日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

亀田製菓が新型コロナ解析に向けた分散コンピューティングPJに参加

2020年4月30日

 亀田製菓㈱は、新型コロナウイルス感染症対策の実現に向けて世界規模で活動している「新型コロナウイルス(COVID-19)タンパク質構造解析プロジェクト【Folding@home】」に参加する。
 同社が保有するWEBサービス用リソースの一部をFAH(Folding@home)プロジェクトの計算資源として提供する。提供環境は各種WEBサービスの拡張性や安定性向上を目的として運用中の支援環境リソースを予定している。
*Folding@home…スタンフォード大やセントルイス・ワシントン大などによる分散コンピューティングプロジェクト。個人や企業が保有するサーバやPCの余力(計算資源)を集め、仮想スーパーコンピュータ化して膨大な量の計算を実行するプロジェクト。世界中のコンピュータの処理能力を集結して、様々な疫病の治療に寄与している。

keyboard_arrow_left トップへ戻る