日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

全農パールライスが福岡・大分県パールライス事業を統合・合併

2019年9月17日

令和2年度中に全農の新精米工場を福岡県内に稼働へ

 JA全農子会社の全農パールライス㈱と、福岡・大分両県のパールライス事業(米穀卸事業)は今年10月1日付で統合・合併する。

 全農パールライスは平成26年10月1日に、全農パールライス東日本㈱全農パールライス西日本㈱が合併し、12都府県を事業エリアとして精米販売事業等を行ってきた。

 一方、全農福岡県本部直販部は福岡県内で、また全農子会社の㈱パールライス大分経済連は大分県内で、県産米を中心とした精米販売等事業を行ってきた。

 今回全農は、全農パールライスを存続会社として、全農福岡県本部全農パールライスへパールライス事業を移管するとともに、パールライス大分経済連を吸収合併することにしたもの。この統合・合併により、福岡・大分県におけるパールライス事業について、両県がこれまで確立した事業基盤を基本に、広域会社として培った全農パールライスの営業・製造ノウハウによって事業競争力をさらに強化することで、同エリアの精米販売・炊飯事業を拡大する方針。統合・合併後の機構体制は、全農パールライスの西日本事業本部に福岡支店・大分支店を新設する。また、福岡・大分県の製造・販売体制について「当面の間は変更はない」が、令和2年度中に全農は新精米工場を福岡県内に取得・稼働させる予定。

 全農では「全農パールライスは事業エリアを14都府県にまで拡大することで、全国展開する広域実需者をはじめとしたお取引先様への対応を一層強化し、本会とともに生産者所得の向上と営農の安定に貢献することをめざす」としている。

 ▼全農福岡県本部(パールライス事業)…総供給販売高7151百万円(平成30年度)、要員数18名(30年度末)

 ▼パールライス大分経済連…資本金83百万円(全農100%出資)、売上高2910百万円(30年度)、従業員数62名(30年度末)

 ▼全農パールライス…資本金4031百万円(全農100%出資)、売上高109120百万円(30年度)、従業員数543名(30年度末)

 なお、全農パールライスは10月15日より、現在の東京・内神田のコープビルから、東京都千代田区神田三崎町3―1―16 神保町北東急ビル3階に移転する。

keyboard_arrow_left トップへ戻る