施設と園芸 最新号へ

購読申込書 [PDF]
バックナンバー
177号(2017春)
トマト栽培の新たな展開

176号(2017冬)
葉菜類栽培の新しい流れ

175号(2016秋)
施設ナスをめぐる最新栽培事情

174号(2016夏)
キュウリ栽培の新たな展開

173号(2016春)
施設園芸と機能性成分・品質向上

172号(2016冬)
データにもとづく生産管理の実際

171号(2015秋)
最近の環境制御技術と装置

170号(2015夏)
パプリカ栽培の新たな展開

169号(2015春)
ヒートポンプの普及と利用拡大

168号(2015冬)
人工光型植物工場の研究開発


167号(2014秋)
イチゴ栽培の新たな展開


166号(2014夏)
次世代施設園芸拠点の展望

165号(2014春)
施設園芸における
省エネルギー新技術

164号(2014冬)
統合環境制御と
ICT利用の最新技術

163号(2013秋)
施設園芸における
大規模経営の展開

162号(2013夏)
トマト栽培の新しい流れ

161号(2013春)
宮城県の震災復興と
施設園芸・植物工場

160号(2013冬)
イチゴの安定生産に向けた新技術

159号(2012秋)
果樹栽培における光の利用

158号(2012夏)
太陽光利用型植物工場

157号(2012春)
完全人工光型植物工場

156号(2012冬)
超低コスト耐候性ハウス

155号(2011秋)
施設花きの周年安定生産
に向けた最新技術

154号(2011夏)
現地で注目の
トマト養液栽培システム(下)


日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 本誌は、施設園芸の注目すべき新しい栽培技術・施設・資材・機器とその効果的な導入方法の紹介、経営の課題を多角的な視点で取り上げ、その解決の糸口を探る特集を中心に、特徴的な経営を行っている農業法人・生産者の現地ルポ、全国の試験場や産地からの新技術情報、海外の施設園芸事情など、施設園芸経営に役立つ最新情報を満載しています。

    編集・発行:(一社)日本施設園芸協会
    制作・販売:日本農民新聞社
    体    裁:A4判 約 70頁
            季刊(年4回発行)
    購 読 料:年間予約 4,112円(送料・税込)
           1冊頒価 823円(送料 205円)


177号(2017年春) 内容

巻頭言
  • 次世代施設園芸の振興施策について
    (農林水産省生産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室室長 綱澤幹夫)
特集 トマト栽培の新たな展開」
  • いわき市のトマト栽培の動向〜サンシャイントマト出荷協議会の活動〜
    (福島県いわき農林事務所農業振興普及部主査 石井睦美)
  • 福井県若狭地域におけるミディトマトの周年栽培の取り組み
    (福井県嶺南振興局農業経営支援部主任 畑中康孝)
  • JA全農における営農実証支援事業の展開
    (JA全農生産資材部園芸資材課主管 吉田征司)
  • 次世代施設園芸富山県拠点での高糖度トマトの周年栽培
    ((株)富山環境整備アグリ事業部 高田雅史
     (株)富山環境整備アグリ事業部青果課 山藤正智)
  • 地域戦略プロと次世代施設園芸拠点での実証研究・課題解決
    (農研機構 野菜花き研究部門野菜生産システム研究領域 河崎靖)
  • 低段密植栽培(保水シート耕)による高糖度トマト・産地化の取り組み
    ((株)新門トマト農園 代表取締役 新門剛)
  • ミニトマトの高価格販売に向けた生産者ネットワークとブランディング
    ((株)オリザ 代表取締役 藤井優)
  • トマト品種育成の動向
    (農研機構野菜花き研究部門野菜育種・ゲノム研究領域 松永啓)
  • 誠和の「トマトパーク事業」
    ((株)誠和。トマトパーク事業部企画課長 加納賢三)
海外情報
  • アメリカ・カナダの施設園芸(下)−カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州 編−
    (農研機構野菜花き研究部門野菜育種・ゲノム研究領域 藤戸聡史)
連載/農業ICTの標準化動向と今後
  • 【第4回】環境情報項目のメタ情報
    ((株)富士通総研シニアコンサルタント 大塚恭平)
連載/施設環境制御の基本
  • 【第8回(最終回)】CO2施用の基本
    (岐阜大学応用生物科学部生産環境科学課程准教授 嶋津光鑑)
連載/植物工場運営管理改善のための5M
  • 【第5回】設備(Machine)保全
     (大阪府立大学、みのりラボ梶@大山克己)
連載/IGH・大玉トマト50t採りにおける栽培標準化の取組
  • 【その3】地下部環境管理−潅水管理
     (豊橋市IGHプロジェクト・イノチオホールディングス(株) 小坂雄一)
施設園芸関連製品ガイド
  • 旭化成(株) 内張りカーテンの遮熱と保温はおまかせ下さい
    不織布使用 服部猛(株)の「マリエース遮熱+」
  • アキレス(株) 吹き付けるだけの簡単作業で温度上昇抑制
    アキレス遮光剤「ファインシェード」     
  • イノチオアグリ(株) 培地内水分量の見える化で生育向上
    培地重モニタリングシステム「スラブサイト」
  • クボタアグリサービス(株) 糖酸度と重量による本格選果機「センカ光房」
  • カネコ種苗(株) 高品質な養液栽培培地「ココブロック」・「ココベッド」
  • ジャパンドームハウス(株) 断熱性と気密性を兼ね備え耐久性も高い
    特殊発泡ポリスチレン製「農業ドーム」
  • (株)イーズ 空調制御を全ておまかせ! 栽培に集中できます!
    オールラウンド空調システム「ジョーカーシステム」
  • 小泉製麻梶@太陽光をもっと作物に!! 高反射防草シート「ルンルンシート白ピカ」
  • 日本ロックウール梶@ロックウールはリサイクルできます!
    栽培後ロックウールの「リサイクル」
  • エスペックミック(株) 水道ホースで撒いた水量がわかる便利アイテム!
    「節水流量計 AN-111」
  • AGCグリーンテック(株) 作物にも人にも優しい散乱光フッ素フィルム
    「エフクリーンNew GRナシジ」
  • トヨタネ(株) 農業ICTシステムでハウス内環境を見える化
    デンソー製環境モニタリングシステム「Profarm Monitor」
ミニ情報
  • 底面給水マットの気化冷却と日射制御型給水を活用した花壇苗生産システム
    (兵庫県立農業技術センター農産園芸部 水谷祐一郎)
  • 奈良県のイチゴに寄生するナミハダニ黄緑型の薬剤感受性
    (奈良県農業研究開発センター 病害虫防除ユニット 今村剛士)
  • 出荷調製作業を省力化!キヌサヤエンドウ‘紀州さや美人’
    (和歌山県農業試験場暖地園芸センター育種部副主査研究員 小谷泰之)
  • トルコギキョウ低コスト春出荷栽培技術(福岡型)の確立と普及
    (福岡県経営技術支援課 松井洋)
  • 冬を彩る「ローダンセマム」新品種を育成
    (岐阜県農業技術センター 花き部 粥川壮優)
  • 施設内環境モニタリングによる栽培技術向上
    (静岡県東部農林事務所 生産振興課園芸班 大村博之)
  • トンネル設置が簡単な株元加温技術の開発
    (鹿児島県農業開発総合センター 野菜研究室 主任研究員 田中義弘)
  • フィルムを周年展張したハウスにおけるイチゴ早期作型の遮光技術
    (福岡県農林業総合試験場 野菜部長 森山友幸)
  • 環境測定値活用のための環境データ自動計算シートの作成
    (宮城県農業・園芸総合研究所 先進的園芸経営体支援チーム 神崎正明)                                              

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634