日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

民俗芸能と農村生活を考える会の参加者を募集

2019年2月5日

【終了】 全国農協観光協会は一六日に東京・一ツ橋の日本教育会館で「第三〇回民俗芸能と農村生活を考える会」を開催する。この催しは、農村に伝わる伝統芸能の鑑賞を通じて、その背景にある地域のくらしを知り、都市住民と農林漁業・農山漁村の現状を考えることを目的に行われているもの。今回は、福島県郡山市 市指定重要無形民俗文化財の郷土芸能の中から、『柳橋の歌舞伎』が披露される。
 柳橋の歌舞伎は、郡山市中田町柳橋に、江戸時代から連綿と受け継がれてきた。江戸時代の文化文政期に旅芸人が長い間住み続けており、この旅芸人達によって歌舞伎が伝えられたのではないか等といわれており、文政三年(一八二〇年)中村代之丞が菅布裲大明神に歌舞伎を奉納したのが「柳橋の歌舞伎」の始まりとされている。その後、戦争や義太夫、三味線の奏者が不在の度に何度も途絶えながらも復活を繰り返し、昭和五五年(一九八〇年)柳橋歌舞伎保存会が結成され、五八年(一九八三年)郡山市の重要無形民俗文化財に指定された。舞台のセットから台本まですべて農民の手で作られ、江戸の歌舞伎と同じく男性のみで演じられることが特長。現在は、毎年九月の敬老の日の前日、柳橋歌舞伎伝承館(黒石荘)で定期公演が行われている。
 申込・問合せは同協会(℡03―5297―0321)へ。入場無料。

folderイベント案内 の記事

中山間地域フォーラム設立13周年記念シンポ

 特定非営利活動法人・中山間地域フォーラムは23日、東大弥生講堂一条ホールで同フォーラム設立13周年記念シンポジウム「これからの農村政策を考える―基本法20年を契機として」を開く。食料・農業・農村基本法制定の経緯を知る識者が農村政策のあらましや基本法制定の理念を整理し、20年間に生まれた新しい農村の担い手、それを支える行政担当者からの報告をもとに議論を進める。第Ⅰ部=「食料・農業・農村基本法の理念...

「施設園芸新技術セミナー・機器資材展」8月に千葉県下で=施園協

〝関東(千葉県)の地域農業を支える施設園芸〟等をテーマに  日本施設園芸協会(鈴木秀典会長)は、「施設園芸新技術セミナー・機器資材展in千葉」を8月7・8の両日、千葉県東総文化会館で開催する。同セミナーは施設園芸の先端技術や最新情報を紹介するため毎年開催しているもので、通算65回目。今回のセミナーは、「施設園芸・植物工場における先進技術と関東(千葉県)の地域農業を支える施設園芸」をメインテーマに...

もっと見るkeyboard_arrow_right

folder農協観光 の記事

アイキャッチ

全農観が定時総会で平成30年度事業報告・収支決算等承認

全農観が定時総会で平成30年度事業報告・収支決算等承認

全国農協観光協会が7日、東京・外神田のNツアービルで第52回定時総会を開き、平成30年度事業...

アイキャッチ

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月11日(火)

日刊アグリ・リサーチ 2019年6月11日(火)

〈主な内容〉 ◎日本公庫のトライアル輸出支援は6年間で250件突破  今年度はEU、...

もっと見るkeyboard_arrow_right
keyboard_arrow_left トップへ戻る