日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

JA全農「みのる食堂」とのコラボメニュー等を俳優の速水もこみちさんが紹介

2020年1月17日

「速水もこみち 料理の世界展」を速水もこみちさんがPR

 JA全農が東京・銀座三越内に出店している「みのる食堂」で、15日から俳優の速水もこみちさんとのコラボメニューの提供をはじめた〔既報〕。

 銀座三越・銀座テラスで開く「速水もこみち 料理の世界展」の一環として提供される特別メニューで、東京都産米「はるみ」を使ったサフランライスや、サラダ、ラぺ、マッシュポテト、ラタトゥイユ、グリルチキン等をワンプレートにしたもの。デザートにJA東京むさしのブルーベリーをソースに使用したシフォンケーキが付くほか、ランチはソフトドリンク、ディナーにはスパークリングワインが付く。一部の調味料などを除き、東京産を中心にした国産農畜産物が用いられている。

JA全農「みのる食堂」とのコラボメニュー等を俳優の速水さんが紹介

 PRのため、速水もこみちさんが15日に銀座三越を訪れイベント開催の記者会見を行った。みのる食堂で提供するメニューについて速水さんは「フレッシュな野菜を使った彩りサラダなど、ボリュームはあるが、バランスが良い。噛み応えのあるもの、ちょっと滑らかなもの、しゃきしゃきしたものや、揚げ物があったりと、食感がそれぞれ違う」と説明した。また、イベントのために皿を新しくそろえたと話し、「皿も含めて一つの料理なので、食べながら見て楽しんでほしい」と述べた。

keyboard_arrow_left トップへ戻る