日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

店舗内に植物工場を開設、水耕栽培レタスを販売=西友

2020年2月28日

 合同会社西友は、植物工場に関する研究開発・コンサルティング業務を手掛けるプランツラボラトリー㈱と共同で、西友上福岡店(埼玉県ふじみ野市)に「店内植物工場」を開設、水耕栽培レタスを今月26日から販売した。

 今回導入される「店内植物工場」は、西友上福岡店3階の約45坪の区画に、プランツラボラトリーの水耕栽培装置を設置し運用を開始する。店内植物工場内の専任のスタッフにより毎日収穫、包装されたレタスは、すぐに地下1階の西友の野菜売場で販売(1株137円)される。併せて近隣の西友店舗でも販売される予定。

 西友では「野菜売場に直接持ち込むため、ゼロマイレージを実現する。天候に影響されず、1年を通じて一定の品質での安定供給が可能」であるとしている。

 植物工場は、プランツラボラトリーが東大との共同研究により開発。敷地の広さや屋内・屋外を問わず様々な場所に設置できることに加え、従来の植物工場と比べ導入コストは2分の1~3分の1。

keyboard_arrow_left トップへ戻る