日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

生活クラブが米ブランド名を「共同開発米」にリニューアル

2019年10月16日

 生協の生活クラブ事業連合は、同生協で扱う山形、栃木、長野、宮城の4産地の米ブランド名を「共同開発米」とし、リニューアルした〔図は新ロゴ〕。今月28日から供給を開始する。

 新ブランド米は「山形県産庄内遊YOU米」(品種=ひとめぼれ/生産者=JA庄内みどり遊佐町共同開発米部会)、「長野県産上伊那アルプス米」(コシヒカリ/JA上伊那減農薬栽培米生産部会)、「栃木県産那須山麓米」(なすひかり/JAなすのどではら会)、「宮城県産みちのく加美米」(ささゆた香又はまなむすめ/JA加美よつば加美清流米クラブ)。

 生活クラブでは提携生産者と消費者との話し合いにより、農薬や化学肥料を減らした米の開発や、水田を活用した飼料用米等の作付けなどによる自給率向上の取組を行っており、今後も生産者と消費者が共に産地の環境を守り、国内農業の振興を進めるべく、新たなブランド名を「共同開発米」とした。リニューアルに先立ち、組合員を対象に意識調査を実施し、共同開発米の品名に地名を入れるとともに各産地の風景が思い浮かぶ言葉を加えた。さらに2品種のブレンド米を全て単味に変更し、消費者がより産地や味を思い浮かべながら選べるようにした、としている。

keyboard_arrow_left トップへ戻る