日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

施設と園芸

施設園芸経営に役立つ最新情報はこの一冊から

 本誌は、施設園芸農業の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行う農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
制作・販売:日本農民新聞社
体裁:A4判 約 70頁
季刊(年4回発行)
購読料:1冊頒価838円(762円+税〔送料別〕) 定期購読(1年単位)もご利用ください。

購読お申込み

施設と園芸167号:イチゴ栽培の新たな展開

施設と園芸 167号(2014年秋)特集:イチゴ栽培の新たな展開

巻頭言 園芸分野で求められる研究者・技術者像  宮崎大学農学部 植物生産環境科学科 教授 位田晴久 ■特集■ イチゴ栽培の新たな展開 太陽光利用型植物工場でのイチゴ栽培 (農研機構 九州沖縄農業研究センター イチゴ栽培研究グループ 日高 功太) イチゴ団地を中心とした震災復興の取り組みと初年度の生産販売状況 (宮城県亘理農業改良普及センター 技術主幹 今野 誠) 九州平坦地における夏イチゴ栽培の実証 ((株)ナチュラルステップ 筑紫野オフィス 伏原 肇) 農業ベンチャー「(有)のぞみふぁーむ」におけるイチゴ栽培 (岡山大学農学部 教授・ (有)のぞみファーム ...

施設と園芸166号:次世代施設園芸拠点の展望

施設と園芸 166号(2014年夏)特集:次世代施設園芸拠点の展望

巻頭言 施設園芸・植物工場の技術開発、普及と人材力の向上  板木技術士事務所 所長 板木利隆 ■特集■ 次世代施設園芸拠点の展望 攻めの農業の旗艦「次世代施設園芸」~次世代施設園芸の全国展開~ (農林水産省生産局 花き産業・施設園芸振興室 室長 川合豊彦) 静岡県・富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアムの概要 (静岡県みかん園芸課 野菜振興班 主査 大場聖司) 高知県における次世代施設園芸の導入 (高知県環境農業推進課 環境担当 主幹 田中悠起) 宮崎県の次世代施設園芸導入による高生産性施設園芸の新たな展開 (宮崎県農産園芸課 主幹 木佐貫 守) 特別...

  1. 1
  2. 2
keyboard_arrow_left トップへ戻る