日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

新型コロナに関するG20農業大臣臨時テレビ会議開く

2020年4月22日

フード・サプライチェーンの機能維持など声明採択

 新型コロナウイルス感染症に関するG20農業大臣臨時テレビ会議が21日午後9時から約3時間、行われた。

 日本からは江藤拓農相が出席して、新型コロナウイルス感染症の蔓延による世界の食料安全保障等の諸課題に対して、G20農業大臣が協調し世界に向けて強いメッセージを出す重要性を訴えた。

 農水省によれば、会議では、新型コロナウイルス感染症による食料安全保障等の諸課題への対応について議論が行われた。江藤農相からは、国の基である農業を守るとともに、国民の生活の基盤である食を守る観点から、新型コロナウイルス感染症の蔓延が食料安全保障に影響を及ぼすことがないよう、▼農産物の生産と流通の流れを遮断しないよう、各国が協調して対応すること、▼新型コロナウイルス感染症対策を理由に不必要な輸出入規制は厳に行わないこと、▼農業生産を継続させるため、必要な労働力や生産資材等の供給を確保する必要があること、▼食料の需給状況についての適時適切な情報提供が重要であること等を発言した。

 また、会議の成果として、世界の食料安全保障等を守るためにG20農業大臣が緊密に協力し行動することを定めた「新型コロナウイルス感染症に関するG20農業大臣声明」が採択された。

 声明のポイントは以下の通り。

 世界の食料安全保障及び栄養を守るために、G20農業大臣は、緊密に協力し、行動する。
①生産資材の供給を含む、フード・サプライチェーンの機能維持
②不当な農業貿易関連措置の回避と、WTOルール及び科学的根拠に基 づく措置の励行
③世界の食料市場や政策の情報提供の重要性
④食品ロスの削減や、将来の動物疾病等への備えの重要性
⑤農村地域、農業者・農業労働者及び食品事業者への支援

出席国・国際機関等
【G20諸国】日本、サウジアラビア(議長国)、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、欧州連合(EU)、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、メキシコ、韓国、南アフリカ、ロシア、トルコ、英国、米国
【招待国】スペイン、シンガポール、ヨルダン、ルワンダ、スイス、アラブ首長国連邦(UAE)、ベトナム
【国際機関】FAO(国連食糧農業機関)、OIE(国際獣疫事務局)、OECD(経済協力開発機構)、IFAD(国際農業開発基金)、WBG(世界銀行グループ)、WFP(国連世界食糧計画)、WHO(世界保健機関)、WTO(世界貿易機関)

 

keyboard_arrow_left トップへ戻る