日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

豪雨災害におけるJAバンクでの貯金の緊急払い出しに対応=農林中金

2020年7月17日

 農林中央金庫は16日、令和2年7月豪雨災害で甚大な被害を受けている熊本県内の「JAやつしろ」「JAくま」「JAあしきた」の利用者を対象に、今年9月30日まで全国のJA店舗で貯金の緊急払い出し対応を行うと発表した。

 通帳や届け印がない場合でも、取引JA以外の全国のJA店舗で、本人確認のうえ、10万円を上限として貯金払い出しに対応する。また、届け印、通帳、証書、キャッシュカード等を喪失した場合の届出も取引JA以外の全国のJA店舗で受け付ける。JAバンクのキャッシュカードを持つ利用者は、JAバンクのATMによる出金・入金、残高照会サービスをATMの利用時間中は無料で利用できる。

 また、三菱UFJ銀行、セブン銀行、イーネット、ローソン銀行、JFマリンバンクのATMによる平日、日中時間帯の出金、残高照会のサービスも無料で利用が可能(セブン銀行、イーネット、ローソン銀行のATMでは入金も無料で利用が可能)。

 不明な点などは、「取引JAの窓口または以下の相談窓口に連絡を」と呼びかけている。なお、豪雨の被害により、現在、熊本県内の一部JA店舗・ATMが利用できない状況となっている。

 最新情報は、JAバンク熊本ホームページに掲載されている。

JAバンク熊本ホームページ「JA店舗・ATMの休止にかかるお知らせ」
https://kumamoto.jabank.org/osirase/200706a.html
【相談窓口(受付時間 平日9時~17時)】
JAやつしろ 本所(0965-35-6075)
JAくま 本所(0966-38-1101)
JAあしきた 湯浦基幹支所(0966-86-0009)

keyboard_arrow_left トップへ戻る