日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

捕虫シート「虫ペタッと大判粘着シート」を発売=小泉製麻

2021年7月15日

 小泉製麻はこのほど、飛来害虫を色で引き寄せ、強力な粘着力で捕虫できる無臭の捕虫シート「虫ペタッと大判粘着シート」を発売した。屋内や農業用ハウス、畜舎などへの虫の侵入防止や水稲栽培に甚大な被害を与える「トビイロウンカ」など飛来害虫のモニタリングに役立つ。

 虫ペタッと大判粘着シートは薬剤を使用せず、害虫が好む色(黄色・青色)で引き寄せる色誘引の手法で、飛来害虫をペタッとキャッチする。シートサイズが幅45㎝×長さ200㎝と今までになく大きいため、広範囲の害虫の侵入防止とモニタリングが出来る。シートには50㎝毎にハトメが付いているため、計測せずに用途に応じたサイズにカットし設置するだけ。

 昨年は、22年ぶりに各地で稲の害虫トビイロウンカ類の予察警報が発表され問題となった。ウンカ類の被害を防止、軽減するためには、発生状況をいち早く把握することが重要となる。物理的な色による誘引方法であるため薬剤に抵抗性のある害虫にも効果を発揮する。また、各種製造工場や飲食店など商業施設にはあらゆる害虫が侵入・生息する可能性があり、高精度のモニタリングニーズが高まってきている。
 価格は一梱包(5枚入り)が3800円(税別)。初年度の年間売上目標は190万円、3年後に570万円を目指す。

keyboard_arrow_left トップへ戻る