日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

食品6社がTwitterにレシピを投稿していく合同企画を開始

2020年5月26日

 食品メーカー6社は、共通の食材テーマを毎週1つ設定、各社がそれぞれTwitterにレシピを投稿していく合同企画「#うちで食べよう」を今月18日から開始した。味の素(@AJINOMOTOPARK)、キッコーマン(@kikkoman_desu)、キユーピー(@kewpie_official)、ハウス食品グループ本社(@housefoods_now)、マルコメ(@marukome_family)、Mizkan(@mizkan_official)の6社が持っているレシピからテーマに即したレシピを共通のハッシュタグで投稿。キッコーマンの公式アカウントに作成したモーメント(=関係する投稿をまとめたもの)を各社がツイート・リツイートすることで、6社の公式アカウントでも「#うちで食べよう」のレシピ投稿を見ることができる。

 現在、「おうちご飯」が常態化する一方、食材を買いに出る回数はできるだけ少なくしなくてはならない状況にあることから、「1つの食材にもさまざまな楽しみ方があることを少しでも多くの方に知ってもらえたら」という思いから、キッコーマンの呼びかけで企画が生まれたもの。レシピを切り口に今回の6社が集うのは初めての試み。

keyboard_arrow_left トップへ戻る