日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年1月16日(木)

〈主な内容〉 ◎自民農林合同会議で議員立法「改正家伝法案」を了承  ASFに係る予防的殺処分、豚コレラの豚熱への変更等 ◎沖縄県農協中央会等が農水省にCSFのワクチン接種早期実施等要請 ◎JA関連企業トップの新春メッセージ1.  全農物流/全農パールライス/全国農協食品 ◎「みのる食堂」とのコラボメニュー等を速水もこみちさんが紹介 ◎1件の直接出資を決定=A-FIVE ◎農業・食料・JA関連団体トップの新春メッセージ6.  日本文化厚生農業協同組合連合会/食品産業センター 人事  農水省 企業情報  NTTドコモ等 イベント  特産農産物セミナー ホット・...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年1月15日(水)

〈主な内容〉 ◎事業総利益は2.4%減、経常利益0.4%減  601JAの2019年度上半期経営速報調査=全中 ◎令和元年度JA広報大賞はJAとぴあ浜松=全中 ◎農水省が政府関係閣僚会議で輸出先との協議28項目で対応済み等報告 ◎「スマート農業」実装へムーンショット型の研究開発事業=2年度予算  産業創造や社会変革実現創出等の挑戦的な研究開発を推進 ◎総理大臣賞の長町さん・清和さんら表彰=「ごはん・お米とわたし」作文・図画コン ◎農水省CSF防疫対策本部で移動式レンダリング機械導入等を報告 ◎農業・食料・JA関連団体トップの新春メッセージ5.  全国農業改良普及...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年1月14日(火)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 農協経営基盤をめぐる課題と方向  農林水産省経営局金融調整課長 河村 仁氏 ◎CSF・ASF防疫対策本部開き「機動的に対処したい」と農相 ◎食品ロス削減・プラスチック資源循環で新規事業=農水省2年度予算  フードバンク活動を通じた取組で12年度までに事業系食品ロス量を半減 ◎JAグループトップが職員へ年頭メッセージ  柳井JA共済連理事長/奥農林中金理事長/  関口家の光専務/藤本農協観光社長 ◎全農出店の「みのる食堂」で速水もこみちさん監修メニューを限定提供 農業関連団体が賀詞交歓会    日農工

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年1月10日(金)

〈主な内容〉 ◎JAグループがCSF・ASF対策強化へ支援事業  全国4連が原資を拠出し、飼養衛生管理の強化など ◎「CSF・ASF防疫対策本部」で農相が沖縄県の対応等報告 ◎農林水産物・食品の輸出力強化に向け247億円計上=2年度予算  「司令塔組織の創設」や「輸出環境整備推進事業」等で大幅拡充 ◎平成30年度農用地土壌汚染防止法の施行状況を公表=環境省 ◎埼玉県立杉戸農業高校が県内高校で初の「GLOBALG.A.P.」認証を取得 ◎農業・食料・JA関連団体トップの新春メッセージ4.   農林漁業団体職員共済組合/製粉協会 農業関連団体が賀詞交歓会 農薬工業会...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年1月9日(木)

〈主な内容〉 ◎自己改革の取組み加速、5つの重点施策を着実に  全農長澤会長が賀詞交歓会で中期計画2年目の決意語る ◎沖縄でCSFの患畜を確認、農水省が防疫対策本部開き対策検討 ◎農中とNZAMがESGテーマ型J-REIT運用商品を開発・投資 ◎JCAが台湾の外郭団体と食育ソムリエ制度の導入で覚書締結 ◎1394点から最優秀賞6点等選出=「おむすびキッズコンテスト」 ◎ロゴマーク「協同の力で未来をつむぐ 協同組合×SDGs」を作成=JCA ◎農林水産省主要異動者の略歴 ◎農業・食料・JA関連団体トップの新春メッセージ3.  日本施設園芸協会 人事 農中情報シス...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年1月8日(水)

〈主な内容〉 ◎江藤農相が職員に向け年頭訓示=7日  自然災害や国際環境、基本計画の見直し等話題に ◎農水省が農林水産業の魅力発信へ公式SNSプロジェクト ◎3月JR西日本岡山駅構内に「みのるダイニング」オープン=全農 ◎農業法人協会等が農水・国交両省、内閣府に「畜舎等の建築規制等」で要請 ◎2019農薬年度の出荷は数量1.6%減、金額0.9%増=農薬工業会 ◎「新しい東北」復興・創生顕彰の選定結果を発表=復興庁 ◎「ものづくり日本大賞」内閣総理大臣賞決まる ◎トレーラタイプの農作業機をけん引した農耕トラクタの公道走行が可能に ◎農業・食料・JA関連団体トップの...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年1月7日(火)

〈主な内容〉 ◎JAグループ中央機関が新年賀詞交歓会=6日  「大事なことは実践実行」と中家全中会長 ◎令和2年度米粉用米の需要は3万9千tの見込み=日本米粉協会需要予測 ◎台風等の降雨・暴風時のトラック輸送の中止検討などの目安を検討=国交省 ◎全国の共済団体の総資産は0.1%減の66.5兆円=日本共済協会 ◎「食農教育紙芝居コンクール」最優秀賞にJA広島市管内の灰塚さん ◎1月1日現在のJA数は604JAに ◎農業・食料・JA関連団体トップの新春メッセージ1.  全国土地改良事業団体連合会/全国森林組合連合会 企業情報  ヤンマー 人事  農水省/NZAM/...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2020年1月6日(月)

〈主な内容〉 『農業界トップは語る~新春メッセージ』 農林水産大臣          江藤拓氏 JA全中代表理事会長       中家徹氏 JA全農経営管理委員会会長    長澤豊氏 JA共済連経営管理委員会会長   市村幸太郎氏 農林中央金庫代表理事理事長   奥和登氏 JA全厚連経営管理委員会会長   雨宮勇氏 家の光協会代表理事会長     中出篤伸氏 農協観光会長・全農観会長    田波俊明氏 全国農業会議所会長       二田孝治氏 日本政策金融公庫農林水産事業本部長 新井毅氏 全国農業共済協会会長      髙橋博氏 日本農業法人協会会長  ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月27日(金)

〈主な内容〉 今日の人          ㈱中央コンピュータシステム代表取締役社長の櫻田 巧さん ◎CSF等発生予防へ飼養衛生管理基準を改正へ=農水省  農場の防疫体制構築など家畜所有者の責務等を新設 ◎スマート農業の未来テーマに農水事務次官交えディスカッション=国際ロボット展 ◎JA共済「書道」「交通安全ポスター」コンクール大賞決まる ◎中国大手イーコマース内に日本全国の日本酒を販売する「京東日本酒館」を新設 ◎希少系統を活用した黒毛和種種雄牛を作出=家畜改良CT「10大ニュース」 人事     ヤンマーアグリ社長に増田氏 列島情報   JAながさき西海・松浦...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月26日(木)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 農場から食卓まで安全管理の徹底へ    農水省消費・安全局 新井ゆたか局長 ◎検査規格検討会で「異種穀粒規格の一本化」了承=農水省  推奨規格フレコン、胴割粒・着色粒規格は調査等を実施へ ◎野党が農相にワクチン接種の国の関与強化等求める家伝法改正提案 ◎『全農リポート 子ども編、ママ・パパ編』を初めて発行=全農 ◎岐阜県北方町に農地転用許可等の権限=農水省 ◎JA貯金残高11月末は前年同月比0・9%増の104・9兆円 ◎県オリジナル水稲品種の名称を「福乃香」に決定=福島 ◎国際ロボット展に農水省が出展、最新の農業ロボットを展示紹介...

アイキャッチ

日刊アグリビジネス 2019年12月25日(水)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 みのり監査法人理事長 大森一幸氏  JAの監査にフォーカスし地域に貢献、メンバー500名全員がJAの専門家 ◎2019年農業技術10大ニュース発表=農林水産技術会議事務局  コウモリの超音波でガの侵入阻止、牛乳房炎の早期診断新手法等 ◎農水省食料・農業・農村政策審議会企画部会でこれまでの意見を報告 ◎田代洋一氏に「JA研究賞」を授与=全中 ◎「豚コレラ」を「豚熱」への名称変更提言=日本獣医学会 人事     AGCグリーンテック社長に加藤氏 企業情報       Meiji Seikaファルマ ホット・ポイント  若者の田園回帰を...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月24日(火)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 ナフィールドジャパン創設のねらい~農業人材育成への思い   一般社団法人ナフィールドジャパン代表理事 前田茂雄氏 ◎農水省企画部会で次期基本計画の検討に向け課題を整理  「農業生産基盤強化プログラム」等をテーマに議論 ◎荒廃農地28万ha、再生利用可能は9.2万ha  再生利用実績は1.0万ha=農水省が平成30年調査 ◎農用地区域内の農地面積が1.0万ha減少=30年 ◎「造林」テーマの課題解決型事業共創プログラム受賞チーム決定=林野庁 ◎Jミルクがメディア懇談会、川村会長が国内酪農基盤の強化へ決意語る 企業情報 JAXAベンチ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月23日(月)

〈主な内容〉 ◎令和2年度農水予算は微増の2兆3109億円で閣議決定  「成長産業化促進のために必要な施策を盛り込めた」と農相 ◎1~3月期の配合飼料価格は約700円値上げ=全農  とうもろこし・大豆粕価格の値上げを受け ◎家の光文化賞に千葉・市川市農協 ◎CSF拡大防止へ新たに8都府県に接種地域を拡大 ◎地域医療を守る病院協が総合診療専門医制度等を議論 ◎AgVentue Labが「JAアクセラレーター第2期」を開始、ビジネスプラン募集 ◎農林漁業成長産業化支援機構解散へ  「収益を確保することは困難と判断」と農相 ◎「持続可能な食と地域を考える」シンポジウ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月20日(金)

〈主な内容〉 ◎農水省がCSF等で対策本部開き、省内の情報共有はかる  疾病小委でのワクチン接種推奨地域設定等の議論報告も ◎令和元年度「JA研究賞」に田代洋一氏の『農協改革と平成合併』 ◎全国商工会連合会、全中、全森連等5団体が「シンポ」  農商工等連携で事業展開の普及・啓発めざす ◎復興推進会議で今後の方針を示す、次期通常国会に所要の法案提出へ ◎農家レストランの特例措置の全国展開など追加の規制改革事項を決定=特区諮問会議 ◎1月16日に「肥料制度の見直し説明会」、7ブロックでも=農水省 列島情報      JA松本ハイランド/埼玉 製品紹介  作業スピード...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月19日(木)

〈主な内容〉 ◎政府規制改革推進会議農林水産WGが会合  新規就農支援、農機の自動走行見直しでヒアリング ◎農中がSynaBiz社と食品ロス削減で協働開始  食品の余剰在庫流動化支援、食品ロス問題解決に貢献 ◎COP25閉幕、「今後もパリ協定目標達成と国際機関との連携を推進」と農水省 ◎愛知県田原市の農場でワクチン接種済み豚の子豚がCSF患畜 ◎農水省にため池や農道等での生コンの利用を提言=生コン議連等 ◎全農が協賛イベント売上金を「NHK歳末たすけあい」に寄付 ◎1位は食品ロス削減推進法施行=JFJ「食の十大ニュース」 農協共済 別府リハビリテーションセンター...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月18日(水)

〈主な内容〉 ◎新・全農トマトランドが平塚市に移転して開場  ミニトマトの技術開発、商品づくり機能強化へ ◎令和2年度農林水産関係予算で大臣折衝  輸出力強化へ45億円、スマート農業の実現15億円 ◎事業承継支援実践研修会開く=全中 ◎「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」の応援投票が開始 企業情報        ファームノートHD/丸紅 製品紹介  中山間地等に適したトラクター「YT1シリーズ」、等 刊行物     野菜づくりの知恵袋、等 農林水産業みらいプロジェクト助成先の事業内容 4.

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月17日(火)

〈主な内容〉 ◎2年度の組織・定員案を自民農林関係合同会議に示す=農水省  輸出先国の規制対応を強化へ司令塔組織「輸出本部」設置等 ◎農林水産物等輸出促進全国協議会で優良事業者等を表彰  「オールジャパンで国内の環境整備を進める」と安倍首相 ◎全国町村会が「これからの農業・農村政策のあり方」提言  農村価値創生交付金の創設等、新たな基本計画への反映めざす ◎高校「農業」学科の就職内定率は79・3%で1・7ポイント減少=文科省 ◎JA役職員らが先進事例学び相互研鑽=JA人づくり研究会 ◎新たに6名の上級農業経営アドバイザー誕生=日本公庫 ◎酪農ヘルパー利用は総利用...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月16日(月)

〈主な内容〉 ◎2年度農林関係予算折衝状況を自民農林に報告=農水省  農業農村整備関連は元年度補正と合わせ6500億円超 ◎CSF対策で野生イノシシの経口ワクチンを栃木で空中散布へ=農水省 ◎JA共済連がマルシェ開催、中国・四国産農産物等をPR ◎台風19号等豪雨災害被害額は4342億円に、「農地の復旧に全力」と農相 ◎農業技術功労者表彰式で6氏を表彰=農林水産技術会議・JATAFF ◎農水省が「国際植物防疫年2020オフィシャルサポーター」を募集 ◎八幡平スマートファームがIoTを活用したバジルの養液栽培ハウスを新設  日本公庫、岩手銀行、いわぎん事業創造キャピ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月13日(金)

〈主な内容〉 ◎厚生事業審議会が雨宮会長に答申書を手交=JA全厚連  早期収支改善厚生連に提言可能等、全厚連の機能強化 ◎CSF・ASF防疫対策本部を開催=農水省 ◎農水省が令和2年度畜産物価格等を決定=12日 ◎自民畜酪対策委等で総額321億円のALIC事業決定 ◎自民農林部会等に令和元年度農林水産関係補正予算概要案示す=農水省 ◎環境・農水両省がCSF・ASF対策で「野生イノシシ捕獲等防疫措置の手引き」作成 ◎21社と協働「食品廃棄物削減イニシアティブ」の日本PJ始動=イオン 企業情報  日立システムズ/井関農機 列島情報  新潟県上越市/さいたま市 イベ...

JA全中が令和元年度集落営農法人全国交流集会「第4回全国集落営農サミット」開催=9~10日(2日目の参加者によるグループ討議の模様。都内で)

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月12日(木)

〈主な内容〉 ◎政府の地域活力創造本部が「農業生産基盤強化プログラム」決定  輸出拡大や生産体制強化、スマート農業の現場実装など11項目 ◎全国集落営農サミット開催、約140名が先進事例学ぶ=全中 ◎「農林水産業みらいPJ」の19年度助成先が決定=みらい基金  過去最高の応募、8件に総額6億7780万円 ◎生分解性マルチの18年度出荷量は前年度比12%増の3416t=ABA調査 ◎「農業倉庫火災盗難予防月間」を展開=JAグループ・全農・農業倉庫基金 ◎inahoと佐賀市が進出協定を締結、自動野菜収穫ロボット導入を促進  新たに佐賀市に拠点を開設、周辺農家へロボット...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. ...
  5. 11
keyboard_arrow_left トップへ戻る