日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

JA全農が在庫のある業務用バターを品薄な家庭用にネット販売

2020年6月8日

JAタウンで酪農応援・消費者キャンペーン

 JA全農は「酪農応援・消費者キャンペーン」と銘打ち、外食や洋菓子需要の減退で在庫がある業務用バターを、新型コロナウイルス対策の巣ごもり消費で品薄になった家庭向けにネットショップ「JAタウン」で販売している。

 給食用の牛乳やレストランなど外食向けの乳製品需要が減少していることから、毎日生産される多くの生乳が長期保存可能なバター・脱脂粉乳に加工されているが、製造効率の良い業務用バターは需要減退により在庫になる一方で、スーパーなどの店頭で販売する家庭用バターは、家庭消費の増加や応援購入により品薄なミスマッチ状態が続いている。

 全農は「酪農応援・消費者キャンペーン」を企画し、北海道産生乳100%使用の業務用ポンドバター(450g)を中心にしたセット商品を家庭向けに販売する。業務用バターはアルミパウチのみの包装で、手に触れる店頭での販売に適していないため、JAタウンの「さんち直送おうちごはん」商品としてネット販売で提供する。

 JAタウンで販売している業務用バター商品は次の2種類。【おうちごはん】乳製品の詰め合せ(A)セット=よつ葉ポンドバター加塩×2、雪印メグミルクポンドバター有塩×1、雪印メグミルクポーションホイップバター×1、東北協同乳業11/19B―1ドリンクヨーグルト×1、販売価格3300円(税込)。同(B)セット=よつ葉ポンドバター加塩×1、雪印メグミルクポンドバター食塩不使用×3、東北協同乳業11/19B―1ドリンクヨーグルト×1、販売価格3800円(税込)。なお、販売予定数量が無くなり次第販売は終了する。

keyboard_arrow_left トップへ戻る