日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ

農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える|日刊アグリ・リサーチ|農業情報調査会

農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える『日刊アグリ・リサーチ』

媒体案内・ご購読案内

メール版の見本

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月25日(月)

〈主な内容〉 ◎R2年産からのゲタ対策の交付単価を自民部会に説明=農水省  大豆810円上げの9930円、小麦250円下げの6710円 ◎自民農業基本政策委等が令和2年産米の対応策とりまとめ  水田活用の直接支払交付金に必要な予算の恒久的確保など ◎北京で「日中農業担当省事務次官級定期対話」開かる ◎「民間部門農林水産研究開発功績者表彰式」開く=農水省等 ◎2019年度上半期の民間金融機関との協調融資は3期連続で1万件超=日本公庫 ◎アグリビジネス創出フェアに134機関が出展=農水省 ◎農中仙台支店が岩手県森連等と二戸市との「漆の林づくりパートナー協定」締結 ◎...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月22日(金)

〈主な内容〉 ◎経常利益860億円、純利益681億円=農中半期決算  「下期も厳しい環境、財務運営は慎重を期す」と奥理事長 ◎規制改革推進会議農林水産WGが初会合=20日  新規就農支援など今期の主な審議事項を議論 ◎JA全国共済会が宮城・栃木・長野等7県に台風・豪雨の災害見舞金贈呈 ◎乾椎茸第13回入札会開催、平均値は2511円の保合=全農 ◎「第43回全国育樹祭沖縄県実行委員会」に協賛金を贈呈=農中那覇支店 ◎ふるさと納税サイト「さとふる」にGI特設ページを開設=農水省 ◎災害対策酪農団体協議会が中酪に台風被災酪農生産者への義援金を贈呈 「食と農を基軸として...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月21日(木)

〈主な内容〉 今日の人  JA全農常務理事に就任した 倉重徳也さん ◎農村振興フォーラム開き与党代表者と意見交換=全中  基本計画、水田農業対策、食料自給率向上等を議論 ◎食品輸出促進法案が可決・成立=参院本会議 ◎「2019年度下期は2期連続のマイナス成長へ」=農中総研改訂経済見通し ◎「ジビエ料理コンテスト」の受賞者決まる ◎規制改革推進会議「農林水産WG」座長に佐久間氏、初会合開く ◎JA広島中央農青連が広島駅マルシェで「こまい菜」をPR 「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後  JA土佐くろしお

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月20日(水)

〈主な内容〉 今日の人  JA全農常務理事に就任した 竹本尚史さん ◎農業と新技術の融合で発展を「AG/SUM2019」開催  全農山﨑理事長が「農家に寄り添った持続可能な農業への挑戦」で講演 ◎相互啓発・情報交換しスキル等の向上図る=JA窓口担当者交流大会 ◎今後の米政策と飼料用米で生産者、米穀・飼料関係者らが意見交換 ◎日米貿易協定承認案が衆院通過=19日 「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後  JAならけん イベント 東北地域の農山漁村のさらなる活性化に向け東北版サミット ホット・ポイント 若者を村に呼ぶには

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月19日(火)

〈主な内容〉 今日の人                農林年金理事長に就任した 樋口直樹さん ◎全中・全農・農林中金連携のJA実践支援の新たな展開方向  JA域超える広域対応へ課題ごとにマスタープラン作成・活用 ◎日本食農連携機構が設立10周年で記念祝賀会=14日 「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後  JA福岡市 行事日程 今週の農業界の動き イベント 日本共済協会セミナー 移転 NVIC ホット・ポイント 『新しい小農』

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月18日(月)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉地域農業振興とTACの役割  JA新いわて代表理事組合長 小野寺敬作氏 ◎農水省が植物新品種の保護に関する検討会でとりまとめ案  優良品種の海外流出防止へ現行制度の見直し検討など ◎JAくらしの活動を通じたアクティブ・メンバーシップ推進強化へ担当者研修会=全中 ◎多様化する組合員との関係性強化へJA教育文化活動研究集会開催 ◎「日米貿易協定の承認案」を賛成多数で可決=衆院外務委 ◎病害虫発生予報第9号=農水省 ◎19日に全中が「食料・農業・農村振興フォーラム」 ホット・ポイント 豚コレラの感染拡大を防げ

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月15日(金)

〈主な内容〉 ◎TACパワーアップ大会開き、活動成果共有=全農  JA表彰は全農会長賞のJA新いわてなど4JA ◎自民農林合同で令和2年度税制改正の要望事項案を確認  新規に第三者への事業承継促進に資する税制措置創設など ◎自民農業基本政策検討委で全中が水田農業対策の政策提案 ◎肥料取締法の一部を改正する法律案が審議入り=衆院農水委 ◎日本農業法人協会が「基本計画」改定で藤木政務官に意見書を提出 ◎全国の生協組合員数が10年連続増加=日本生協連まとめ ◎JAバンクATM代替設置の全国第1号にJAセレサ川崎 ◎「ナガノパープル」と「えのきたけ」が“血圧を下げる”機...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月14日(木)

〈主な内容〉 ◎農水省が「全国版スマート農業サミット」開催へ  全国69地区のPJ担当者がポスター展示・セミナー ◎自動車共済の保障を拡充、仕組改訂=JA共済  借用農地内等の農業施設への対物事故の保障対象化等 ◎次期基本計画に向け食料自給率・力議題に農水省が企画部会 ◎全国高校生農業アクション大賞に栃木県立鹿沼南高校=全中等 ◎「農業技術功労者表彰」の受賞者を決定=農水省等 ◎豚コレラ等名称変更で牛豚等疾病小委員長が見解示す ◎次期酪肉近に向け肉用牛・食肉について意見交換=畜産部会 ◎JFがバイヤーズ商談会を開催=12日 ◎特別支援学校に園芸用品を贈呈=農中...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月13日(水)

〈主な内容〉 ◎豚コレラを「CSF」、アフリカ豚コレラを「ASF」に名称変更  風評被害対策で、「呼称が定着するように徹底」と農相 ◎卓球W杯団体戦2019東京大会を全農が特別協賛  参加選手を食でサポート、日本チームは女子準優勝・男子3位 ◎JA共済フロントマン競技会、最優秀賞に松下氏(熊本) ◎東京農大総研の農協・GIS両研究部会がシンポ ◎規制改革推進会議始まる、農業分野は農協改革等のフォローアップ 「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後  JAたじま/JAいわて平泉/JA花咲ふくい ホット・ポイント 韓国の原爆平和展示館

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月12日(火)

〈主な内容〉 ◎家族経営協定の締結農家は1.0%増の5万8182戸=農水省  取り決め内容は「農業経営の方針決定」が92.8%で最多 ◎ファーマーズ&キッズフェスタで子どもにニッポン農業発信=日本農業法人協会 ◎食品輸出促進法案が可決、8項目の附帯決議=衆院農水委 ◎労働力確保・物流問題で全国JA販売事業戦略サミット 「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後  JA糸島/JA大阪南/JAちば東葛 人事 クボタ社長に北尾氏 企業決算 雪印メグミルク 行事日程 今週の農業界の動き ホット・ポイント 国連「家族農業年」10年...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月11日(月)

〈主な内容〉 今日の人          JA全農監事に就任した 大河原秀一郎さん ◎事業総利益は0.5%減、経常利益は7.3%増  貯金2.0%増、貸出金0.7%増=30年度の総合JA決算 ◎台風19号等の被災者支援の追加対策を決定=政府  果樹園地の改植、倉庫浸水の稲作農家への支援など ◎WSNが総会を開き、運営委員会新設など運営体制を見直し  「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後  JA中野市/JA水戸 人事 JA全中 企業決算 農中信託銀行

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月8日(金)

〈主な内容〉 ◎次期基本計画、TPP等関連大綱見直しで政策提案=全中  中家全中会長らJAグループ幹部が江藤農相に要請 ◎食料自給率向上に向け19日に「食料・農業・農村振興フォーラム」=全中定例会見 ◎全農が共同購入トラクターの提案活動で優良JA・担当者を表彰 ◎農薬工業会が東京・金龍山浅草寺で虫供養  「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後   JAなすの/JAふかや 企業情報 トキタ種苗

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月7日(木)

〈主な内容〉 「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後  JA鳥取中央/JAいわて中央/JA東京あおば ◎自民農林合同で農業・食品等関係8団体が税制改正で要請  全中が新規就農者の機械等にかかる課税標準の特例創設等求む ◎ベトナム協同組合同盟のバオ会長らが中家全中会長を表敬訪問 ◎農水省が国産農産物の消費拡大に向けジャパンハーヴェスト開催 ◎農政ジャーナリストの会が気候変動と農業問題テーマに研究会 ◎全中、農林中金等がバスあいのり協議会発足へ第1回準備会 ◎JA共済の新作TV-CM2作品が全国で放映 ◎都道府県議会議長会が農水...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月6日(水)

〈主な内容〉 ◎台風被災地視察、「傷跡は生々しい」と農相  一連の農林水産関係被害額は2500億円超に ◎「担い手アグリサミット」を開催=全農  営農に役立つ最新技術・情報を幅広く紹介 ◎実りのフェスティバルで各都道府県が自慢の農産物をPR=農水省等 ◎JA健康寿命100歳弁当コンテスト最高位作品にいがふるさと、東びわこ ◎農中仙台支店等が地域産材利用拡大に向けたイベント「お山食堂」開く ◎総合読書率は前年同の55%に=家の光 ◎元年産主食用米作付面積は137.9万ha=農水省 ◎全国の耕地面積は2.3万ha減の439.7万ha=農水省統計 人事 農林中金 ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月5日(火)

〈主な内容〉 JA女性組織フレッシュミズ全国交流集会特集    ・「食のたいせつさを学ぼう つたえよう -フレミズ SDGs」テーマに  取組み事例共有や、日ごろの活動をSDGsとつなげ考える班別協議等 ・フレミズ活動“わたしの一歩”作文コンクール 最優秀賞  山形県・JAやまがた女性部フレッシュミズ部 岸 裕美子さん ◎瑞重に辻健治氏、旭小に木村一男・志澤勝・瀧井傳一各氏ら=令和元年秋の叙勲 ◎緑綬1名、黄綬25名、藍綬10名=秋の農林水産関係褒章 ◎元年産水稲の予想収穫量(主食用)は727万tの見込み=農水省 ◎高知県に事業会社設立=清水建設と農林中金  「...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月1日(金)

〈主な内容〉 今日の人                JA全農代表理事専務に就任した 桑田義文さん ◎10月15日現在の作況指数は全国ベースで「99」の「平年並み」  30都道県で下方修正、青森は「106」の良、佐賀は「63」の不良 ◎春肥価格は尿素、硫安、石灰窒素が据置ないし値下げ  りん酸質の過石・重焼りん、加里質は値下げ=全農 ◎農林中金が「環境方針」「人権方針」を制定 ◎JA福島5連等が農水省に台風19号農業災害で復興支援要請 ◎県域担い手サポートセンター全国会議開く=全中 ◎農中等が群馬県立ぐんま昆虫の森に県産材利用の木製品寄贈 ◎JAビル・スカイガ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年10月31日(木)

〈主な内容〉 今日の人                JA全農代表理事専務に就任した 野口 栄さん ◎農水省企画部会で次期基本計画に向け施策などを議論  農村の振興、大震災からの復旧、団体の再編整備等テーマに ◎全農が農泊ポータルサイトを開設 ◎農水省が豚コレラ等の防疫対策本部開き情報共有 ◎雪印メグミルクが台風19号被災地支援等で中酪等に寄付 ◎田畑賃借料は33年、田価格は27年、畑価格は28年連続で下落=不動産研 ◎住友商事Gとナイルワークスが先端農業技術サービスを確立  農業用ドローンとバッテリーシェアリングをパッケージ化 ◎英国のEU離脱問題で相談窓口...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年10月30日(水)

〈主な内容〉 ◎全農が国際航業と人工衛星リモートセンシング技術活用向け連携  営農管理システム「Z-GIS」の機能強化で営農支援体制を強化 ◎10月11~14日までの暴風雨・豪雨災害を激甚災害に指定=政府 ◎農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律案が審議入り=衆院農水委 ◎全農東北6県本部が東北の食を都内でPR ◎末松次官と中家全中会長が「食料安全保障」等テーマに対談 ◎会津産厳選コシヒカリ「AiZ'S―RiCE(アイヅライス)」が販売開始 ◎福島県とAgVenture Labが同県農業の抱える課題解決へアイディアソン ◎ノングルテン米粉を用いた加工品普及へ講...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年10月29日(火)

〈主な内容〉 ◎全農と京大iPS細胞研が啓発と寄付促進に向け業務提携  広報活動での連携でiPS細胞を利用した医療の発展に寄与 ◎和牛遺伝資源の知的財産的価値保護強化に向け専門部会=農水省  保護客体・対象の範囲の考え方、違法行為類型などの検討を開始 ◎全農がAmazon限定ブランドで「もっちり玄米パックご飯(黒米入り)」発売 ◎JA貯金残高9月末は前年同月比0・9%増の104・3兆円 ◎全農がアイドルグループ「虹コン」を食の応援団に任命、国産農畜産物PR 技術情報 乳牛の乳房炎を簡便かつ迅速に診断する方法 天皇杯受賞者の紹介 4. 林産部門 募集 新たな酪肉近...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年10月28日(月)

〈主な内容〉 ◎台風19号による農林水産関係被害支援は15号、17号対策を踏襲  総理指示踏まえた対策パッケージを講じる方針=農水省  台風19号の農林水産関係被害額は38都府県で1000億円超=25日 ◎岐阜・愛知など6県で豚コレラのワクチン接種開始=25日  「緊張感が現場・本省・地方局でも失われないように」と農相 ◎政府がヒアリ対策で閣僚会議開き、緊急対策をとりまとめ ◎Jミルクが「わが国酪農乳業の将来戦略ビジョン(提言)」とりまとめ  2030年度の生乳生産目標数量を全国775万~800万tに独自設定 ◎JA共済が台風19号の被害契約者に共済契約事務等の特...

keyboard_arrow_left トップへ戻る