日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

田中会長、柿嶌・高原両副会長体制が発足=JA全青協

2020年5月28日

「自らが拡声器となって現場・盟友の声を農政に」と会長

 JA全青協は27日、第67回通常総会を開き、令和2年度活動計画等を決定するとともに、会長に田中圭介氏(福岡県農協青年部協議会前委員長)、副会長に柿嶌洋一(長野県農業協同組合青年部協議会参与)・高原弘雅(JA岡山県青壮年部協議会会長)両氏とする令和2年度執行部体制を決めた。正・副会長以外の役員は以下の各氏。

 ▽理事=浪岡篤志(青森県農協青年部協議会委員長)、桑原宏太(新潟県農協青年連盟委員長)、竹内孝輔(福井県農協青壮年部協議会会長)、草竹茂樹(大阪府農協青壮年組織協議会委員長)、潮隆博(鳥取県農協青壮年連盟委員長)、田邊貴紀(宮崎県農協青年組織協議会委員長)

 ▽監事=村田辰徳(北海道農協青年部協議会会長)、中早大輔(和歌山県農協青年部協議会会長)

 田中新会長は「自分が拡声器となって、JA青年部の現場の声・6万人の盟友の声をJAグループや農政に対してしっかり伝えていきたい。本年度はJA全青協として『学習』をテーマに掲げ、積極的に盟友に学びの場を提供していきたい。10年後の地域・農業を作り上げていくのは我々若手農業者だ。激変する世の中で氾濫する情報を的確にキャッチし、仲間と議論し、互いに高め合うことで、全国の盟友が地域・農政に対してしっかりと発言できるような一年にしていきたい。単組・支部におけるJA青年部活動は、地域にとって欠かせないものとなっている。引き続きJAと強固なタッグを組み、地域の熱い源となるバイタリティある組織を作っていく」と会長就任にあたって抱負を述べた。

 JA全青協では、今年度より第6次JA全青協中期活動目標(令和2年5月~5年3月)を策定。「JA経営参画に向けた人材育成」「組織内外に向けた青年組織の意志反映強化」「組織活性化に向けた組織活動の促進および盟友数の拡大」を基本項目に掲げ、各都道府県域組織や単位組織における取り組みをサポートすべく、組織活性化に向けた具体策を検討・実行、加えて優良事例の収集・共有や他青年団体との意見交換等を行い、全国組織としての役割発揮に努める。

keyboard_arrow_left トップへ戻る