日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

高知県産ユリを休園中の観光植物園の花々とともに動画で公開=JAグループ高知

2020年5月1日

 JAグループ高知と高知県で構成する高知県園芸品販売拡大協議会は、高知県の花名所である県立牧野植物園(高知市五台山/5月6日まで臨時休園中)で1000本の県産ユリと同植物園の花々を楽しむことができる映像を2日午前8時から公開する。

 高知県はユリの生産量全国2位の産地だが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う各種イベントの中止により、県外花き市場を中心に、とりわけ贈答用の花である「ユリ」は苦境に立たされている。こうした状況の中で、インターネットを通じて、家にいながら楽しめるコンテンツを「#stay home」として発信、高知県産のユリの魅力を感じてもらい、家に花を飾ってもらう「#stay home with flowers」へと繋げる試み。行き場を失った1000本のユリを、臨時休園中の植物園に場所を提供してもらい、設置・装飾。県内に2名在籍する「リリーアンバサダー」による装飾で同植物園の景観とマッチした空間に仕上げ、その空間を動画撮影・編集(4月29日撮影)した。

「JAグループ高知 」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCOnKsT9bBm1Dx7qg_aBA_3g

keyboard_arrow_left トップへ戻る