日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

農水省が豚コレラ等の発生予防・まん延防止に向けた対策発表

2019年9月20日

予防的ワクチン接種を可能とするため防疫指針改定作業に着手

 江藤拓農相は20日、臨時の会見を開き、豚への予防的ワクチン接種を可能とするため、防疫指針の改定などの準備を進めると発表した。農水省は同日、豚コレラ防疫対策本部を開催、豚コレラ等の発生予防・まん延防止に向けた更なる対策を検討し決定した。

 具体的には、現在の防疫指針では予防的ワクチンの接種は出来ないとされていることから、これを可能となるよう、防疫指針の改定作業に着手する。また、メーカーに対しワクチンの増産依頼を出す。対策本部でのこの決定を受け、農水省では直ちに食農審家畜衛生部会牛豚等疾病小委員会を開催、防疫指針の改定に向けた議論をすすめる。

 農相は会見で、「20日、豚コレラ発生に関係する8県を代表して富山・福井・長野・三重・岐阜の各県知事からワクチン接種を認めて欲しい旨の要望があった」「さらに自民党、公明党、共産党からもワクチン接種の準備をすすめることを求める要請があった」と話した上で、対策本部で決定した防疫指針の改定などの対策を示し、「直ちに防疫指針の改定の議論を進めるために、牛豚等疾病小委員会を開催する。この小委員会は本日だけでなく、来週も精力的に開催し、改定案を早急にまとめていただく予定だ。ここで取りまとめられた改定案は、家畜衛生予防法に基づく都道府県への意見照会、行政手続法に基づくパブリックコメントにより、皆さんからご意見を頂くことになる。これらの法的手法を経た後で、食料・農業・農村政策審議会の家畜衛生部会で改定について答申を頂き、新しい防疫指針を施行する。これにより、新しい防疫指針を踏まえ、知事が予防的ワクチンの接種を養豚農家に命ずることができるようになる」などと語った。また、豚コレラの終息に向け「予防的ワクチンだけではなく、農場にウイルスを入れないための飼養衛生管理基準の更なる徹底、農場の囲い込み柵の設置、野生イノシシ対策推進のための捕獲の強化、ワクチンベルトの構築、これらに徹底して取り組む」と強調した。

 農水省における新たな豚コレラ対策の決定についてJ A全中の中家徹会長は20日、弊紙の質問に答え、「本日、農水省から豚への予防的ワクチン接種を可能とするため、防疫指針の改定などの準備をすすめることが発表された。今後、様々な課題解決に向けて、JAグループは政府・与党と引き続き連携して、取り組んでいきたい。そして、養豚農家が将来にわたって安心して、養豚経営に取り組めるよう、JA グループは全力で支援していく所存だ」と話した。

keyboard_arrow_left トップへ戻る