日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

「農業ジャーナリスト賞」に4作品、「奨励賞」に1作品=農政ジャーナリストの会

2020年5月18日

 農政ジャーナリストの会は15日、第35回農業ジャーナリスト賞受賞作品を発表した。

 前年(2019年1月~12月)に発表された農林水産業、食料問題、農山漁村の地域問題等に関するジャーナリストの優れた功績(ルポルタージュ、連載企画、出版物、放送番組など)を表彰するもの。

 今回は新聞・書籍部門から6点、テレビ・映像部門から22点の応募があった中から、《農業ジャーナリスト賞》に、▽静岡新聞社「サクラエビ異変」、▽新潟日報社「上を向いて歩こう~人口減少社会」、▽NHK青森放送局 ひとモノガタリ「木をつなぐひと」、▽NHK「秩父山中 花のあとさき・最終章~ムツばあさんの歳月」の四作品、《奨励賞》に信越放送の「伊那谷棚田奮闘記」が選ばれた。

keyboard_arrow_left トップへ戻る