日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

農水省がみどりの食料システム戦略本部で中間とりまとめを決定

2021年4月1日

農水省がみどりの食料システム戦略本部で中間とりまとめを決定


 農水省が3月29日、農林水産大臣を本部長とする「みどりの食料システム戦略本部」の第2回会合を開催し、「みどりの食料システム戦略中間取りまとめ」を決定。同本部は、日本の食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現させるため、新たに同戦略を策定・推進するため設置。同戦略の策定に当たり、これまで生産者、関係団体、事業者等の幅広い関係者と20回にわたり、意見交換を行ってきた。

 同省では、みどりの食料システム戦略について、4月12日まで今回決定した「中間とりまとめ」のパブリックコメントを実施、5月に同戦略を策定する。

keyboard_arrow_left トップへ戻る