日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月13日(金)

〈主な内容〉 ◎厚生事業審議会が雨宮会長に答申書を手交=JA全厚連  早期収支改善厚生連に提言可能等、全厚連の機能強化 ◎CSF・ASF防疫対策本部を開催=農水省 ◎農水省が令和2年度畜産物価格等を決定=12日 ◎自民畜酪対策委等で総額321億円のALIC事業決定 ◎自民農林部会等に令和元年度農林水産関係補正予算概要案示す=農水省 ◎環境・農水両省がCSF・ASF対策で「野生イノシシ捕獲等防疫措置の手引き」作成 ◎21社と協働「食品廃棄物削減イニシアティブ」の日本PJ始動=イオン 企業情報  日立システムズ/井関農機 列島情報  新潟県上越市/さいたま市 イベ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月12日(木)

〈主な内容〉 ◎政府の地域活力創造本部が「農業生産基盤強化プログラム」決定  輸出拡大や生産体制強化、スマート農業の現場実装など11項目 ◎全国集落営農サミット開催、約140名が先進事例学ぶ=全中 ◎「農林水産業みらいPJ」の19年度助成先が決定=みらい基金  過去最高の応募、8件に総額6億7780万円 ◎生分解性マルチの18年度出荷量は前年度比12%増の3416t=ABA調査 ◎「農業倉庫火災盗難予防月間」を展開=JAグループ・全農・農業倉庫基金 ◎inahoと佐賀市が進出協定を締結、自動野菜収穫ロボット導入を促進  新たに佐賀市に拠点を開設、周辺農家へロボット...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月11日(水)

〈主な内容〉 ◎農林水産業・地域の活力創造プランを改訂=政府  生産基盤強化に向けた輸出拡大等11項目の施策盛り込む ◎食産業の海外展開加速へ新「グローバル・フードバリューチェーン構築推進プラン」 ◎需要・生産が増大するブロッコリーの加工・業務用対応で検討会  生産の効率化へ開発中の収穫機を初公開=野菜流通カット協議会 ◎「東出雲のまる畑ほし柿」等、3件のGIを登録 ◎竹中工務店、千葉大、東京理科大が宇宙空間での「食」の基礎研究を実施  低圧環境下での袋型培養技術による植物の生物状態を確認 ◎令和元年産水稲主食用収穫量は前年産比6.6万t減の726.1万t ◎日...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月10日(火)

〈主な内容〉 ◎平均農業所得は法人1605万、個別経営174万  平成30年農業経営統計調査まとむ=農水省 ◎農水省が次期基本計画策定に向け意見や課題を企画部会で報告 ◎全中が第8回「JA活力ある職場づくり全国研究発表会」=4日 ◎「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール入賞者決定=全中 ◎FAOが2020年の「国際植物防疫年」を開始 ◎担い手農業者の3割超で労働力が不足=日本公庫調査  女性従事者が担当する分野は「生産」が最多 ◎農泊食文化海外発信地域に6地域を認定=農水省 ◎体験型農園の普及に向けJA支店を対象に研修会=全中 ◎「産地直送あいのり便」を...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月9日(月)

〈主な内容〉 ◎受入共済掛金は前年同期比4451億円減の2兆3759億円  支払共済金は3183億円減=JA共済連上半期 ◎令和元年度大規模自然災害建更の共済金支払見込額まとむ  「一日も早い共済金支払いに総力」=JA共済連 ◎政府TPP等総合対策本部が関連政策大綱を改訂  中山間地域等における担い手の育成確保・収益力向上・基盤整備、等 ◎酪農女性サミット2019in帯広開催、340名余が交流図る ◎規制改革推進会議の6ワーキング・グループの専門委員決まる ◎自民家伝法改正PTが農水省に申入れ、国の関与の強化等求む ◎「飼養衛生管理」等4項目の中間取りまとめ了承...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月6日(金)

〈主な内容〉 ◎全中の中家会長が年内最後の定例会見=5日  「台風・豪雨やCSFなど災害」等の5大ニュースを語る ◎みずほ銀行・農中等出資ファンドが青果流通企業と資本業務提携  農・食関連事業の付加価値や市場の創造に貢献へ ◎自民TPP等対策本部が政府TPP等関連政策大綱改訂案を了承  「農家の不安に応えるためにも新たな大綱の決定が重要」と西村担当相 ◎JAバンク相談所が全県域移管後初の連絡会議、県域と情報共有 ◎JAエコ定期貯金の寄付金を福島県と福島大に贈呈=JAバンク福島 ◎「共済と保険」目次アーカイブに検索機能を追加=日本共済協会 ◎JAグループが政府・与...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月5日(木)

〈主な内容〉 ◎自民農林部会等が令和2年度農林関係予算編成大綱(案)を議論  農業の成長産業化と美しく活力ある農村の実現に向け十分な予算の確保 ◎日米貿易協定承認案が可決=参院本会議 ◎2年産さとうきび・かんしょ交付金単価ともに引き上げ=農水省 ◎都内自治体アンテナショップ年間売上10億円以上が最高で2店舗 ◎農事功績者68名を表彰=大日本農会 ◎JAバンク福島ロールプレイング大会開く ◎国際総合部門の金賞18点等を表彰=第21回米・食味分析鑑定コン 全国農業高校お米甲子園の最高金賞に新発田農業高校

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月4日(水)

〈主な内容〉 ◎農業保険制度の一層の推進に向け全国NOSAI大会開催  収入保険10万経営体加入目標の早期達成など7項目の決議 ◎農中・日本公庫・JA・村の4者が「飯舘牛」の再開を支援  「今後の地域農業の活性化、避難者の帰村や雇用の創出に」と ◎台風15号・19号等の農林水産業被害は総額4242億円=2日現在  「来春の営農再開へ関係者と一緒に全力で取組む」と農相 ◎「日米貿易協定の承認案」を賛成多数で可決=参議院外交防衛委 ◎「第3回CSF経口ワクチン対策検討会」で指針改訂等議論=農水省 ◎全農ひろしまとJR西が運転再開の芸備線で農業と鉄道の仕事体験旅 ◎高...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月3日(火)

〈主な内容〉 ◎全中・北海道・鹿児島・沖縄が甘味資源作物対策で代表者集会  「生産者の不安払拭へ万全な甘味資源対策」を国会議員に要請 ◎令和元年度「地域特産物マイスター」10名を認定=特産農産物協会 ◎6次産業化事業体に出資同意決定=A-FIVE ◎ウッドデザイン賞の農水大臣賞に三菱地所・竹中工務店等技術の実証が受賞 ◎農中仙台支店等が宮城県産材利用拡大で「水車づくり体験会」開く ◎震災被災地域企業の課題解決へマッチング、42PJがスタート=復興庁 ◎国産加工業務用ブロッコリー使用のサラダ大手コンビニで販売=全農 ◎44経済同友会、41都道府県知事、48市町村長等...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年12月2日(月)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉 JA全中専務理事 比嘉政浩氏  JAの経営基盤強化へ~課題と取組み方向 ◎自民党農林部会等が家伝法改正に関するとりまとめ  国の関与の強化、都道府県・家畜所有者の責任を明記 ◎「農産物検査規格検討会」の第2回会合を開催=農水省 ◎災害対応の情報を共有、協同組合フォーラムが初会合 ◎農水省が経口ワクチン空中散布の実証実験を実施、CSF対策で ◎報道・メディア向けにGAP認証制度勉強会&試食会=GAP総研 ◎台風15・19号に関する収入保険料支払期限を3か月延長=NOSAI ◎第3回農業金融センター会議開く=JAバンク福島

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月29日(金)

〈主な内容〉 ◎自民農林関係が植物新品種の海外流出防止等対応策とりまとめ  「海外持ち出し等を国内で差止可能」へ種苗法改正など ◎全国農業会議所が「全国農業委員会会長代表者集会」開催  次期「食料・農業・農村基本計画」策定等に向けた要請を決議 ◎西日本地区のJA教育文化活動研究集会開催=家の光協会等 ◎JA中野市「きのこ」まつりで俳優杉浦太陽さんも販売 ◎JCA・共済総研・農中総研の若手研究員が交流・研鑽図る研修会を開く ◎大臣賞に北海道釧路農業改良普及CT=農業普及活動高度化全国研究大会 ◎農水省畜産部会で「新たな家畜改良増殖目標」検討状況示さる ◎JA貯金残...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月28日(木)

〈主な内容〉 ◎自民農林関係合同がCSF対策等で団体ヒアリング  全国知事会は農場を守る対策強化など総合的対策の確立要望 ◎JA助けあい組織全国交流集会・健康寿命100歳サミット開催=全中 ◎自民林政対策委等で「森林組合の今後の経営基盤の強化」とりまとめ議論 ◎肥料取締法の一部を改正する法律案が可決・成立=参院本会議 ◎大臣賞4件等を表彰=中央畜産会「全国優良畜産経営管理技術発表会」 ◎農中名古屋支店が掛川市文化協会に静岡県産認証材の投句箱を寄贈 企業情報 丸紅/ヤンマー/三菱ガス化学 刊行物 1時間でよくわかる SDGsと協同組合、等 イベント 全国協同集会 ...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月27日(水)

〈主な内容〉 今日の人          全農物流㈱代表取締役社長に就任した 寺田純一さん ◎企画部会で次期基本計画に向け施策を検討=農水省  「農地の見通しと確保」「農業構造の展望」等の方向性示す ◎CSF対策の一環で経口ワクチン空中散布の実証実験=農水省 ◎自民農林部会が新たな経済対策に関する重点事項を示す ◎自民「農民の健康を創る会」で全厚連が医師の偏在是正等を要請 ◎「普及が挑む!イノベーション」スローガンに農業普及活動高度化全国研究大会開幕 ◎日本生協連、JCA等が協同組合間協同で台風19号被災地を支援 ◎農林中金旧友会が講演会・秋季親睦会 ◎農業・...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月26日(火)

〈主な内容〉 今日の人          JA全農常務理事に就任した 齊藤良樹さん ◎農業生産基盤強化プログラム案を自民農林部会に示す=農水省  輸出促進の司令塔組織立ち上げによる更なる輸出拡大等11項目 ◎バケツ稲づくり、7割のJAで「小学校や地域社会との深い繋がり」を実感 ◎全国の小麦の収穫量は前年産に比べ34%増加 ◎JA全農部長の略歴 ◎農林中央金庫部長級異動者の略歴(12月1日付) ◎農中福岡支店と福岡県森連が県産材を利用した木製品を贈呈 「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後  JAふくしま未来 行事日程 今週...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月25日(月)

〈主な内容〉 ◎R2年産からのゲタ対策の交付単価を自民部会に説明=農水省  大豆810円上げの9930円、小麦250円下げの6710円 ◎自民農業基本政策委等が令和2年産米の対応策とりまとめ  水田活用の直接支払交付金に必要な予算の恒久的確保など ◎北京で「日中農業担当省事務次官級定期対話」開かる ◎「民間部門農林水産研究開発功績者表彰式」開く=農水省等 ◎2019年度上半期の民間金融機関との協調融資は3期連続で1万件超=日本公庫 ◎アグリビジネス創出フェアに134機関が出展=農水省 ◎農中仙台支店が岩手県森連等と二戸市との「漆の林づくりパートナー協定」締結 ◎...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月22日(金)

〈主な内容〉 ◎経常利益860億円、純利益681億円=農中半期決算  「下期も厳しい環境、財務運営は慎重を期す」と奥理事長 ◎規制改革推進会議農林水産WGが初会合=20日  新規就農支援など今期の主な審議事項を議論 ◎JA全国共済会が宮城・栃木・長野等7県に台風・豪雨の災害見舞金贈呈 ◎乾椎茸第13回入札会開催、平均値は2511円の保合=全農 ◎「第43回全国育樹祭沖縄県実行委員会」に協賛金を贈呈=農中那覇支店 ◎ふるさと納税サイト「さとふる」にGI特設ページを開設=農水省 ◎災害対策酪農団体協議会が中酪に台風被災酪農生産者への義援金を贈呈 「食と農を基軸として...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月21日(木)

〈主な内容〉 今日の人  JA全農常務理事に就任した 倉重徳也さん ◎農村振興フォーラム開き与党代表者と意見交換=全中  基本計画、水田農業対策、食料自給率向上等を議論 ◎食品輸出促進法案が可決・成立=参院本会議 ◎「2019年度下期は2期連続のマイナス成長へ」=農中総研改訂経済見通し ◎「ジビエ料理コンテスト」の受賞者決まる ◎規制改革推進会議「農林水産WG」座長に佐久間氏、初会合開く ◎JA広島中央農青連が広島駅マルシェで「こまい菜」をPR 「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後  JA土佐くろしお

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月20日(水)

〈主な内容〉 今日の人  JA全農常務理事に就任した 竹本尚史さん ◎農業と新技術の融合で発展を「AG/SUM2019」開催  全農山﨑理事長が「農家に寄り添った持続可能な農業への挑戦」で講演 ◎相互啓発・情報交換しスキル等の向上図る=JA窓口担当者交流大会 ◎今後の米政策と飼料用米で生産者、米穀・飼料関係者らが意見交換 ◎日米貿易協定承認案が衆院通過=19日 「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後  JAならけん イベント 東北地域の農山漁村のさらなる活性化に向け東北版サミット ホット・ポイント 若者を村に呼ぶには

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月19日(火)

〈主な内容〉 今日の人                農林年金理事長に就任した 樋口直樹さん ◎全中・全農・農林中金連携のJA実践支援の新たな展開方向  JA域超える広域対応へ課題ごとにマスタープラン作成・活用 ◎日本食農連携機構が設立10周年で記念祝賀会=14日 「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」へ わがJAの自己改革と今後  JA福岡市 行事日程 今週の農業界の動き イベント 日本共済協会セミナー 移転 NVIC ホット・ポイント 『新しい小農』

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年11月18日(月)

〈主な内容〉 〈この人に聞く〉地域農業振興とTACの役割  JA新いわて代表理事組合長 小野寺敬作氏 ◎農水省が植物新品種の保護に関する検討会でとりまとめ案  優良品種の海外流出防止へ現行制度の見直し検討など ◎JAくらしの活動を通じたアクティブ・メンバーシップ推進強化へ担当者研修会=全中 ◎多様化する組合員との関係性強化へJA教育文化活動研究集会開催 ◎「日米貿易協定の承認案」を賛成多数で可決=衆院外務委 ◎病害虫発生予報第9号=農水省 ◎19日に全中が「食料・農業・農村振興フォーラム」 ホット・ポイント 豚コレラの感染拡大を防げ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. ...
  5. 10
keyboard_arrow_left トップへ戻る