日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

グリルみのる エスパル仙台店で「山形セルリーフェア」を実施=JA全農

2020年5月19日

 JA全農は直営飲食店舗「グリルみのるエスパル仙台店」(仙台市青葉区中央1―1―1 エスパル仙台 東館3F)で、「山形セルリーフェア」を今月18日から31日の間、実施している。

 「山形セルリー(セロリ)」は平成10年をピークに生産量が減少傾向にあったが、後世まで継承発展させるため、JA山形市・JA全農山形で平成26年に「『山形セルリー』農業みらい基地創生プロジェクト」を立ち上げ、様々な取り組みを展開。平成30年には国の地理的表示(GI)保護制度に登録されるなど、再び活気を取り戻している。

 フェア期間中、山形セルリーの瑞々しく爽やかな香りや柔らかな風味が存分に楽しめる『山形セルリーと岩手県産チキンのスキレットあんかけご飯』『山形セルリーの浅漬けとピクルスの盛り合わせ』『山形セルリーと国産生ハムマリネ レモン風味』などのメニューが提供される。 なお、グリルみのるエスパル仙台店は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休業していたが、十分な感染拡大防止対策を講じたうえで、今月11日から営業を再開している。

keyboard_arrow_left トップへ戻る