日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

「にっぽん農紀行 ふるさとに生きる」第4巻をリリース=家の光協会

2020年4月22日

 家の光協会はこのほど、DVD「シリーズにっぽん農紀行 ふるさとに生きる」の第4巻を製作した。同協会が専用ウェブサイトで公開している全国各地に息づく有形・無形の農業遺産や生活文化の数々を編纂したドキュメンタリー映像を、より多くの人に見てもらおうとDVD化したもの。

 第4巻「山海の恵み、福福と」は、広島県(中国山地に受け継がれる歴史と伝統の息吹)、香川県(瀬戸が奏でる小豆島の農と食)、愛媛県(島を愛し郷土を愛す)の3編を収録している。3県のJA中央会JA、小・中・高校、特別支援学校の学校図書館のほか、全国の公立図書館等に寄贈される。

 「ふるさとに生きる」は、全国各地の農を基盤とした生活文化を次代に継承していくことを目的に、都道府県別に取材・撮影・記録したドキュメンタリー映像。2011年からデジタル動画として専用サイトで一般公開している。なお同サイトは、今年6月末~7月上旬頃に、リニューアルオープンを予定している。

keyboard_arrow_left トップへ戻る