日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

施設と園芸145号(2009年春)特集:キュウリの今後の生産・販売戦略

2009年4月25日

巻頭言施設と園芸145号:キュウリの今後の生産・販売戦略

キュウリ生産の将来展望
日本農園芸資材研究会 理事 稲山 光男

論説・解説
キュウリ生産の将来展望
日本農園芸資材研究会 理事 稲山 光男

特集キュウリの今後の生産・販売戦略

  • 省力誘引器具を用いたキュウリのつる下ろし栽培
    (埼玉県農林総合研究センター 園芸研究所野菜・花担当主任 清野 英樹)
  • 千葉県の促成栽培におけるキュウリの温湿度管理
    (千葉県農林総合研究センター 野菜研究室 上席研究員 大木 浩)
  • 佐賀県の施設キュウリの展開方向-農家がリードする産地育成-
    (佐賀県上場営農センター 所長 浦田 丈一)
  • さまざまなニーズに応えるイボなしキュウリ‘フリーダム’
    (㈱サカタのタネ 野菜統括部 吉田 泰)

技術情報

  • 傾斜地と平地のトマト個体群の受光特性の違い
    ((独)農研機構 野菜茶業研究所高収益施設野菜研究チーム主任研究員 東出忠桐)
  • 熱線遮断フィルムを利用した夏季のトマト育苗技術
    (熊本県農業研究センター 農産園芸研究所 野菜研究室研究主任 堤 泰之)
  • イチゴセル成型苗大量生産のための子株貯蔵および活着促進技術
    (兵庫県立農林水産技術総合センター農業技術センター 主任研究員 山本 晃一)

海外情報

  • オランダにおける栽培管理機器事情-キュウリ摘葉作業を中心に-
    (農研機構 生研センター 園芸工学研究部 主任研究員 太田 智彦)

施設・資材機器解説

  • フッ素フィルムと散光性(ナシジ)被覆資材の現状と将来性
    (AGCグリーンテック㈱ 営業本部 部長 江口 義昌)

産地・生産者情報

  • 青ネギ等の企業的養液栽培経営で中山間地域農業を活性化-JA広島北部クリーンカルチャーグループ-
    (広島北部農業協同組合 営農総合センター 営農部 指導販売課 宮木 佳樹)

SHPの部屋

  • 折り返し地点にきたSHP活動

試験場だより

  • 秋田県農林水産技術センター 農業試験場
  • 沖縄県農業研究センター

交差点

  • 職は農にあり(カネコ種苗㈱ 取締役施設部長 伊藤 一貴)

施設園芸Q&A

  • 養液栽培における「培養液の量管理法」とはどういう考え方ですか。
    (農研機構 総合企画調整部 中野 有加)

園芸関連製品ガイド

  • 東罐興産 ホワイトアスパラガス栽培にお勧めのフィルム「ホワイトシルバー」
  • ユニック 発売開始10年有余で着実に根を張る「(生分解性マルチフィルム)キエ丸」
  • アキレス 吹き付けるだけで遮光ができる「(被覆材専用遮光剤)ファインシェード」
  • イシグロ農材 根に活力を与える酸素剤「NEW SB酸素」
  • ネポン 周年栽培のための環境制御装置「省エネハイブリッド制御盤」
  • 太平総研 高収益型の植物工場「TGLの植物工場システム」
  • 日本パレットレンタル 出荷コストの大幅な削減が可能に「JPRのレンタルパレット」
  • ネタフィムジャパン 正確で信頼できる液肥混合システム「ネタジェット3G」
  • 誠和 植物にとって快適な環境を創造「(総合的環境制御システム)マキシマイザー」
  • 丸文製作所 施設園芸のCO2排出量を大幅に削減「LOXペレットボイラ」

ミニ情報

  • キュウリつる下ろし栽培における整枝法
    (群馬県農業技術センター東部地域研究センター 鵜生川 雅己)
  • ボリューム感のある「高知ナス」の新品種‘土佐鷹’
    (高知県農業技術センター 作物園芸課 岡田 昌久)
  • 夏でも色鮮やかな「金時草」栽培
    (石川県県央農林総合事務所 農業振興部 渡部 舞)
  • 夏期のハチ導入による抑制キュウリの収量・品質の向上
    (茨城県農業総合センター 結城地域農業改良普及センター 山家 慶一)
  • 加工業務用としてのいぼ無しキュウリへの取組み
    (埼玉県農林総合研究センター 園芸研究所 清野 英樹)
  • 夏秋トマト隔離床栽培での硝酸態窒素施用による尻腐れ果発生抑制
    (大分県農林水産研究センター 野菜・茶業研究所久住試験地 藤谷 信二)
  • 都市近郊産地におけるコカブ施設栽培の省農薬生産技術
    (千葉県農林総合研究センター 野菜研究室 深尾 聡)
  • 天敵を利用したイチゴ害虫の総合防除
    (大阪府泉州農と緑の総合事務所 農の普及課 井奧 由子)
  • 産地連携チームによる県オリジナルスイカ品種‘あきた夏丸’の生産振興
    (秋田県農畜産振興課 野菜・畑作・特用林産班 川原谷 実)
  • 県オリジナル品種(‘もういっこ’‘サマーキャンディ’)によるイチゴの生産振興
    (宮城県農産園芸環境課 園芸振興班 渡邊 和彦)
  • 夏秋トマトの収量向上への取組み(低段密植)
    (岡山県新見農業普及指導センター 野菜担当 高桑 利明)
keyboard_arrow_left トップへ戻る