日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

岡山パールライスが瀬戸内海の環境改善促進を目指す米を発売

2020年6月16日

 JA全農の子会社である岡山パールライス㈱(岡山県総社市、橋本哲成代表取締役社長)は、「晴れの国うまれ 里海米」を6月22日に発売する。

 岡山県では、〝里海〟である瀬戸内海で育ったカキの殻を有効利用する循環型環境保全事業「瀬戸内かきがらアグリ」の一環として、カキ殻を活用して育てたエシカルな米「里海米」の育成・販売にJAグループ岡山が主体となり取り組んできたが、新型コロナウイルス蔓延を発端に衛生用品の買い占めが発生するなど不必要な消費が目立つ一方で、「ムダを出さない」「社会全体へ及ぼす影響を考慮して行動する」など社会や環境に配慮した行動〝エシカル消費〟への関心が高まっていることから、誰もが気軽にエシカル消費に参加できるよう、エシカルに特化した「晴れの国うまれ 里海米」を発売することにしたもの。

 「晴れの国うまれ 里海米」は、「里海米」に4つの社会的意義を付加し、合計5つの社会的意義を持たせた。『コシヒカリ』『きぬむすめ』『朝日』の3品種。各2kg、希望小売価格980円(税抜)。

※詳しくは日刊アグリ・リサーチに掲載

keyboard_arrow_left トップへ戻る