日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ

農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える|日刊アグリ・リサーチ|農業情報調査会

農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える『日刊アグリ・リサーチ』

媒体案内・ご購読案内

メール版の見本

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月23日(木)

〈主な内容〉 ◎新型コロナに関するG20農業大臣臨時テレビ会議開く  フード・サプライチェーンの機能維持など声明採択 ◎全農グレインが米国内の穀物集荷施設を取得  サプライチェーン強化、配合飼料原料を安定供給 ◎勘定系システム更改を延期=農林中金 ◎全農2年度事業計画~事業別実施具体策と行動計画③  《園芸事業》消費の変化に対応した販売体制の構築 ◎新基本計画の施策「農業の成長産業化等に資する農業生産基盤整備」 ◎日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」をスタート=農水省 ◎経産省勉強会が物流分野におけるモビリティサービスの取りまとめ ◎「にっぽん農紀行 ふ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月22日(水)

〈主な内容〉 ◎新型コロナ影響で生クリームなど業務用需要が減少  4月下~6月中旬の生乳生産ピーク迎え、家庭消費の一層拡大を=農水省 ◎全農2年度事業計画~事業別実施具体策と行動計画②  《米穀農産事業》米穀事業で多様な買取と柔軟な集荷対策 ◎新基本計画の施策「農業経営の安定化に向けた取組の推進」 ◎江藤農相と三重・鳥羽のカキ養殖業者がSkypeで意見交換 ◎「スマート農業実証プロジェクト」52地区を採択=農研機構 企業情報  三井製糖、大日本明治製糖/デイブレイク/LIXIL住宅研 製品紹介  1袋で1食分の野菜を摂取「ひとくち野菜」、等 ホット・ポイント  ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月21日(火)

〈主な内容〉 ◎全農2年度事業計画~事業別実施具体策と行動計画①  3か年計画最重点事業施策の深化・拡充を基本方向に ◎「土地基本方針(案)」を公表、農地集約等農地に係る施策も=国交省 ◎「母の日2weeks」展開で花き需要喚起を申し入れ=花き産業振興議連 ◎新型コロナウイルス感染症を災害死亡共済金等の支払対象に=JA共済連 ◎全農とUHA味覚糖が「鶴姫レッド」を使ったグミを発売 ◎米国向け日本産なし生果実が全国から輸出可能に=農水省 ◎新基本計画の施策「担い手等への農地集積・集約化と農地の確保」 刊行物  農業応援隊 2020年春号 企業情報  山口フィナンシ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月20日(月)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉  JAアクセラレーターの成果と今後  アグベンチャーラボ代表理事 荻野浩輝氏 ◎緊急事態宣言拡大で「物流に全力尽くす」と農相  21日にはG20農業大臣による臨時テレビ会議開催 ◎農中と関係の中国企業がJA全厚連に医療用マスク約2万枚寄付 ◎「プール乳価低下として顕在化しないよう最大限の支援を」と迫田中酪専務 ◎新基本計画の施策「農業現場を支える多様な人材や主体の活躍」 ◎全国対象の緊急事態宣言受け、「拡大理由を国民に説明を」と全国知事会会長 企業情報  クボタ/カゴメ

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月17日(金)

〈主な内容〉 ◎平成29年度食品ロス量は612万tで24年以降最小  事業系食品ロスは31万t減の328万t=農水省 ◎「食品ロスの削減の推進に関する基本的な方針」が閣議決定  ロス削減を国民運動として推進、県・市町村は「計画」を策定 ◎再生可能エネルギーの2030年目標を策定=日本生協連  全国の生協とともに30年までに年間発電量4億kWhを創出 ◎水産加工業者の生産能力8割以上の回復は6割=東日本大震災復興状況 ◎19年12月~20年2月の記録的な暖冬で要因を分析・公表=気象庁 ◎栃木・群馬県内国有林等で野生イノシシへCSF経口ワクチン空中散布=農水省 ◎新...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月16日(木)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉国産ならではの新たな価値創造 全国農協食品㈱代表取締役社長 百瀬祥一氏 ◎与野党超党派議連が労働者協同組合法案テーマに総会  協同組合を通じ活力ある地域社会の実現を目的に ◎規制改革農林WGで農地転用議論、委員から特例面積拡大求める意見 ◎新基本計画の「持続可能な農業構造の実現に向けた担い手の育成・確保」 ◎小学校等に食農教育補助教材を贈呈=全農あきた・JAバンクあきた ◎農相が新型コロナが与える国内食料自給率等で発言 企業情報  日本IBM、カクイチ

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月15日(水)

〈主な内容〉 今日の人           全農エネルギー㈱代表取締役社長 中島欣二さん ◎新型コロナの影響踏まえ関係団体に雇用維持等を要請=農水省  総務・法務・文科・厚労大臣と有期契約労働者等への配慮 ◎新型コロナ緊急経済対策は「緊急支援」「V字回復」の2段階で構成=政府 ◎新基本計画の「農業の持続的な発展に関する施策」 ◎農林水産省主要異動者の略歴③(4月1日付) ◎第4回「堤恒雄記念賞」に小泉武夫氏=すこやか食生活協会 ホット・ポイント  コロナ禍に学ぶこと

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月14日(火)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 JA全厚連 令和2年度事業のポイント   JA全厚連代表理事理事長 中村純誠氏 ◎EV事業でJAグループとトヨタ自動車が協働  JAの新たな事業モデルにつながる可能性を見込み ◎「役員改選の手続き」を決定、就任時満年齢は70歳以下=全中 ◎農相が全中の自己改革の基本的対応方向に「期待」 ◎地域医療を守る病院協議会が厚労省に新型コロナで医療機関等へ支援を要請 ホット・ポイント  食料問題を考えこの国難を乗り切ろう

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月13日(月)

〈主な内容〉 ◎新型コロナ対策で総額16.7兆円の補正予算閣議決定=政府  農林水産関係は農林水産物の販売促進等で総額5448億円 ◎自己改革の実践を支える持続可能なJA経営基盤の確立・強化へ  JAグループの自己改革の実践と基本的対応方向決定=全中 ◎全農会長賞に岡山・㈱米見=全農契約栽培米多収コンテスト ◎江藤農相が新入省者にビデオメッセージ ◎新基本計画の施策「食料供給のリスクを見据えた総合的な食料安全保障の確立」 ◎新型コロナの影響を受ける利用者に対し保証料負担軽減対応=JAバンク ◎家の光協会が布マスクの作り方を動画で紹介 ◎「高能率水田用除草機活用の...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月10日(金)

〈主な内容〉 〈特集〉 新たな「食料・農業・農村基本計画」の実践へ   福島大学食農学類長教授 生源寺眞一氏 ◎新基本計画の施策「新たな国際環境への対応、今後の国際交渉への戦略的な対応」 ◎令和12年度の豚・鶏の改良増殖目標=農水省 ◎全農とクミ化が新規水稲殺菌剤有効成分含有の「ブーン剤」農薬登録を取得 ◎新型コロナ感染症にかかる入院保障の取扱いを公表=JA共済連 ◎トヨタ自動車の『EVで目指すべき社会』に協働=JAグループ全国4連 ◎指定棚田地域に13県222地域を新たに指定=農水省等 ◎「緑肥利用マニュアル」を公開=農研機構 ◎農林水産省主要異動者の略歴② ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月9日(木)

〈主な内容〉 〈特集〉 新たな「食料・農業・農村基本計画」の実践へ   農林中金総合研究所理事長 皆川芳嗣氏 ◎緊急事態宣言時に事業継続が求められる事業者公表=政府 ◎江藤農相が緊急事態宣言受けビデオメッセージ ◎JA共済連が新型コロナ感染症に係る共済契約上の特別措置 ◎食品小売業で全国初、FSC認証かつ古紙100%リサイクル紙袋に切替え=コープさっぽろ ◎オイシックス・ラ・大地が東京証券取引所市場第一部への上場市場区分に決定 ◎農薬工業会が週刊新潮の掲載記事に見解 ◎新基本計画の施策「食品の安全確保と消費者の信頼の確保」 人事  農水省 企業情報  西武HD

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月8日(水)

〈主な内容〉 〈特集〉 新たな「食料・農業・農村基本計画」の実践へ    JA全中会長 中家 徹氏 ◎農中が環境・社会に配慮した特定セクターの取組方針を強化 ◎JA全厚連紹介で上都賀総合病院に総合診療医派遣 ◎新型コロナの影響で収入保険保険料等の支払期限を延長=NOSAI全国連 ◎令和2年度文部科学大臣表彰者決まる ◎令和元年農業景況DIは改善の動き、プラス値に転換=日本公調査 人事  森林研究・整備機構/JA全農インターナショナル/ジェイカムアグリ、等 企業情報  損害保険ジャパン日本興亜、日本ユニシス等

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月7日(火)

〈主な内容〉 今日の人     大臣官房統計部長の 大角 亨さん ◎令和2年集落営農実態調査(令和2年2月1日現在)=農水省  集落営農に占める法人の割合は36.8%で、1.3ポイント上昇 ◎生乳需要維持のための災害対応要領を制定=中央酪農会議 ◎新基本計画の施策「消費者と食・農とのつながりの深化」 ◎日本生協連が新型コロナウイルス感染症にかかわるアンケートを実施  「人の多い場所へ出かけるのを避けた」が8割、情報源は「テレビ」が最多の9割 ◎農林水産省主要異動者の略歴①(4月1日付) ◎都農林水産振興財団、NTT東日本、NTTアグリテクノロジーが連携協定を締結...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月6日(月)

〈主な内容〉 ◎新たな「家畜改良増殖目標」を策定=農水省  国内外の消費者ニーズに応え生産基盤を強化 ◎新型コロナのヒアリングで「賜った意見を経済対策へ」と農相 ◎JAグループ秋田が「県1JA基本構想」(検討素案)公表  “より高く!より安く!より近くに!”をスローガンに6年4月合併目指す ◎JA共済連がTV会議で新入職員入会式、「地に足をつけた仕事を」と市村会長 人事  AgVenture Lab/全国農協観光協会 企業情報  NEC、カゴメ/JA三井リース、GPSSグループ ホット・ポイント  コロナウイルスとの戦い

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月3日(金)

〈主な内容〉 ◎「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」策定=農水省  成長産業化へ需要に応え次代に継承可能な持続的生産基盤を強化・創造 ◎新基本計画の施策「グローバルマーケットの戦略的な開拓」 ◎協同組合間連携強化に向け中期計画策定へ=JCA ◎田畑売買価格が25年連続の下落=全国農業会議所調査  下落要因はともに「農地の買い手の減少」が最多 ◎みのるダイニングさんすて岡山店開店、県産食材の消費拡大へ=全農 ◎環境のための農山漁村×SDGsビジネスモデルヒント集を公表=農水省 ◎全農の新たな経営管理委員体制 ◎「日本農業研究所賞」3件を決定 ◎宇宙...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月2日(木)

〈主な内容〉 ◎JAグループ新規採用職員の皆さんへ JA全中会長メッセージ ◎農水省が新型コロナの影響を農業者などからヒアリング  消費喚起、食料自給の重要性、労働力確保等の対策を訴え ◎新基本計画の施策「新たな価値の創出による需要の開拓」 ◎「ありが糖運動」ロゴマークを決定=農水省 ◎全農と伊藤園が共同開発「濃い健康青汁」粉末タイプを発売 ◎世界のダイコン500品種のゲノム情報を公開=東北大学大学院 ◎「助け合って備えるJA共済の保障」をCMで紹介=JA共済連 ◎福井県内の10JAが合併、JA福井県が発足 ◎岡山県内の8JAが合併、JA晴れの国岡山が発足=1日...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年4月1日(水)

〈主な内容〉 ◎新たな「食料・農業・農村基本計画」が閣議決定  「国民全体で農業・農村を次の世代につないでいきたい」と農相 ◎全農、農観、農中、日本ファームステイ協会が連携協定を締結  農村・地域の活性化等地方創生の実現を目指す ◎農作業事故の未然防止に向け、国内初の事故体験VR開発=JA共済連 ◎4月1日現在のJA数は584JAに ◎「持続可能な生産消費形態のあり方検討会」の中間取りまとめを公表=農水省 ◎「大鰐温泉もやし」等、6件のGIを登録 ◎おにぎり専門店の2号店を日本橋にオープン=神明 人事  農水省/農林年金/NZAM/   農林中金関連/中央酪農...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年3月31日(火)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 JA共済連 令和2年度事業のポイント    JA共済連代表理事専務 村山美彦氏 ◎30事業年度の総合農協組合員数は1049万人=農水省調査  「販売」「購買」ともに減少、役員数の女性割合は増加 ◎農水省が新型コロナ対策本部、「不安払拭へ思い切った対策を」と農相 ◎埼玉県産「西川材」を利用した木製品を飯能市に寄贈=農中・埼玉県森連等 ◎6次産業化事業体に出資同意決定=A-FIVE ◎「農業機械の自動走行に関する安全性確保ガイドライン」を改正=農水省 人事  農水省 企業情報  オリエントコーポレーション 行事日程  今週の農業界の...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年3月30日(月)

〈主な内容〉 ◎30年度農業生産関連事業の総販売金額は前年度並=農水省  農産物直売所は1兆円、農産物加工は9000億円 ◎「輸出できる生産基盤をきっちり守る」と農相 ◎新食農基本計画で12年度の農地414万ha等各種目標・展望を提示 ◎JA経営マスターコース論文大賞にJAひまわりの萩原氏 ◎日本の畜産・酪農応援キャンペーン当選者数を大幅拡充=JAグループ ◎JA全農ホームページを全面リニューアル ◎農中大阪支店が滋賀県の公共施設へ県産材を使用した木製品を寄贈 ◎SDGsをテーマに新ラジオCMを制作=全農 ◎福井中央花卉市場に対し業務改善措置命令=農水省 人事...

家の光協会が臨時総会開き、令和2年度事業計画等を決定

日刊アグリ・リサーチ 2020年3月27日(金)

〈主な内容〉 ◎自民農林合同が新型コロナに関する経済対策案了承  生産基盤の強化や需要喚起対策の推進など13項目 ◎改正新型インフルエンザ特措法に基づく対策本部を設置=政府 ◎家の光協会が令和2年度事業計画等を決定=臨時総会 ◎平成30年7月豪雨が統計開始以来最大の被害額に=国交省まとめ ◎優良外食産業表彰受賞者決まる=農水省 ◎おかやまコープが真庭バイオエネルギーと「電気需給契約」を締結 ◎JAグループ北海道とコープさっぽろが牛乳の無償提供を実施 ◎日本生協連の「コープ商品ミュージアム」がリニューアルオープン 人事  農林中央金庫(副部長級)/全農物流 企業...

keyboard_arrow_left トップへ戻る