日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

未分類

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2022年1月28日(金)

〈主な内容〉 ◎第1回アニマルウェルフェアに関する意見交換会開く=農水省  最新の科学的知見、国際動向等考慮した戦略的対応へ ◎農水省が持続性の高い農法への転換に向けた技術集を作成 ◎カフェ・焼肉店経営者が観光イチゴ園等をオープン、日本公庫大津支店が支援 ◎農研機構等が「健康を維持するセルフケア食」を開発・販売へ ◎農水省が緩効性肥料のプラスチック被膜殻流出防止の対応強化で通知発出 ◎食の安全と消費者の信頼確保 4年度農林水産予算  家畜衛生等総合対策、消費・安全対策交付金等5事業 ◎令和3年度「日本農業技術検定」表彰団体決まる ◎「ミス日本みどりの女神...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2022年1月24日(月)

    〈主な内容〉 ◎2022新春に想う  京都橘大学 経済学部准教授 平賀 緑氏 ◎肥料関係団体が緩効性肥料のプラスチック被膜殻の海洋流出防止へ方針発表  「30年にプラスチックを使用した被覆肥料に頼らない農業」を理想に ◎JA全国女性大会で次期3か年計画を決定=JA全国女性協  「つながろう」「まもろう」「かかわろう」を具体的目標に設定 ◎JA関連企業トップの新春メッセージ②  農中総研/農中アカデミー/協住ローン/農中情報システム

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2022年1月19日(水)

〈主な内容〉 ◎今日の人                4パーミル・イニシアチブに取り組む山梨県農政部長の坂内啓二さん ◎水稲開花期の穂温から不稔割合推定可能なモデル開発=農研機構  近年頻発する猛暑と出穂時期による高温不稔発生の可能性示唆 ◎“なくてはならない全農”の実現へ、6つの全体戦略を設定  全農菅野会長が賀詞交歓会で新「中期計画」スタートの決意語る ◎JAグループトップが職員へ年頭メッセージ  JA共済連/農林中央金庫/家の光協会/農協観光 ◎ホット・ポイント 生産者と消費者の共鳴  

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2022年1月7日(金)

〈主な内容〉 ◎〈この人に聞く〉 生産基盤強化を大前提に先進技術導入し担い手育成  自民党 総合農林政策調査会会長 江藤 拓氏 ◎全農・農林中金・ファーマインドが資本提携契約を締結  国産青果物の安定販売による生産振興の効果的達成めざす ◎農業・食料・JA関連団体トップの新春メッセージ②          農研機構/食品産業センター ◎全農グループ等がニッポンエールフェアをNewDays全店舗で開催 ◎畜産・酪農の生産基盤の強化 4年度農林水産予算  環境負荷軽減を推進、生産体制を強化等 ◎デジタル田園都市構想全体像を提示、農水分野では人材育成、デジタル実装=...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2021年12月17日(金)

〈主な内容〉 ◎農水省が令和4年度予算の折衝状況を自民農林合同に提示  みどりの食料システム戦略実現への技術開発等が調整中  大臣折衝を前に激励、「満額をとるよう努力」と農相 ◎R4年度税制改正で輸出事業用資産5年間30%割増償却等検討=農水省 ◎R4年度新規事業で脱炭素に取組む自治体を支援=環境省 ◎6次産業化や地産地消等の優れた取組を表彰=農水省等 ◎北海道米『ゆめぴりか』が日本ネーミング大賞「地域ソウルブランド賞」 ◎全国の共済団体の総資産は1.7%増の66.8兆円=日本共済協会 ◎名大発ベンチャーが研究農場を愛知県豊橋市に開設 ◎農業書ベストセラー年間...

JAバンクが融資等の相談を受付

 JAバンク(JA・信農連・農林中央金庫)は、8月11日からの大雨による災害により被害を受けた人に対する、融資等に関する相談を利用のJAバンク店舗で受付けている。「被害にあわれた皆さまに対しまして心からお見舞い申し上げます」とし、利用のJAバンク店舗での対応が困難な場合には、「JAバンク災害等相談窓口」(https://www.nochubank.or.jp/consult/urgency/jabank.html)に掲載している連絡先窓口を利用してもらうよう呼びかけている。JFマリンバンク(JF・信漁連・農林中央金庫)でも融資等に関する相談を利用のJFマリンバンク店舗で受付けている。

徳島県へ伝統工芸品「阿波指物」を寄贈=農林中金高松支店・徳島県森連

 農林中央金庫高松支店(椛島鉄太郎支店長)と徳島県森林組合連合会(杉本直樹会長)は3日、徳島県庁で徳島すぎ製阿波指物の寄贈式を実施した。阿波指物は釘などの接合材を使わずに木を組み立てる徳島県の伝統技術。今回寄贈された阿波指物は、今年10月に開館予定の徳島木のおもちゃ美術館に展示される。寄贈された阿波指物は徳島市の阿波指物製作会社・富永ジョイナー㈲の富永啓司代表が製作した。作品は「今 渦から飛び立たん」と題され、コロナ禍からの飛翔の思いを込め鳴門の渦潮から飛び立つ不死鳥の様子を表現した。  農林中金の椛島支店長は「徳島県産材と伝統文化の良さが皆様に伝わればと思う」と語った【写真提供=農林中金。...

大雨の災害救助法適用地域の被災者に金融上の措置=農林中金

 農林中金は5日、7月1日からの大雨により、災害救助法が適用された地域の被災者に対して、状況に応じ以下の金融上の措置を適切に講じることを明らかにした。 ①預金証書、通帳を紛失した場合でも、ご本人さまを確認させていただいた上で、お支払について柔軟な対応を行ってまいりますのでご相談ください。 ②届出の印鑑のない場合には、拇印にて応じさせていただきますのでご相談ください。 ③ご事情により、定期預金等の期限前払戻しについても応じさせていただきますのでご相談ください。また、これを担保とするお借入れにつきましても適宜ご相談ください。 ④今回の災害のため支払期日が経過した手形の取立について、ご事情に...

新聞の読者へプレゼント実施中

 日本農民新聞11月15日号で読者プレゼントを行っています  抽選で50名様にニッポンエールのドライフルーツギフトセットが当たります。どうぞ、ご応募ください。  11月15日号は全国の「みのりみのる」のお店で無料配布中です。

keyboard_arrow_left トップへ戻る