日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

企業情報|社長に小森氏=全農クミックス

2020年7月2日

 全農クミックス㈱は6月26日開いた総会で2019年度決算を承認するとともに、役員の選任を行い、代表取締役社長に小森裕史氏(取締役ワーキング事業部長)、取締役に織田展男氏を新たに選任した。

 2019年度の事業実績は、取扱高15億4183万円(対前年比96%)、経常利益1億3913万円(同125%)、当期利益7988万円(同89%)となっている。

 同社では同年度事業の特徴について、「農作業用履物のうち、田植え長靴、地下たび類の減少」「農作業用履物のうち、スポンジゴム製履物(ワークシューズ・長靴)の増加」をあげている。

 2020年度の取扱高は16億1000万円を計画。「農作業サポート商品(コルセット他)の全国展開」「スポンジゴム製履物の販売拡大」「ネット通販等の継続強化」などに取り組むとしている。

keyboard_arrow_left トップへ戻る