日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

JA共済連が厚生連病院にマスク10万枚を寄贈

2020年5月1日

医療機関の衛生資材不足受け、フェイスシールドも

 JA共済連は、地域医療を支える厚生連病院にマスク10万枚等を寄贈した。

 新型コロナウイルスの感染拡大により医療機関における衛生資材不足が深刻化する現状を受けて行ったもの。JA全厚連を通じて、全国の厚生連病院に、JA共済連が災害時に備えて用意していたマスク10万枚とともに、フェイスシールド7800枚(5月18日にJA全厚連へ納品予定)が贈られた。

 4月28日に東京・大手町のJAビルで贈呈式が行われ、JA共済連の柳井二三夫代表理事理事長からJA全厚連の中村純誠代表理事理事長にマスク等の目録と併せて、医療関係者への応援・感謝の言葉を綴ったJA共済連役職員の手書きのメッセージカードが贈られた。

 柳井JA共済連理事長は「全世界的な感染拡大が続いている新型コロナウイルス感染症は、日に日に猛威を増し、政府による緊急事態宣言の発動にまで至り、事態は深刻化しています。こうした大変厳しい中、組合員・地域住民の健康維持のため、医療の最前線で昼夜を問わず、医療に従事されている皆さまに心より感謝申しあげます」と現場で懸命に治療活動に取り組んでいる医療関係者に謝辞を述べ、「私たちJA共済もグループの一員としてお互いが助け合う気持ちを持って、支え合えるよう、ここに微力ながらマスク等を寄贈させていただきます。医療従事者の皆さまのご尽力がなければ、私たちは安心して暮らすことができません。これからも医療に従事する皆さまが、国民の健康維持そして新型コロナウイルスの脅威に立ち向かうために、少しでもお役立ていただけたら幸甚です」と語った。

 中村JA全厚連理事長は、「この度は貴重なマスクを数多く寄贈いただきありがとうございます。今般の新型コロナウイルス感染症において、公的医療機関であるJA厚生連は多くの患者の受入対応を行っています。医療機関の職員は厚生連の使命と医療人としての誇りを胸に昼夜を問わず懸命に患者の治療にあたっておりますが、先の見通しも立たず感染リスクもある中で、職員の疲弊は限界に達している状態です。また、医療資材の不足が深刻な問題となっており、とりわけマスクの確保は非常に困難な状況が続いております。そうした中での今回のご支援はJA厚生連にとって大きな励みとなります。寄贈いただいたマスクは各厚生連に配布し、有効に活用させていただきます」「新型コロナウイルス感染症の収束はまだ見えませんが、JA厚生連グループとして一致団結してこの未曽有の難局を乗り越え、今後も組合員と地域住民の健康を守り続けてまいりますので、引き続きご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます」と謝辞を述べた。

 JA共済連では、「新型コロナウイルス感染症の治療および拡大防止にご尽力されている医療関係者に心から敬意と感謝を申しあげるとともに、引き続き感染拡大防止や医療従事者への支援活動に取り組んでいく」とコメントしている。

keyboard_arrow_left トップへ戻る