日本農業の発展と農業経営の安定、農村・地域振興、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

愛知県信漁連と農中が愛知県産味付け海苔を知多厚生病院に寄贈

2021年4月2日

 愛知県信用漁業協同組合連合会と農林中央金庫名古屋支店はこのほど、愛知県の知多厚生病院に愛知県産味付け海苔100箱(1200個)を寄贈した。

 「新型コロナ禍の最前線で対応に当たっている医療従事者を応援するとともに、同じ第一次産業を基盤とする協同組合の一員として支援」することが目的。新型コロナウイルス感染症により直接的・間接的に影響を受けている農林水産業に従事する生産者等への支援に向けて、県域の水産系統組織が支援する活動「新型コロナウイルス特別対策事業」の一環で行われた。

 寄贈式では、愛知県信漁連の高橋学常務と農林中金名古屋支店の豊島幸麿副支店長が、知多厚生病院の水野志朗病院長に目録・味付け海苔を手交した。高橋常務は「このおいしい海苔を食べて、引続き地域医療を支えていただきたい」と述べた。

keyboard_arrow_left トップへ戻る