日本農業の振興と農業経営の安定、安心・安全な食料の安定供給の視点にこだわった報道を追求します。

防虫ネット「虫無視(ムシムシ)ネット」を発売=小泉製麻

2020年2月14日

 小泉製麻㈱はこのほど、透光性が高く通気性に優れた防虫ネット「虫無視(ムシムシ)ネット」のネット限定販売を開始した。IPM(総合的病害虫・雑草管理)の資材として活用できる。

 虫無視(ムシムシ)ネットはポリエチレン製の細い糸を採用することで、高い透光性と優れた通気性を実現。虫が嫌う銀色のアルミ糸を織り込むことで防虫性能を高めた。またネットの耳部を補強することで破れにくくした。トンネル栽培やべたがけにも使用できる。同社はIPM関連資材の開発に積極的に取組んでおり、これまで高反射防草シート「ルンルンシート白ピカ」、微小害虫侵入抑制シート「虫フラッとシート」などを相次いで商品化してきている。

 虫無視(ムシムシ)ネットは幅210cmで100m巻。目合は1・0mm、0・6mm、0・4mmの3種類あり、価格はそれぞれ1万9000円、2万7000円、3万2000円(税抜)。低価格で提供するため、農林水産省のプロジェクトにより2017年にスタートした農業資材のネットサイト「AGMIRU」を通じたネット限定販売。

keyboard_arrow_left トップへ戻る