日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ

農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える|日刊アグリ・リサーチ|農業情報調査会

農業界のすみずみから明日への鼓動を伝える『日刊アグリ・リサーチ』

媒体案内・ご購読案内

メール版の見本

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年12月9日(水)

〈主な内容〉 ◎10日畜産部会開催し畜産物価格等諮問・答申  衆参農水委で畜産物価格等に関する決議を採決=8日 ◎JA助けあい組織全国交流集会・健康寿命100歳サミットをウェブ開催 ◎自民農林合同で次期食育基本計画検討、農水省が考え方を示す ◎88社が参加して水素社会の実現を推進する新団体を設立 ◎神明HDが東京中央青果と資本提携 ◎双葉地方森組・福島県森連と連携、大熊町に木製品を寄贈=農中福島支店 「“ウィズコロナ”の時代」 わがJAの自己改革の現状と今後      JA上伊那

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年12月8日(火)

〈主な内容〉 ◎耕種・畜産いずれも売上高は増加=日本公庫令和元年農業経営動向分析結果  〈増益〉は稲作・畑作、養豚・ブロイラー、〈減益〉は花き・茶、採卵鶏 ◎労働者協同組合法が成立、JCA等がコメント ◎MAFFアプリで農水省の行政手続きに関する意見を募集 ◎農水省水稲病害虫防除対策全国協議会でトビイロウンカ防除対策を検討 ◎農業書ベストセラー年間ランキング=神田神保町農業書センター 「“ウィズコロナ”の時代」 わがJAの自己改革の現状と今後         JA中野市/JA世田谷目黒 ホット・ポイント  岸康彦さんが振り返る農の四半世紀

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年12月7日(月)

〈主な内容〉 ◎食文化小委で和食文化の価値創造に向け中間とりまとめ  食文化を核としたモデル地域増加など施策の方向性提示 ◎自民農林流通委で農水省が米粉の輸出状況等を報告 ◎令和元年の酪農・畜産生産費は概ね増加 ◎「感染拡大防止と観光需要回復のための政策プラン」決定=政府 ◎甘味資源作物の生産振興対策を決定 ◎全国共済会の「特退共制度」に福井県下全JAが加入 ◎農林中金仙台支店が「ロシア向け食品輸出リモートセミナー」を開催 ◎東大生研とエア・ウォーターが「IoTセンシング解析技術」社会連携研究部門を設置 ◎国際総合部門の金賞18点等を表彰=第22回米・食味分析鑑...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年12月4日(金)

〈主な内容〉 ◎JAグループが「畜産・酪農対策の重点事項」を農相に要請  コロナ関連対策の継続、輸出拡大も見据えた生産基盤対策等の強化等 ◎令和3年産さとうきび、かんしょの交付金単価決定 ◎27年の「第13回全国和牛能力共進会」開催地は北海道に ◎指名型JAアクセラレータープログラムを始動=AgVenture Lab  第1期採択企業にテラスマイル、kikitoriの2社を決定 ◎国内初の「小規模酪農家向けエネルギー自給型乾式メタン発酵システム」開発 ◎2020年度「日本農学進歩賞」受賞者11名を決定=農学会 ◎スーパーでアプリを活用した食品表示の実証調査を開始=...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年12月3日(木)

〈主な内容〉 ◎改正種苗法が参院本会議で可決・成立、来年4月施行 ◎水稲病害虫防除対策全国協議会でトビイロウンカ防除対策の検証等 ◎政府成長戦略会議が実行計画とりまとめ、スマート農業は「審議進める」 ◎規制改革農林WGで農業委員会特例議論、「特区の全国展開を」と河野担当相 ◎「農業倉庫火災盗難予防月間」を展開=JAグループ・全農・農業倉庫基金 ◎JAグループの令和2年7月豪雨支援募金は総額1億4799万円に=全中 ◎東北の花き生産者を応援する企画「東北六花」の販売を開始=全農 ◎全農グループ飲食店舗で「蔵王チーズ」フェアを実施 ◎令和2年度「地域特産物マイスター」...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年12月2日(水)発行

〈主な内容〉 ◎全中・北海道・鹿児島・沖縄中央会が甘味資源作物対策代表者集会  「砂糖・でん粉の安定生産の後押しへ万全の対策確立」を国会議員に要請 ◎政府農林水産物輸出閣僚会議で輸出拡大実行戦略とりまとめ  27品目別の2025年輸出目標設定、牛肉1600億円等 ◎コロナ禍の教育文化活動等強化へオンラインセミナー開く=家の光協会 ◎全農が女子プロゴルファー原選手に「ニッポンの食」贈呈 ◎農観とJALがチャーター便で中国地方3空港結び周遊と遊覧飛行を企画 「“ウィズコロナ”の時代」 わがJAの自己改革の現状と今後                JAにじ

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年12月1日(火)

〈主な内容〉 ◎JAグループでのQRコード決済導入を開始=農林中金、ALSOK  感染予防効果、決済データ活用による事業の高度化・最適化へ ◎JAバンク相談所が連絡会議を開き、県域と情報共有 ◎「農業技術功労者表彰」の受賞者を決定=農水省等 ◎最優秀賞に4事例=全国優良畜産経営管理技術発表会 ◎農業集落の寄り合いは0.4%減など=農林業センサス結果 ◎JA貯金残高10月末は前年同月比2.2%増の107.2兆円 「“ウィズコロナ”の時代」 わがJAの自己改革の現状と今後        JAグリーン近江/JA東京あおば 企業情報  雪印メグミルク ホット・ポイン...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月30日(月)

〈主な内容〉 ◎農水省が2020農林業センサス結果概要を公表  農業経営体数は31.2万経営体減の109万2千経営体 ◎農水・環境省、消費者庁等が「おいしい食べきり」全国共同キャンペーン ◎JA健康寿命100歳弁当コンテスト「5色」部門最高位作品にJAしおのや ◎三井物産がオランダのトマト種子企業へ出資参画 ◎最優秀賞に京都府立農芸高校3年・宅間加鈴さん=全農学生『酪農の夢』コン 「“ウィズコロナ”の時代」 わがJAの自己改革の現状と今後          JAいわて平泉/JA足利 人事  全国食肉学校理事長に高橋氏

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月27日(金)

〈主な内容〉 ◎自民農業政策委に米政策課題の対応方向案提示=農水省  「水田活用の直接支払交付金の前倒し支援」等を検討 ◎自民水田農業振興議連が農水省にコロナ対策等で6項目を要請 ◎香川の鳥インフルエンザウイルスは昨冬欧州で流行のものと分析=農研機構 ◎圃場間含む無人走行農機の社会実装へオンラインセミナー開催=SIP ◎世界の主要温室効果ガス濃度が観測史上最高を更新 企業情報  キリンHD/伊藤園/ファンデリー/ケンミン食品/出光興産 列島情報  北海道/静岡県 ホット・ポイント  労働者協同組合法の成立を願う

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月26日(木)

〈主な内容〉 今日の人          JA共済連常務理事に就任した 近藤修一さん ◎自民農林合同等で「3年産米の生産対策等の推進」をとりまとめ  予算編成通じ「国内消費拡大の取組を推進」等6項目要請 ◎政府「農林水産物輸出拡大閣僚会議」で取組報告=全農  「産地間競争でなくジャパンブランドの構築を」と山﨑理事長 ◎農家経営の安定と支援に向け全国NOSAI大会  収入保険の加入目標の早期達成など7項目を決議 ◎大臣賞に坂東地域農業改良普及CT=農業普及活動高度化全国研究大会 ホット・ポイント  豪州の森林火災と生き物

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月25日(水)

〈主な内容〉 ◎農水省家きん疾病小委員会が鳥インフルで緊急提言  行政、養鶏業者だけでなく、地域住民が一体となった取組を ◎コメ表示見直しについて議論=内閣府消費者委 ◎「令和2年度組織基盤強化フォーラム」の動画配信を開始=全中 ◎全国土地改良団体が「農業農村整備の集い」開催、要請文を採択  令和3年度「現場のニーズに必要な予算確保すること」など12項目 ◎第2回ビジネスコンテスト最優秀賞に中村氏=日本農業経営大学校 ◎葉梨農水副大臣がカナダ政府主催WTO少数国閣僚級会合に出席 ◎個々の長所活かした多様な経営へ「女性経営者育成シンポ」開く=中畜 ◎木育×ドローン...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月24日(火)

〈主な内容〉 今日の人           JA共済連常務理事に就任した 角野隆宏さん ◎農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略の骨子案提示=農水省  品目別の具体的目標設定など3つの考えに沿って政策を立案 ◎「労働者協同組合法案」が衆院厚生労働委員会で全会一致で可決 ◎種苗法改正案が衆院本会議で可決 ◎JRAが厚生連の関係医療機関に5億円寄附、新型コロナ支援で ◎「農業参入フェア」開く=農水省等 ◎日本食農連携機構がウィズコロナ時代でウェブセミナー ◎愛媛県産材の木製品・ベンチ製作のイベント開く=農中高松支店・愛媛県森連 ◎海外の中高層木造建築事例研究等の海外戦...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月20日(金)

〈主な内容〉 ◎JA-POP甲子園最優秀賞は島根・越智今治・全農京都の資材店舗  開催20回記念のベストナインに秋田ふるさと、水戸等の店舗選出 ◎全農グループ飲食店舗で大分県産乾しいたけ「うまみだけ」フェア ◎農村振興整備部会で新たな土地改良長期計画中間とりまとめを検討=農水省 ◎地球温暖化対策に係る計画改定に向け検討チームが初会合=農水省 ◎第2回「民俗芸能Now!」は東京・神田明神で28日開催=全農観 ◎20年度経済成長率は▲5・5%と「戦後最大のマイナス」=農中総研改訂経済見通し ◎新しい生活様式踏まえ外・中食向け商談会開催、約110社が出展=JF 人事  ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月19日(木)

〈主な内容〉 今日の人          JA共済連常務理事に就任した 久保田哲史さん ◎経常利益869億円、純利益655億円=農中半期決算  「引き続き、財務は慎重な運営を続けたい」と奥理事長 ◎「徳地やまのいも」などのGIを登録=農水省 ◎種苗法改正法案が衆院農水委員会で可決 ◎「みどりの食料システム戦略」検討チームが初会合、熊野政務官が素案作成を指示 ◎「大丸有SDGs ACT5」イベントに農林中金理事長、三菱地所社長ら 技術情報 営農作業で実施できる効果的な土壌流亡対策を策定

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月18日(水)

〈主な内容〉 今日の人                農林水産省経営局長に就任した 光吉 一さん ◎全農が日清製粉Gと業務提携へ、農中とともに資本参加合意  農畜産物の需要拡大と安定供給、商品原料の安定調達等目的に ◎RCEP合意受け、「政策大綱に必要な対策が盛り込まれるよう調整を」と農相 ◎「GoToEatキャンペーン事業」の感染拡大防止策強化へ=農水省 ◎アクセラレータープログラム第2期の成果発表=AgVenture Lab ◎農観が農福連携で講演会、JA・福祉施設等連携で農業発展と共生社会の実現へ ◎米原料麺の商品開発・認知拡大へクラウドファンディング=おこ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月17日(火)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 新たな社会環境下でのNツアーグループの方向   ㈱農観・(一社)全農観会長 櫻井 宏氏 ◎日本含む15か国が地域的な包括的経済連携協定に署名  農林水産品は重要5品目の関税削減・撤廃から除外等 ◎防災重点農業用ため池の整備推進に向け、3大臣が会合 ◎JA全厚連が自民「農民の健康を創る会」にコロナ禍対策を要請 ◎18日に「みどりの食料システム戦略検討チーム」初会合=農水省 ◎“3Q訪問活動”を紹介する新CMを放映=JA共済 企業情報  サラダボウル ホット・ポイント  円滑な経営継承で問題の本質に迫れるか 訃報  内田健之助氏(元...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月16日(月)

〈主な内容〉 今日の人          JA全農監事に就任した 永島 聡さん ◎イネの病害抵抗性遺伝子で病害に強いトマト作出=農研機構  灰色かび病、苗立枯病、青枯病、斑葉細菌病に抵抗性 ◎畜舎の規制見直し、次期通常国会へ=農水省 ◎18日に「将来の水田農業に向けた全国農政フォーラム」開催へ=全中 ◎令和3年度青果対策に関するJAグループの政策提案 ◎民間部門農林水産研究開発功績者表彰受賞者を発表 ◎全農グループ飲食店舗で和歌山県産の「富有柿&みかん」フェア ◎近畿地方のJAから約1200点の農産物を直売=JA共済マルシェ

全国Aコープ協同機構経営会議議長・織田展男氏

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月13日(金)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 コロナ禍におけるAコープ店舗の現状と課題  全国Aコープ協同機構経営会議議長 織田展男氏 ◎水田活用の直接支払交付金運用等の見直しを検討=農水省  食糧部会や作況の開催・公表時期、全国会議などのスケジュールも ◎令和3年度畜産・酪農対策に関するJAグループの政策提案 ◎直売所一体型店舗の「Aコープファーマーズみやうち」開店、中国地方に初出店 ◎全農・農林中金・鉄道会館が「にっぽん応援マルシェ」=14・15日 ◎『小農宣言』『家族農業の10年』でオンライン連続講座 ◎農薬工業会が虫供養 列島情報  福島県 ホット・ポイント  ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月12日(木)

〈主な内容〉 今日の人           JA全農監事に就任した 北里清和さん ◎中家全中会長が第3次補正予算で野上農相に要請  「コロナ、TPP、災害対応等万全を期すよう」にと ◎牛草大臣官房審議官〔国際〕がOECD農業委員会の議長に、アジアから初選出 ◎アグリビジネス創出フェアがオンラインで開幕 ◎全国各地で展開するJA共済の地域貢献活動をHPで紹介=JA共済連 ◎「ウイルスとたたかう農畜水産」テーマに公開シンポ ◎農林中金等が大阪府森林・林業分野における「国産材利用拡大活動」を実施 ◎ファミマ等で電子タグ活用し食品ロス削減の実証実験=経産省 ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年11月11日(水)

〈主な内容〉 ◎全中が「今後の水田農業対策の政策提案」をとりまとめ  「産地・県・全国段階での推進体制への支援」等8項目 ◎米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針を変更  3年産適正生産量を693万トンに上方修正=農政審食糧部会 ◎関東甲信越の「地酒」と「酒肴」の組合せを宅配販売=農協観光 ◎最優秀賞に岐阜県・恵那農業高校=第2回農業アクション大賞 ◎農中総研が「コミュニティベース精密農業」でオンライン講演会 ◎小農・森林ワーカーズ全国ネットワークが発足 ◎鳥インフルに「引き続き緊張感持って対応」と農相  「“ウィズコロナ”の時代」 わがJAの自己改革の現状と...

keyboard_arrow_left トップへ戻る