日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

エーコープマーク品初の機能性表示食品「エーコープ緑茶plus」を発売=全農

2019年7月9日

JA全農がエーコープマーク品初の機能性表示食品「エーコープ緑茶plus」を発売

JA全農くらし支援事業部は、4月から、エーコープマーク品として初となる機能性表示食品「エーコープ緑茶plus」(ノンカロリー、500ml入ペットボトル)の販売を開始した。希望小売価格は135円(税抜)。

 「エーコープ緑茶plus」は、体脂肪を減らす機能が報告されている「ローズヒップ由来ティリロサイド」を配合した緑茶飲料。ローズヒップは、バラ科植物の果実で、その種子に含まれるポリフェノールの一つがティリロサイド。「エーコープ緑茶plus」全農機能性商品表示

 ペットボトルのラベル前面には、国産愛用マークとともに「機能性表示食品」「体についた脂肪を減らす」「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを」と表記して機能を訴求。1日1本(500ml)を目安に摂取することを推奨している。今後は、全国の共同購入企画や直売所、エーコープ店舗で取り扱っていく。

keyboard_arrow_left トップへ戻る