日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

令和2年度末の再保証残高は5兆3千億円台を計画=全国農協保証センター

2020年4月2日

 一般社団法人全国農協保証センター(石川克則代表理事理事長)は3月23日に開いた令和元年度第1回臨時総会で、令和2年度の事業計画・収支予算案等を承認した。

 令和2年度計画は、引き続き住宅資金などの積極的な取り込みで再保証新規引受額を5900億円(令和元年度計画比+100億円)、年度末再保証残高を5兆3246億円(同+3065億円)としている。

 また役員の選任を行い、代表理事常務に黒田夏樹氏、理事に秋吉亮氏を新たに選任した。4月1日付で就任。青木松則代表理事常務、川﨑信一郎・戸髙聖樹両理事は3月31日付で退任。

keyboard_arrow_left トップへ戻る