日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

全農が花の消費喚起へ、TOKYO FMと連携したPJを開始

2020年5月19日

 JA全農は、ラジオ局TOKYO FMと合同で「あの人へ、感謝のお花を届けます~TOKYO FMフラワーデリバリー・プロジェクト」を今月18日から29日にかけて実施している。
 この合同プロジェクトは、「日ごろの感謝の気持ちを伝えたい家族や、お世話になっている知人・友人、応援したい人など、〝あなたが今、お花を届けたい人〟へのメッセージとリクエスト楽曲をTOKYO FMの各番組で募集し、メッセージが採用された人へ、国産の花束をプレゼントする」企画。
 新型コロナウィルス感染拡大に伴うイベント自粛等の影響により花の消費が低迷している中で、JAグループは花の消費を喚起し生産者を支えようと、国産の花を贈り、飾ってもらうことで、日ごろの感謝の気持を伝え、応援する「みんなのよい花プロジェクト」を実施。その一環として、今回の合同プロジェクトに取り組むもの。
 番組リスナーへの花束のプレゼント数は約250人分を予定しており、全農が運営する「JAタウン」から発送される。また、「全農広報部 食農応援Twitter」アカウントをフォロー&リツイートした人の中から、抽選で10名に花束をプレゼントする企画も展開する。

keyboard_arrow_left トップへ戻る