日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

農水省が「農業分野におけるAIの利用に関する契約ガイドライン検討会」の初会合開催

2019年7月10日

浅川京子大臣官房総括審議官

趣旨を説明する浅川京子大臣官房総括審議官


農水省が9日、都内で「農業分野におけるAIの利用に関する契約ガイドライン検討会」の初会合を開催。同検討会では、AI開発に際して、モデル開発に協力する農業者等の技術・ノウハウの流出防止を図りつつ、農業AIサービス等の利用促進に必要な契約の実態等について、実際のサービス提供場面などを通じて分析を行い検討し、それらの開発や利用に関する契約の考え方や契約の雛形を内容とするガイドラインの策定に向けた検討を行う。

folderフォトニュース の記事

アイキャッチ

農水省が『棚田カード』を作成

農水省が『棚田カード』を作成

農水省が「棚田を知らない人たちが棚田を訪れるきっかけにしてほしい」と『棚田カード』を作成。カ...

アイキャッチ

全国野菜園芸技術研究会が全野研熊本大会を開催

全国野菜園芸技術研究会が全野研熊本大会を開催

全国野菜園芸技術研究会が16・17の両日、第64回全野研熊本大会を熊本県熊本市ほかで開催。全...

もっと見るkeyboard_arrow_right

folder農水省 の記事

人事|農水省=7月22日付

 ▽近畿農政局次長(大臣官房地方課長)吉本俊彦▽大臣官房地方課長(政策統括官付参事官)松尾浩則▽政策統括官付参事官(大臣官房付兼内閣官房内閣参事官〔内閣総務官室〕)小林大樹▽大臣官房付兼内閣官房内閣参事官〔内閣総務官室〕(大臣官房付)高橋一郎

アイキャッチ

農水省が『棚田カード』を作成

農水省が『棚田カード』を作成

農水省が「棚田を知らない人たちが棚田を訪れるきっかけにしてほしい」と『棚田カード』を作成。カ...

もっと見るkeyboard_arrow_right
keyboard_arrow_left トップへ戻る