・省力生産による経営改善効果 (愛知県農業総合試験場園芸研究部総括研究員 矢部和則) 高品質で高収量の限界に挑むトマトの上下立体時間差連続栽培 (㈲カンジンファーム代表取締役 新堀健二) 高価格な厳冬期の出荷を可能にするイチジクの養液栽培 (トヨハシ種苗㈱ 研究農場 三浦慎一) 大幅な作期拡大を可能にし、新需要を開拓したネギ新品種‘湘南一本’ (神奈川県農業技術センター 河田隆弘・高柳りか・深山陽子...

keyboard_arrow_left トップへ戻る