日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

フォトニュース

アイキャッチ

農水省がJA全中や16道府県等の協力を得て復興支援マルシェ開催

農水省が7・8の両日、同省本館南口玄関前で、JA全中やJF全漁連、16道府県の協力を得て「復興支援マルシェ~特産品販売会」を開催。平成30年が豪雨、台風、地震など自然災害が多発し、農林水産業に甚大な被害をもたらした1年であったとして、30年災害や東日本大震災からの被災地の復旧・復興を力強く支援するために開かれた。

アイキャッチ

豪州のマッケンジー農業大臣が全中・中家徹会長を表敬訪問

豪州のマッケンジー農業大臣が26日、東京・大手町のJAビルで全中・中家徹会長を表敬訪問。今年5月に就任したマッケンジー農業大臣の東アジア歴訪の一環として来日したもので、同大臣とともにリチャード・コート駐日豪州大使、トニー・マー豪州農業者連盟事務局長らが訪れ、全中は中家会長、金井健常務らが対応した。

アイキャッチ

JA全中が20・21の両日、JA新任常勤理事を対象にした研修会を開催

JA全中が20・21の両日、都内で、JA新任常勤理事を対象にした研修会を開催。JAの協同組合理念の実現に向けた自己改革をすすめる経営者としての強いリーダーシップと、健全経営のためのマネジメント力の向上を目的としたもので、JA・連合会・中央会から約130名が参加した。

アイキャッチ

「第15回あぐりスクール全国サミットinJAあつぎ」開催

「第15回あぐりスクール全国サミットinJAあつぎ」(共催:実行委員会〔事務局=家の光協会〕、JA神奈川県中央会)が20・21の両日、神奈川県厚木市で開催。「あぐりスクール」は子どもを対象にした年間継続型の農業体験学校。食農教育の重要性が増す中、更なる活動内容の充実が模索されている。JAと行政、教育機関等が連携して展開している事例の紹介や参加JAの交流と相互研鑽を目的に行われ、全国のJA・中央会の担当職員ら約100名が参加した。

農林中金が事務局を務めるウッドソリューション・ネットワークが非住宅木造推進アプローチブックを制作

ウッドソリューション・ネットワークがアプローチブックを制作

農林中金が事務局を務めるウッドソリューション・ネットワークが非住宅木造推進アプローチブック「時流をつかめ!企業価値を高める木造建築~持続可能な木材利用を経営戦略に取り込もう~」を制作。

アイキャッチ

日本公庫主催の「アグリフードEXPO東京2019」が東京ビッグサイトで開幕

日本公庫主催の「アグリフードEXPO東京2019」が21日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕。同EXPOは、「国産」にこだわり広域に販路拡大を目指す農業者や食品加工業者とバイヤーをつなぎ、ビジネスマッチングの機会を提供する全国規模の展示商談会。農水・財務両省等が後援し、JA全中、全農、農林中金等25団体が協賛している。日本公庫では22日までの期間中、農業者や食品加工業、バイヤーなど約1万2千名の来場を見込んでいる。

アイキャッチ

農林中央金庫が第28回JA渉外担当者交流大会「元気ネット2019」開催

農林中央金庫が8月8・9の両日、都内のホテルで第28回JA渉外担当者交流大会「元気ネット2019」を開催。全国の渉外担当者の相互啓発・情報交換を通じて、スキル向上とネットワークの構築を図ることを目的としたもの。JA・信農連・農林中金が一体的な事業運営を行う「JAバンク」において、全国の第一線で活躍し優秀な実績を上げているJA渉外担当者と信農連・農林中金支店職員等、合わせて171名が参加した。

アイキャッチ

施園協が施設園芸新技術セミナー・機器資材展in千葉を開催

日本施設園芸協会が7・8の両日、千葉・旭市で施設園芸新技術セミナー・機器資材展in千葉を開催。「施設園芸・植物工場における先進技術と関東(千葉県)の地域農業を支える施設園芸」をテーマに、施設園芸農家・普及指導員など全国から関係者が2日間で延べ約900名来場した。

アイキャッチ

JA全中が都内で臨時総会

JA全中が8日、都内で臨時総会開き、一社全中への組織変更計画、平成30年度の事業報告、決算など7議案について審議、承認を得た。冒頭、中家徹会長は「自己改革」「食料自給率」「全中の一般社団化」について語った。

ホクレン内田和幸代表理事会長〔写真左〕と板東寛之代表理事専務〔写真右〕

創立100周年を迎えたホクレンが記者説明会を開き、今後の取り組みなどを説明

 今年4月18日に創立100周年を迎えたホクレンが7日、都内ホテルで記者説明会を開催。北海道農業と同会の歩みや事業、昨今の農業を取り巻く環境の変化と、諸課題に向けた今後の取り組みなどを説明した。

農林中金が「よりぞう夏祭り2019」を開催

農林中金が「よりぞう夏祭り2019」を開催

農林中金が3日、神奈川・川崎市のラゾーナ川崎で、「よりぞう夏祭り2019」を開催。JAバンクの新キャラクター〝よりぞう〟の「ゆるキャラグランプリ2019」エントリーを記念して行われたもので、よりぞうが特技としているダンスを披露するステージや、よりぞうグッズが当たるじゃんけん大会が行われた他、ヨーヨー釣りや射的、輪投げなどの子どもたちが楽しめるコーナーが設けられた。

アイキャッチ

農水省とJA全農が共催し「全国GAP推進シンポジウム」を開催

農水省とJA全農が共催し、「全国GAP推進シンポジウム」を7月30日、同省講堂で開催。事例発表や議論を通じ、農業者、実需者双方のGAPの理解度を深め、GAP認証取得の拡大の更なる加速化や輸出促進を目的にしたもので、約300名が参集。

アイキャッチ

日本養豚協会が地域限定での飼養豚への予防的ワクチン接種検討を農相に要請

一般社団法人日本養豚協会の香川会長が2日、農水省を訪れ、豚コレラ被害拡大防止に向け、地域限定での飼養豚への予防的ワクチン接種検討など3項目を川農相に要請。

国際協同組合同盟(ICA)のアリエル・グアルコ会長が農水・厚労両省を訪問したほか、日本のICA会員13団体との懇談会に参加

ICAグアルコ会長が来日し、全中等を表敬訪問

アジアを歴訪中の国際協同組合同盟(ICA)のアリエル・グアルコ会長が7月31日、JA全中を表敬訪問し、中家徹会長と会談。グアルコ会長の今回の歴訪は、アジア6か国の現場や協同組合運動のニーズ、課題等を把握するために行っているもの。グアルコ会長は、農水・厚労両省も訪問したほか、日本のICA会員13団体との懇談会に参加した。

農協観光がJA静岡市女性部健康セミナーを企画

JA静岡市女性部が東大で栄養・健康寿命に関するセミナー受講

JA静岡市が7月29日、「食と健康の総合科学学会・JA静岡市女性部健康セミナー」(企画:農協観光)を東京大学・中島董一郎記念ホールで開催。女性部員約50名が、同大学の眞鍋昇名誉教授の講義を受けた。

アイキャッチ

JA共済連が「ようこそ!!ワンガン夏祭り」に出展

JA共済連が、フジテレビが9月1日まで東京・台場のフジテレビ本社屋と周辺エリアで開催している夏休みイベント「ようこそ!!ワンガン夏祭りTHE ODAIBA」に協賛し、JA共済の地域貢献活動を紹介するブースを出展。

全森連と農林中金が第13回森林組合トップセミナー

全森連と農林中金が第13回森林組合トップセミナー・森林再生基金事業発表会

全国森林組合連合会と農林中央金庫が25・26の両日、都内で第13回森林組合トップセミナー・森林再生基金事業発表会を開催、森林組合トップら約360名が参加した。「公益信託 農林中金森林再生基金(農中森力〈もりぢから〉基金)」の第4回助成先である7組合・連合会が、事業成果等を発表した。

JA全農が通常総代会開催。総代会・経営管理委員会後、長澤会長、山﨑理事長、野口・桑田両専務は、東京・JAビルで記者会見を行った。

JA全農が通常総代会等開催、新理事長に山﨑周二氏、新専務に野口栄・桑田義文両氏ら選任

新理事長に山﨑氏、新専務に野口・桑田両氏など  JA全農は26日、東京・ANAインターコンチネンタルホテル東京で第43回通常総代会を開催し、平成30年度事業報告・剰余金処分案、経営管理委員および監事の補欠選任等7議案と付帯決議案、報告事項が承認された。経営管理委員の補欠選任では石川寿樹(島根県農協代表理事組合長)・泉義弘(島原雲仙農協会長理事)両氏、監事の補欠選任では大河原秀一郎氏(経営企画部長)を選任した。竹下正幸・山中勝義両経営管理委員、藤井憲章監事は退任。また、総代会後に行われた経営管理員会・理事会で新たに代表理事理事長に山﨑周二氏(代表理事専務)、代表理事専務に野口栄...

JA共済連が通常総代会

JA共済連が通常総代会

 JA共済連が25日、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京で通常総代会を開催。「第69年度事業報告および剰余金処分案」「経営管理委員の補欠選任」「監事の補欠選任」など7議案、報告事項が承認された。  経営管理委員の補欠選任では、新たに澤井實(山梨・梨北農協代表理事会長)・杉林啓一(富山・あおば農協代表理事組合長)・堀勝彦(福岡・直鞍農協代表理事組合長)・泉義弘(長崎・島原雲仙農協会長理事)の各氏、常勤監事に三間真一氏(代表理事専務)を選任。また、総代会後に行われた経営管理委員会・理事会で、代表理事専務に石戸谷浩徳氏(常務理事)、常務理事に岩下秀樹(長野県本部長)・高橋一...

農林中金シンガポール支店が食育授業

農林中金シンガポール支店が現地日本人学校で食育授業

農林中央金庫シンガポール支店が22日、シンガポール日本人学校小学部クレメンティ校で食育授業(特別出張授業)。日本国民の主食である「米」を作るための工夫や努力、苦労等を学ぶことで、「日本の農業のあり方」に関わる視点を養ってもらうことをねらいとしたもので、5年生約130名が参加。同校の教諭による米を使った日本料理が紹介された後、昨年に続き兵庫・JAたじま営農生産部米穀課の塩見真仁係長が講師となり「おいしいお米ができるまで」をテーマに授業を行った〔写真=農林中金提供〕。

keyboard_arrow_left トップへ戻る