日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

日刊アグリ・リサーチ 2020年3月13日(金)

2020年3月13日

農研機構がAIによる温州みかんの糖度予測手法を開発=6日(会見する久間理事長。農水省で)


〈主な内容〉

◎30年度国の公共建築物の木材利用の実施状況を取りまとめ=政府
 木造化率は前年比25%増の79%、使用量は34%増の4206立米
◎規制改革会議農林WGで農産物検査制度の見直し議論
 委員からは「ゼロから見直していくべき」との意見も
◎新型コロナ感染症による生産資材・地域振興への影響=全中調査
◎観光・花き関連事業者をふるさと納税で支援=さとふる
◎AIによる温州みかん糖度予測手法を開発=農研機構
 早期予測を生産・出荷に活用し収益向上をめざす
◎環境省が「SDGs活用ガイド」第2版を発行
◎農中等が岡山県青少年教育センター閑谷学校にベンチ4基を寄贈
◎日本雑穀アワード《一般食品部門》金賞受賞11商品を発表=日本雑穀協会
人事  JA全厚連/ヤンマーHD/日産化学
企業情報  日産化学/DMM/凸版印刷
列島情報  兵庫県養父市
刊行物  昔農家に教わる 野菜づくりの知恵とワザ

keyboard_arrow_left トップへ戻る