日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

農業の人手不足で「マッチングは進んでいる」と農相

2020年5月1日

 江藤農相は4月28日の定例会見で、新型コロナウイルス感染症の影響による農業の人手不足に対するマッチングの取組について、農・水産業で2700名(4月22日現在)の不足があることを示し、「補正予算にも農業労働力確保緊急支援事業を組み込んでいるが、ケーススタディが難しく、どのような業種が可能かを現場に下ろさないと、現場は進まないだろうという問題はある」などと指摘、さらに法務省が技能実習生が他業種に移動することを認める方針をとったことを紹介し、「実際に長野、群馬、青森などでは、旅館業組合や地元の事業協同組合等、北海道、青森なども観光協会等が窓口になって、次第にマッチングが進んできている」と状況を説明。今後について「東北の方で規模の大きい野菜農家等は、大人数を外国人研修生に頼っているところは多いので、不足が出ないようにしっかりとマッチングを進めていきたいが、今のところなんとかいけるのではないかという感触をつかんでいる」と語った。

keyboard_arrow_left トップへ戻る